人物

宮川笑佳(えみか)のwiki風プロフィール!小学校や年齢、家族(姉妹)について

どうも、颯介です!

今回も日常の出来事などのなかで、気になったことについて、独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、天才スピードスケート小学生の宮川笑佳(みやがわえみか)さんです。

まだまだ若くして、すごい才能を発揮する天才というのが最近多いように思います。

ちょうど今日、将棋の藤井聡太さんなんて、羽生善治さんを倒して六段になりました。

いま、平昌オリンピックで盛り上がっていますけども、若い選手の活躍が本当にすごいですよね!

そして、平昌オリンピックの日本選手団主将を務め、スピードスケートの1000mで銀メダルをとった小平奈緒選手も子供のころからすでに凄まじい成績を残されていました。

今回取り上げる宮川笑佳さんも、小学生ながら、スピードスケートの天才キッズとして期待されています。

いわば、「第二の小平奈緒」と言っても良いのではないでしょうか?

そんな宮川笑佳さんに興味がわきましたので、今回、調べてご紹介していきます。

宮川笑佳wiki風プロフィール


出展:http://www.n-journal.ne.jp/sports/skate/speedskating/22361/

名前:宮川笑佳(みやがわえみか)
性別:女性
年齢:12歳?
住所:長野県長野市
小学校:長野市立徳間小学校
所属:エムウェーブスケートクラブ

宮川笑佳さんは、現在小学校6年生の女の子です。

ちょっと生年月日までは分からなかったのですが、小学校6年生ですから、少なくとも2018年3月末までには12歳になっているということです。

スケートについては、エムウェーブスケートクラブということころで、指導してもらっています。

スポンサーリンク

宮川笑佳さんの所属先エムウェーブスケートクラブとは?

宮川笑佳さんが所属するエムウェーブスケートクラブとはどんなクラブなのでしょうか?


出典:エムウェーブスケートクラブ会員募集案内より

お姉さんとともに、宮川笑佳さんの写真や成績がチラシに掲載されていますね^^

以下、エムウェーブスケートクラブについて調べてみました^^

※長野市スケート協会ホームページを参考にしています。

エムウェーブスケートクラブの目的や成り立ちについて

長野市スケート協会が、行政や長野県中体連・地元支援者などと協力して、本格的選手を育成する事業として発足したスケートクラブです。

長野市オリンピック記念アリーナ「エムウェーブ」(1998年長野オリンピック会場)を拠点として活動しています。

基本的に週に5日間(月曜、火曜、木曜、金曜、土曜)練習を行っているようです。

エムウェーブスケートクラブのコーチはオリンピック選手の中嶋敬春さん

エムウェーブスケートクラブのコーチは、中嶋敬春(なかじまたかはる)さんという方です。

中嶋さんは、ソルトレークオリンピック(2002年開催)やトリノオリンピック(2006年開催)で日本代表にもなった経験があります。

2011-2012年シーズンで現役選手としては引退されているようです。

入会金5000円、月会費2000円ということですが、こんな参加しやすい価格で、まだ幼いころから、オリンピック選手から直接教わることができるというのはすごいことですね!

さすが、日本のウィンタースポーツの本場、長野です。

全国大会も毎年長野市のエムウェーブで行われているみたいですよ。

スポンサーリンク

宮川笑佳さんの通う小学校と進学先の中学校は?

徳間小学校とはどんな学校?

現在通われている小学校は、長野市立徳間小学校という小学校です。
宮川笑佳さんは、現在(2018年2月)、小学校六年生です。

徳間小学校は、

長野県徳間小学校東京2020オリンピック・パラリンピック教育実施校

の認証を受けています。

とはいっても、長野市の全部の小学校と中学校が一括で申請し、全校が承認されたと言うことですし、全国ですでに2000校以上の学校がこの制度の認証を受けているようではあります。

東京2020オリンピック・パラリンピック教育実施校

というのは、2020年の東京オリンピックやその先を見据えて、次の時代を担う人材育成をすることなどを目的とした制度のようです。

具体的には、たとえば、アスリートが認証を受けた学校に訪問してくれたりするという機会もあるかもしれないみたいですね。

全国で2000校以上がすでにこの認証を受けているので、特別珍しい物ではないのかもしれませんが、長野市は、市内の全79校すべてがこの認証を受けたということで、選手育成に対する長野市の姿勢には素晴らしいものがあるのかなと感じました。

長野市内の中学校もすべてこの認証を受けているわけですから、おそらく進学先の中学校も徳間小学校と同様だと思います。

宮川笑佳さんの進学先の中学校はどこ?部活は?

宮川笑佳さんは、現在(2018年2月)、小学校6年生です。

ということは、この春(2018年4月)から、中学校に通うことになるわけですね。

宮川笑佳さんは、どこの中学校に進学されるのでしょうか?

宮川笑佳さんと同じスピードスケート選手であるお姉さんの宮川鈴佳さんが、長野市立長野北部中学校に通われています。

長野北部中学校というのは、市立の中学校ですので、校区の関係から、長野市立徳間小学校に通っていた児童は、長野北部中学校に通常は進学するのだと思います。

もちろん、私立の学校も可能性としては考えられなくも無いと思いますが、お姉さんのことを考えるとやはり、長野市立北部中学校に通われるのが自然のように思います。

長野市立北部中学校のホームページの部活動のところには、スピードスケート部というのはありませんでした。

エムウェーブスケートクラブに所属していますので、部活動に関しては参加しないんじゃないかと思います。

エムウェーブスケートクラブの練習時間は、平日(月曜・火曜・木曜・金曜)は18時00分~20時30分、土曜日は13時00分~16時00分となっています。

普通に考えると、ちょっと部活動との両立は難しいように思いますので、部活動には入らずに、エムウェーブスケートクラブでの練習に専念されるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

宮川笑佳さんの家族は?3姉妹の姉や妹は?

お父さんやお母さんの情報はちょっと得られなかったのですが、お父さんやお母さんももしかしたら、スケートやウィンタースポーツがお好きなのかもしれませんね。

宮川笑佳さんは、3姉妹で、上にお姉さんと、下に妹さんがいらっしゃいます。

姉(宮川鈴佳さん)について


出典:http://www.n-journal.ne.jp/sports/skate/speedskating/22221/

名前:宮川鈴佳
中学校:長野市立北部中学校 3年生 ※2018年2月現在
所属:エムウェーブスケートクラブ

中学校では、

平成27年度全国中学校スケート大会
1000m:優勝

平成28年度全国中学校スケート大会
1000m:2位

平成29年度全国中学校スケート大会
1000m:3位
1500m:4位

など、お姉さんの鈴佳さんもすばらしい成績を残されています。

妹(宮川穂佳さん)について


左が笑佳さん、右が妹の穂佳さんです。
出典:https://www.facebook.com/NaganoMwave/posts/1362890647094049

名前:宮川穂佳
中学校:長野市立北部小学校
所属:エムウェーブスケートクラブ

妹さんも、

第44回長野県ジュニアスピードスケート競技会中南信大会2年女子500m2位
第42回長野県ジュニアスピードスケート競技会東北信大会2年女子500m2位

などの成績を残されていることが確認できました。

スポンサーリンク

まとめ

宮川笑佳さんはもちろんのこと、お姉さんや妹さんも素晴らしい選手でした。

3姉妹そろって、かわいらしくて、競技成績もすばらしいので、今後もっと注目されて露出が増えてくるかもしれません。

また、数年以内にシニアの全国大会や世界大会で戦うようになってくるかもしれませんね。

宮川佳さんふくめ、宮川3姉妹のこれからの活躍が楽しみです!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。