インターネット

tiktokで60秒動画を撮る方法!基準や条件は何?【15秒以上の長い動画を撮るには】

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、10代の若者に人気の動画共有アプリTik Tokで60秒以上の動画を撮影する方法についてです。

知人が『おめでとうございます!60秒動画を撮影できるようになりました!』という通知がアプリから来たと言うことで、どうしてなのかなと気にしていたので調べてみました。

スポンサーリンク

tiktokから届く『おめでとうございます!60秒動画を撮影できるようになりました!』という通知

ここ数日で、同様の通知を受け取ったユーザーが何人もいるようです。

tiktokで60秒動画を撮る方法は?基準や条件は何?

『おめでとうございます!60秒動画を撮影できるようになりました!』という通知を受け取るユーザーは、一部のみであって全員ではありません。

つまり、何らかの条件を満たした一部のユーザーのみが60秒動画を撮れるようになるということです。

元々、tiktokは中国の動画アプリです。

その本家の中国のtiktokでは、60秒動画が可能だったようですが、それが日本版でも反映できるようになったということです。

調べた限りでは、詳細な条件については示されていませんでした。

SNSなどで調べて見た限りでは、かなり多くの人が60秒動画の投稿が可能になったとの通知を受け取ったようですので、高すぎず低すぎと言った基準で、中国版と同じように『フォロワーが1000人以上』というあたりが条件なのかもしれませんね。

※もし詳しい条件をご存知の方がいらっしゃったら、コメント欄から情報提供いただけますと助かります^^

スポンサーリンク

60秒動画解禁を受けてのユーザーの反応、評判は?

中国版tiktokと同様に60秒動画が解禁されたことを受けて、ユーザー達の反応や評価はどのような感じなのでしょうか。

SONSから、ユーザー等の声を集めてみました。

実際に動画配信をされている方の中で、60秒動画を投稿できるとの通知を受け取った人は、tiktok側から自分の影響力を認められたと言うことで喜んでいる様子でした。

また、視聴者も自分の好きな配信者の動画をより長時間、幅広い表現で楽しめることができると好意的な評価をしている人が多いようでした。

配信者にとっては、60秒動画が投稿できるような配信者になろうという目標にもなりますよね。

スポンサーリンク

60秒動画解禁でtiktokは今後どうなる?改悪or衰退?

個人的に、tiktokの大きな特徴であり、ヒットした理由の1つが15秒という動画の制限時間にあると思います。

短い時間で、スマホで縦長の画面で気軽に暇つぶしが出来るというのが、高校生など若い世代に受けたのだと思います。

しかしながら、動画の制限時間が60秒に伸びてしまったことにより、tiktokの改悪や衰退を心配しているひともいるようでした。

この点、私は個人的にはさほど問題ないのかなと思います。

Twitterでも、以前よりも文字数の制限が緩和されていますが、別に使い勝手などはさほど悪くなっていないと個人的には思います。

Twitterでは、相変わらずごく短い文章で投稿しているユーザーがほとんどであって、特別Twitterの使い勝手がわるくなったようには感じません。

ユーザーが必要に応じて、何かを表現するときに長文を要するときはそうするだけであって、長文が必要ない投稿内容については引きつづき短文で投稿しているわけです。

むしろ必要なときには、長文で投稿できるという意味で表現の幅が広がっていいことだと思います。

これと同じように、tiktokでも、視聴者を飽きさせないように15秒とか短い時間で動画を作ろうと思えばそうすればいいだけですし、60秒だからこその幅広い表現の動画だって作っていける可能性が広がったことは悪いことではないのではと思いました。

ただし、今後もし時間が無制限になるようなことがあれば、それはよくないと思いますけども。

今回もご覧頂いて、ありがとうございました。

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。