スポーツ

フェアプレーポイントとは何の意味?【サッカーワールドカップロシア大会】

どうも、颯介です!

今回も日常生活のできごとのなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、サッカーの「フェアプレーポイント」とはいったい何なのかということについてです。

2018年6月28日に行われたサッカーワールドカップロシア大会の日本ポーランド戦では、日本は負けましたが、決勝トーナメントに進出することができました。

勝ち点など他の条件ではセネガルと並んでいたものの、フェアプレーポイントの差で日本が上回ったため、日本が決勝トーナメントに進出できたというのです。

この「フェアプレーポイント」がいったい何なのか分からなかったので調べてみました。

スポンサーリンク

フェアプレーポイントの差で日本代表は決勝トーナメント進出

以下のように、日本はポーランドに勝利はならず、自力での決勝トナーメントとはなりませんでしたが、勝ち点で並ぶセネガルを『フェアプレーポイント』で上回っていたため、決勝トーナメント進出が決まりました。

日本、2大会ぶり3度目の決勝T進出…ポーランドに敗戦も“フェアプレーポイント”で突破

引き分け以上で2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出が決まる日本は、第2戦からスターティングメンバーを6人変更。GK川島永嗣、DF酒井宏樹、吉田麻也、槙野智章、酒井高徳、長友佑都、MF柴崎岳、山口蛍、宇佐美貴史、FW岡崎慎司、武藤嘉紀の11人が起用された。

日本は13分に武藤が、16分には酒井高がエリア手間からミドルを狙ったが、枠を捉えたシュートはいずれもGKにセーブされた。一方、32分はピンチを迎える。ポーランドが右サイドからクロスを入れると、ゴール前のカミル・グロシツキが頭で合わせる。だが、ここはGK川島が好セーブで防いだ。

試合が動いたのは59分。ポーランドがエリア手前中央やや左寄りの位置でFKを得ると、キッカーのラファウ・クルザワがゴール前へクロスを入れる。このボールをヤン・ベドナレクがダイレクトで叩き込み、ポーランドが先制した。

自力突破のために1点が必要となった日本は65分、宇佐美に代えて乾貴士を投入したが、なかなかチャンスを作ることだできない。それでも同時刻開催のセネガル代表対コロンビア代表戦でコロンビアがリードを得たことで、1-0の敗戦でも突破が決まる状況に。すると日本はパス回しで時計の針を進める作戦に出る。

試合はこのまま1-0でタイムアップ。さらにコロンビアがセネガルを下したことで、日本はフェアプレーポイントでセネガルを上回り、2位での決勝トーナメント進出が決まった。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00785719-soccerk-socc

スポンサーリンク

フェアプレーポイントとは何の意味?

それでは、この『フェアプレーポイント』というのは、そもそも何なのでしょうか?

私は、ワールドカップの日本の試合だからといって、テレビで視聴しましたが、普段はサッカーなんて見ることのない、いわゆる「にわかファン」なんですね。

ですので、この『フェアプレーポイント』というのが何なのか知りませんでしたので、調べてみました。

フェアプレーポイントというのは、

・警告・・・-1点
・2枚目の退場・・・-3点
・一発退場・・・-4点
・警告後の一発退場・・・-5点

という数え方で合計して算出された点数のようです。

このマイナスの点数が多いほどよくないわけですね。

このフェアプレーポイント(下記7番の反則ポイント)は、以下の通りサッカーワールドカップのグループリーグの順位決定方法として採用されています。

グループリーグ順位決定方法
各グループ上位2チームが,決勝トーナメントに進出する。順位は,以下の順に従い決定される。(中略)

1 全試合での勝ち点
2 全試合での得失点差
3 全試合での得点
4 当該チーム同士の対戦における勝ち点
5 当該チーム同士の対戦における得失点差
6 当該チーム同士の対戦における得点
7 反則ポイント(イエローカード:1ポイント,イエローカード累積退場:3ポイント,レッドカード:4ポイント,イエローカード+レッドカード:5ポイント)の少ないチーム順
8 抽選

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/2018_FIFAワールドカップ

このフェアプレーポイントが、セネガルは-6点だったのに対して、日本は-4点とより少なかったので、ポーランドに敗北したものの、決勝トーナメントに進出することができたのですね。

スポンサーリンク

日本代表のプレーはフェアじゃないという意見多数

日本代表は、決勝トーナメント進出のかかったポーランド戦で、フェアプレーポイントを守るために、終盤では消極的な時間稼ぎのプレーしかしていませんでした。

このことに対して、『フェアじゃない』と批判が飛び交っているようです。

まあ、いろいろな意見はありますが、何はともあれ決勝トーナメントに進出できて良かったですね^^

それにしても、フェアプレーポイントってご紹介したとおり、順位決定のための7番目の条件なんですよね。

フェアプレーポイントまで並んだら、あとはもう『抽選』だったなんて(笑)

首の皮一枚でしたが、とにかく決勝進出おめでとうございます!!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。