未分類

照樹務(てれこむ)の名前の由来は?宮崎駿のルパン三世別名義の理由


どうも、颯介です!
今回も日常の気になった出来事について、私の視点で切り込んでいきますね~

今日、ネットニュースを見ていて、アニメ「ルパン三世」のファンによる人気投票のベスト24話が放送されていたことを知りました。

子供のころからルパン三世って好きでした。
地域のよるのかもしれませんけど、私の子供の頃は、日曜日の昼間に再放送をやっていて、楽しみにしていました。

ちなみに、別の時期に、同じ枠でたしか放送していたシティーハンターも大好きでした。

ルパンに関しては、1年に1回くらいスペシャルを金曜ロードショーで放送していたりしたので、これも楽しみで、ビデオにとって保存して、何度も繰り返し見ていました。

ルパンはかっこいいですね。
だらしないところもありますけど、キメるところはキメる。

そういう意味では、先ほど話題にのぼったシティーハンターの主人公の冴羽獠 (さえばりょう)と同じですね(笑)

で、そのアニメ「ルパン三世」のファン投票の1位と2位のエピソードが、あのジブリの宮崎駿監督が手がけた作品だったんです。

スポンサーリンク

照樹務(てれこむ)の名前の由来

テレビアニメのルパン三世も宮崎監督の作品があるのは知っていたのですが、その名義が「宮崎駿」ではなく、「照樹務(てれこむ)」という名前を使っていたんですね。

この名前って一体何なんだろう?
何か名前の由来ってあるのかな?

と思ったので、照樹務(てれこむ)の名前の由来を調べてみました。

アニメ「ルパン三世」では、宮崎駿さんが照樹務(てれこむ)名義で手がけていたのは、所属していた制作会社が関係していたようです。

その所属していた制作会社というのが「テレコム・アニメーション・フィルム」だったということで、この会社名の「テレコム」の部分から「てれこむ」⇒「照樹務」と名乗っていたんですね。

今の、「宮崎駿」と別名義を使用していた理由はそういうことだったんですね!

スポンサーリンク

ルパン三世を久しぶりに見たくなった方へ

今回、ファン投票で選ばれたのは、

「さらば愛しきルパンよ(第155話)」
「死の翼アルバトロス(第145話)」

です。

こうして、ルパンの話をしているとルパンが見たくなってきた方、いらっしゃるんじゃないですか?
私がそうです(笑)

そんな方は、こちら ↓ のサービスを利用してみるといいですよ。



31日間無料で、アニメやドラマや映画が見放題です。
もちろん、宮崎駿監督が照樹務(てれこむ)名義で手がけたルパン三世のエピソードも見れます。

日本が世界に誇る巨匠は、この頃からやっぱりすごかったんですね。

同じく宮崎駿監督が手がけた、ルパン三世の映画「カリオストロの城」は、本当に名作でした。
あのラストシーンは圧巻です。

「あいつは大事なモノを盗んでいきましたよ。。。あなたの心です。」

って、銭形警部、かっこよすぎ!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。