テレビ番組

煙石博アナウンサーの冤罪事件の内容とその後【1番だけが知っている】


どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで気になったことについて、独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、窃盗の罪に問われ無罪を勝ち取った中国放送の元アナウンサー・煙石博(えんせきひろし)さんについてです。

いわゆる冤罪事件だったわけですが、この煙石博さんの冤罪事件について2018年5月9日のTBS系のテレビ番組『1番だけが知っている』で放送されていたのですね。

北村弁護士が魂が震えた事件として、番組内で放送されたのですが、その内容にとてもやりきれない思いや怒りを覚えました。

私自身もいろいろと考えさせられるところもありましたし、ネット上でも放送中から話題にしているユーザーがたくさん居ました。

ということで、今回は冤罪事件に巻き込まれた元アナウンサー・煙石博さんのその後などについて調査してみました。

スポンサーリンク

煙石博さんのえん罪事件の内容

広島の放送局・中国放送の元アナウンサーであった煙石博(えんせきひろし)さんが、2012年10月11日に窃盗容疑で逮捕されてしまいます。

このときの逮捕は、2012年9月24日に、銀行内で女性会社員が置き忘れた6万6000円の入った封筒を盗んだ疑いによってのことでした。

煙石さんは、警察の取り調べに対して、身に覚えがなく容疑を否認していたと言います。

そして、2013年11月27日、広島地方裁判所は、

「ビデオカメラの映像から被告人の他に犯人がいるとは考えられない」
「被告人の供述は信用できない」

として、窃盗罪の成立を認め、執行猶予突きではあるものの煙石さんに有罪判決を下しました。

その後、煙石さんは控訴・上告を経て、2017年3月10日に最高裁で無罪判決を勝ち取りました。

まったくの冤罪事件であったわけです。

なんと無実が証明されるまでに5年もの歳月がかかったのですね。

一部マスコミでは、裁判中から冤罪の疑いが指摘されていて、煙石さんの友人達を中心に組織された支援組織では最高裁での無罪判決を得るまでに9500を超える署名を集めたと言います。

スポンサーリンク

放送に対してのネットの反応の声

テレビ番組『1番だけが知っている』内で、煙石博さんのえん罪事件が取り上げられたことをうけ、ネットユーザーたちの間で一躍話題になりました。

まったく言われのない罪によって、無罪を勝ち取るまでに5年もの歳月を費やしたという理不尽な話ですから、多くの人の共感を生むのも当然ですね。

煙石さんは、本当に心折れずに、裁判を戦い抜かれたと思います。

またバックアップされた弁護士や支援組織の人たちも素晴らしいと思います。

スポンサーリンク

煙石博さんのその後は?

煙石博さんは、最高裁での無罪判決を得た後も元気に過ごされています。

煙石博さんは、自ら知的な文章でブログ記事を更新されておられます。

えん罪事件に巻き込まれるという大変な経験をされたことを活かし、えん罪防止のための活動を活発になされているようです。

ブログ記事からは、中国地方弁護士大会シンポジウム「防犯カメラと冤罪-監視社会化を考える」に参加されたり、広島県警の「 防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン(案)」に対して意見を提出されたりしているのが確認できました。

また、今回のTBS系のテレビ番組『1番だけが知っている』で、煙石博さんのえん罪事件が取り上げられると言うことも紹介されていました。

これまでにも煙石さんの元には、複数のテレビ局から放送の依頼があったそうなのですが、断ってきたそうです。

しかしながら、同じようなえん罪事件の被害者を生み出さないためにもという思いもあって、今回テレビ出演を決意されたということのようです。

(出典:http://enseki.noor.jp/?page_id=1712)

それにしても、最高裁で覆らず、そのまま有罪になっていたらと思うと本当にぞっとしますね。。。

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。