インターネット

iPhone当選しました(Google・iphoneX135円)は本物?詐欺の偽物?対処方法について


どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事の中で気になったことについて、独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、webブラウザでネット閲覧していて表示される『iPhoneが当選しました』とGoogleからのキャンペーンに当選してクイズに答えるように求められる件についてです。

常識的に考えると、いかにも『詐欺臭い』と感じるのですが、

『当選しました』

と、自分だけ運良く特別に当選したんだと思うと、気分がよくなって信じたくなってしまうものです。

そこで、今回は、このGoogleからのiphoneXなどの当選をうたったキャンペーンが本物なのか、それとも詐欺目的の偽物なのかということと、その対処方法について、注意喚起の意味も込めて記事として紹介してい行きますね!

スポンサーリンク

ウェブサイト閲覧中のGoogleから突然の当選通知

これは間違いなく詐欺です。
後で、個人情報を入力させようとしますが、これが目的です。

いわゆる個人情報を取得するためのフィッシング詐欺です。

そして、取得した個人情報をもとに、カード情報を悪用したり、さらなる不正請求詐欺などへとつなげていこうとしているのでしょう。

まずは、この現象についてご紹介します。

ウェブサイトを閲覧していて、突然以下のようなメッセージが表示されます。

http://congratulations.co-g80.bid

おめでとうございます!

Googleをお使いのあなた!
本日の無料iPhone X、iPad Air 2、Samsung Galaxy S9のいずれかの当選者に選ばれました。

OKをクリックして景品をお受け取りください。そうしない限り別のユーザーに当選権が移行します。

『OK』

そして、画面下の『OK』をクリックすると、

Googleメンバーシップリワード

Googleユーザーのあなた、当選おめでとうございます!(1)件のGoogleギフトが当選しました!

毎週 土曜日 幸運な10名のユーザーが1日に一度無作為に選ばれ、スポンサーからのギフトが進呈されます。これは当社製品やサービスに対するご愛顧への感謝の印です。

iphone X、iPad Air 2、Samusung Galaxy S6の中からお選び下さい。

商品を受け取るには次の3つの質問にお答え下さい。

注意:10名の無作為に選出されたユーザーがこの招待状を受け取っており、商品は限られた数のみとなっております。

他の幸運なユーザーに商品を受け取る権利が移行するまで1分30秒です!幸運をお祈りします!

そしてさらに画面のに下のほうへスクロールすると、

質問1/3:Googleの創立者は?
・Bill Gates
・Mark Zuckerberg
・Larry Page

質問2/3:Googleの本拠地はどこ?
・USA
・England
・Russland

質問3/3:Googleが創立された年は?
・1998
・2012
・2014

コメント:
Sakurano Shun
最初は冗談だと思ったんですが、本当にiPhone Xが今朝届きました。その後すぐに全部の商品にサインアップしましたw

Goya Man
今日iPad Air2が届きました。ありがとう!!!!

Onishi Tora
iPhone Xがすごい欲しかったのに在庫切れっぽい!!!でもiPad Air2が本当にもらえた!

・・・

Googleのキャンペーンっぽく、Googleに関連するクイズに答えさせようとしています。

また、焦らせようと、カウントダウンまでする周到さ(笑)

ちなみに、このカウントダウンが0秒になっても先に進めますので、ただの嘘っぱちです^^;

さらに下のほうに、コメント欄があり、「本当にとどいた」「在庫ぎれだった」など、いかにも本物っぽい感じのコメントが並んでいます。

こういうコメントを見たら、疑いつつも、

「もしかして本物かも?」

と思ってしまいがちですよね。

本当に巧妙にできていると思います。

スポンサーリンク

135円でiPhoeXで入手?

さらに進むと、135円でiPhoneXが入手できると案内が出てきます。

あれ?

無料と謳っていたのに、135円かかるんですね(笑)

言っていることがなんかおかしいと気付くでしょう。

そして、個人情報の入力を求められます。

まずは、『135¥でiphoneXを入手』と書かれている下に名前と住所、メールアドレスを入力します。

そして、さらに進むとクレジットカードの入力を要求されます。

ここのステップが、詐欺グループの目的です。

氏名、住所、メールアドレスなどの個人情報を入力させ、さらにはクレジットカード情報を入力させようとします。

氏名、住所、メールアドレスはクレジットカード情報よりもハードル低いと思いますが、先に住所・氏名・メールアドレスを入力させることにより、入手したこれらの情報を元に、今後、さらなる不正請求詐欺などへとつなげようとするのでしょう。

そして、さらに進んだ画面でクレジットカード情報の入手までできれば、その情報をもとにクレジットカードの不正使用などをもくろんでいるのだと思います。

無料で当選といっていたくせして、クレジットカード情報を入力させようとするのが、おかしいですよね。

スポンサーリンク

対処方法について

基本的には、今回の件に関する対処方法としては、関わらないことが一番です。

おかしいと気付いた時点で、ただちにブラウザを閉じましょう!

つまり、無視を決め込むことが一番です!

スポンサーリンク

住所・氏名・メールアドレス・クレジットカード番号を入力してしまったら

住所・氏名・メールアドレス・クレジットカード番号を入力してしまったらどうしたらいいでしょうか?

まず、住所・氏名・メールアドレスを入力してしまっただけで、気付いて引き返したなら、まだマシです。

入力してしまった個人情報をもとに、今後さらに何らかのコンタクトが増えるかもしれません。

しかしながら、何か言ってきたとしても何らいわれのない、見当違いの架空請求でしょうから、気にせず無視していて下さい。

クレジットカード番号を入力してしまった場合は、危険度が増します。

そのまま不正に課金されてしまったり、不正に使用されたりしてしまうというリスクが生じますから、一刻も早く、クレジットカード会社に詐欺被害に遭ったことをつたえて、カードの使用を止めてもらう様にしましょう!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。