荒野行動

荒野行動の広場とは何の意味?ホールとの違いは?できることまとめ


どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで気になったことについて、独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それではさっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、人気のバトルロイヤルオンラインゲーム荒野行動のホーム画面に表示される広場についてです。

『広場』は、2018年3月22日のアップデートにより追加された新機能です。

荒野行動のホーム画面では、広場とホールがありますが、どちらもメッセージを送信する似たような機能のように思われます。

それぞれの違いや目的について疑問に思っている人もネット上では多そうでした。

そこで、今回は、荒野行動のホーム画面に表示される広場とは何の意味なのか、そして広場とホールの違いとは何なのかということについて解説して行きたいと思います。

スポンサーリンク

広場の意味とは何か?

まずはじめに、広場の意味について確認しておきます。

広場というのは、荒野行動でチャット機能を使う際のチャンネルの1つです。

2018年3月22日のアップデートによって、新機能として追加されました。

他のプレーヤーとのチャット交流をするための機能です。

スポンサーリンク

広場とホールの違い

広場とホールは、一見すると似ているので、追加された新機能の広場の意味を見いだしにくいようにも思います。

そこで、ここでは広場とホールの違いについて説明していきます。

【違い1】表示のされ方

まず、表示のされ方や送信のしやすさ・確認のしやすさに違いがあります。

広場に送信されたメッセージは、ホーム画面の右下のテキストボックスに表示されます。
そして、多くの人に簡単に見てもらえるのが特徴です。

これに対して、ホールのメッセージは入力用のチャットボックスをタップし、『ホール』を選択してからでないと見れません。
つまり、表示させて確認するまでに一手間かかってしまいます。

【違い2】送信の範囲

メッセージが送信される広さにも違いがあります。

ホーム画面の広場機能により送信されたメッセージは、広範囲のプレーヤーに表示されるので、より多くの人に見てもらいやすいという特徴があります。

これに対して、ホールで送信されたメッセージは、自分の付近にいるプレーヤーにのみ送信されます。

【違い3】トランシーバーの必要の有無

トランシーバーを必要するかどうかという違いもあります。

広場でメッセージを送信する場合には、トランシーバーが必要です。

ホールでメッセージを送る場合には、トランシーバーは必要ありません。

トランシーバーについては、詳しくは、以下の記事をご覧下さい。

荒野行動のトランシーバーとは何?使い方や意味・目的について

スポンサーリンク

広場では何ができるか?できることまとめ

広場では、メッセージを送信する場合には、トランシーバーが必要です。

しかしながら、トランシーバーを使用しなくても、ホールと同様に他の人のメッセージを読むことはもちんできます。

そのほか、表示される他のプレーヤーのアイコンをタップすることにより、フレンド申請ができます。

そして、マルチプレイに招待できますし、ブラックリストへの追加や通報などといった機能も備えられています。

スポンサーリンク

まとめ

荒野行動で2018年3月22日のアップデートにより追加された新機能『広場』について解説しました。

『広場』はホーム画面に直接表示されており、トランシーバーを用いて、簡単に広範囲にメッセージを送ることができます。

また、そのほかにも、フレンド申請やマルチプレイへの招待、ブラックリストへの追加や通報という機能も使用可能です。

参考にしてみて下さい。

今回もご覧頂いて、ありがとうございました。

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。