未分類

ギャレンタインとは何?意味や語源の由来とオススメのやり方も紹介!

どうも、颯介です!

今回も、日常の出来事などのなかで、気になったことについて、独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、「ギャレンタインデー」についてです。

最近になって、言われるようになった新しいバレンタインデーの形なんだとか。

何でも、女子同士でバレンタインデーを楽しむということなんだとか(笑)

毎年のように、こういった新しいトレンドが生み出されていますよね~

それにしても、「女子同士でバレンタイン」ってこれでは、

「今年は何個もらえるかな~」
「○○ちゃんからもらえるかな~」

とそわそわしながら楽しみにしている世の男子諸君はちょっとがっかりかも(笑)

まあ私は自営業で、職場の同僚からもらうみたいなのもないので、どうせ妻くらいしかもらえる相手はいませんけども^^;

それでは、このギャレンタインの意味や由来について調べて見ました。

また、ギャレンタインを楽しむ女性のために詳しい楽しみ方についても紹介していきますね!

スポンサーリンク

ギャレンタインの意味と語源・由来は?

冒頭で言いましたように、ギャレンタインの意味は、「女性同士でバレンタインを楽しむこと」です。

ギャレンタインというのは、元々アメリカから入ってきた言葉で、英語表記では、”Galentine”という形になります。

これ、実は、GalとValentineが合わさった造語なんです。

つまり、

Gal + Valentine = Galentine

ということですね!

ギャルとバレンタインが合体してできたことばなんですね~

そもそもの発祥はと言えば、アメリカの人気コメディドラマの「パークスアンドリクリエーション」の劇中で、失恋した友人のためを思って、主人公がバレンタインデーの前の日に、ランチパーティーを開いてあげたことが、このギャレンタインの由来になっているそうです。

このドラマの劇中での出来事をきっかけとして、アメリカで、女性同士でバレンタインデーを楽しむギャレンタインが広まっていったのですね。

このドラマがどんな内容なのかについては、日本語版のwikipediaにも項目がありましたので、気になる方はwikipediaをご覧になってみてくださいね^^

まあ、もともと、日本でも「女子会」と称して、女性同士で飲み会等をする文化がすっかり定着してきましたが、この女子会のバレンタインデー版といった感じでしょうか。

スポンサーリンク

ギャレンタインを楽しむ方法

それでは、ここからは、ギャレンタインを楽しむ方法についてお伝えしていきます^^

参加メンバーは?ギャレンタインは男子禁制!

まず、ギャレンタインは女性同士で楽しむ場ですので、男性は立ち入り禁止です!

女子のみで行うガールズパーティーですね!

ギャレンタインはいつ行う?

ギャレンタインの由来となったドラマ「パークスアンドリクリエーション」では、バレンタインデーの前日にパーティーをしました。

ですので、2月14日の前日である2月13日に行います。

つまりは、一応のところは、バレンタインデーとはバッティングしないので、男性諸君がもらえるチョコには影響しないはずといえるでしょうか。。。

ギャレンタインでは何をする?

楽しみ方は人それぞれで楽しめればOKとのことです。

内容はというと、女子どうしでおうちで集まってパーティーしたり、洒落たディナーを一緒に食べたりするんですね~

イメージはこんな感じです↓


上記の画像は、とってもガーリーでカワイイものばかりですね。

ネットで公開されている画像は、見栄えのするように気合を入れてセッティングしていると思いますので、実際のところは、ここまで気合いれなくてもいいかもですね^^

まあ、バレンタインの前日にやるだけで、ある意味普段通りの女子会っていう捉え方でもいいのかもしれません。

楽しむため、集まるための口実としてちょうどいいんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

さいごに

毎年のように、いろいろな時期に、新しいトレンドが生み出されていきます。

多くの場合は、商売人があらたな需要を掘り起こし、ビジネスチャンスの拡大を狙って意図的に創出し、広めている部分があるのだろうとは思います。

しかしながら、そうした新しいイベントが増えることによって、楽しみも増えるともいえます。

どうせだったら、楽しいことは何度でもたくさんあって良いと思いますので、女性同士で思い思いのギャレンタインデーを楽しまれたらいかがでしょうか?^^

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。