インターネット

Apple IDアカウントを回復してください の詐欺迷惑メールの対処方法


どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、『Apple IDアカウントを回復してください 』というタイトルで、私のメールアドレス宛に届いたメールについてです。

Appleを名乗る相手から届いていたのですが、私はAppleの関連サービスや関連商品は利用したことがなく、Apple IDなんて持っていないのですね。

しかも、今回届いたのは、普段メインで使っていないメールアドレスだったので、間違いなく詐欺目的の迷惑メールで確定です。

しかしながら、差し出し人のメールアドレスのドメインも『apple.com』となっていて本物のアップルになりすまして送信していたりと、最近の迷惑メールによくありますが、なかなか精巧に作られていました。

そのため、ついつい引っかかってしまう人も居るかもしれないと思い、今回注意喚起の意味で記事としてご紹介していきます。

スポンサーリンク

Appleの名をかたる相手から届いたメールは本物?偽物?

まず、はじめに今回とどいたメールをご紹介します。

タイトル:
Apple IDアカウントを回復してください

差し出し人:
Apple

本文:
Appleをご利用いただきありがとうございますが、アカウント管理チームは最近Appleアカウントの異常な操作を検出しました。アカウントを安全に保ち、盗難などのリスクを防ぐため、アカウント管理チームによってアカウントが停止されています。次のアドレスでアカウントのブロックを解除することができます。

注:アカウントを再開するときは、情報を正確に記入してください。3つのエラーが発生すると、アカウントは永久に禁止されます。 このアドレスでアカウントを復元してください:

リカバリアカウント

すぐに復元してください!盗難によるアカウントの紛失を防ぐため、アカウント情報が時間内に確認されない場合、アかウント管理チームはアカウントを完全に凍結します。アカウントを再開する前に、アカウントを再登録しないでください。さもなければ、顧客チームはシールする権利を有する。
今後ともよろしくお願い致します。

Apple サポートセンター
Apple ID | サポート | プライバシーポリシー
Copyright © 2017 Apple Distribution International, Hollyhill Industrial Estate, Hollyhill, Cork, Ireland. すべての権利を保有しております。

最近の詐欺目的の迷惑メールはよくできていますね。

多くの人が利用してる大手のサービスになりすますのも特徴です。

今回のこのメールでは、『リカバリアカウント』というところがクリックできるようになっています。

この部分をクリックすると、Appleとは無関係なサイトに誘導されます。

個人情報を抜かれたり、その後の架空請求やウィルスなどの被害に遭わせようとしてくることが予想されます。

本当にApple IDをお持ちの方だったら本物かもしれないと悩まれるかもしれませんが、私はApple IDを持っていませんので、本日2018年5月6日に受け取った今回のメールは偽物の詐欺迷惑メールで間違いありません。

スポンサーリンク

このメールへの対処方法

今回のこのメールへの対処方法は、完全無視するに限ります。

こうしたメールに対しては、何もリアクションしてはいけません。

詐欺迷惑メール業者は、無作為にメールを送りつけてきますが、クリックしたり、返信したりすることにより、そのメールアドレスが存在するということを教えてしまうことになります。

そうすると、さらに届く迷惑メールの数が増えてしまいかねません。

第一、クリックしたりすると、先ほどお伝えしたとおり、個人情報を抜かれたり、その後の架空請求やウィルスなどの被害に遭わせようとしてくることが予想されます。

それにしても最近の迷惑メールは本当によくできていますね。

なんかおかしいと思ったら、不用意にクリックや返信したりせずに、無視しましょう。

ちょっとでも心アタリがあるようなところから来たときには、まずはネットで検索する習慣をつけるといいですね。

参考に、最近多く届く迷惑メールをご紹介しておきます。

クレールオンラインショップ(楽天市場)からの詐欺迷惑メール対処方法【自動配信注文内容確認】

Akindoオンラインショップ(楽天市場)からの詐欺迷惑メールの対処方法【自動配信注文内容確認】

『Microsoftアカウントの不審なサインイン』は詐欺迷惑メール?本物か偽物かと対処方法!

楽天やMicrosoftなど、実在する有名なサービスの名をかたって、本物と見間違うくらい精巧に作られているのが特徴です。

気をつけて下さい。

今回もご覧頂いて、ありがとうございました。

それではまた!

スポンサーリンク






POSTED COMMENT

  1. 川越 より:

    今朝早々に2通、この内容のメールが届きました。私はIDを持っているので「あれっ?」となりましたが、検索してみたらこちらに記事が目にとまりました。どうもありがとうございました。助かりました。

    • 颯介 より:

      かなりたくさんの人に届いているようですね。

      私はapple ID持っていませんでしたが、本当にお持ちの方は困惑されますよね。

      差し出しメールアドレスのドメインもAppleのもののようですし、特に。

      お役に立てて良かったです。

      コメントありがとうございました^^

  2. 伊藤 より:

    IDとパスワードを入力してしまい、個人情報を入力する画面で怪しいと思い、やめました。すぐにパスワードは変更しましたが、サイトがあまりにも精巧な作りで、完全に騙されました。

    • 颯介 より:

      本当に最近のは巧妙に作られていると思いますね。

      コメントをいただき、ありがとうございました!

  3. 伊佐夫 より:

    完全に騙されました。パスワード変更、カード停止しました。その他に何かした方がありますでしょうか?

    • 颯介 より:

      大変でしたね。

      あくまで私見ですが、その対応で大丈夫だと思います。

  4. 茂美 より:

    私もすっかり騙されました。深夜3時過ぎ電話してカード停止、再発行の手続きをしました。
    利用履歴を見てもらったところ、未使用でした。内心ひやひやものでした。

    • 颯介 より:

      こんばんは。

      大変でしたね。

      最近のこの手の詐欺メールはよくできていますね、本当に。

      実害がでる前でよかったです。

      コメントありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。