未分類

調節機能解析装置設置の眼科病院(関西・関東)はどこ?ためしてガッテンで紹介!


どうも、颯介です!

今回も日常の出来事の中で、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取りあげるのは、先日2018年2月28日に放送されたNHK総合のテレビ番組『ガッテン!』(旧『ためしてガッテン』)で紹介された調節機能解析装置についてです。

この調節機能解析装置は、まだ日本では約500台しかなく、導入している眼科も少ないと言うことですが、自分に合った楽な視力がわかるとても魅力的な最先端の検査機器です。

特に番組をご覧になった方は、この調節機能解析装置を利用してみたいと思われたのではないでしょうか?

日本にはまだ約500台しかないということですが、逆に言うと、500台はあるということです。

ここでは、日本全国のなかで、調節機能解析装置が設置されている眼科医院のクリニック等を調べて、特に人口の集中している関東地方や関西地方に所在するを中心として紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも調節機能解析装置とは?

現代日本社会では、実に7500万人以上が眼鏡を使っていますが、自分に合わない眼鏡を使用している人も多いといいます。

そして、合っていない眼鏡を使用することにより、目の疲れや頭痛、肩凝りなどといった症状の原因になってしまうことが度々あります。

眼鏡が合っていないことにより、これらの症状を生じることがないようにするためには、視力のみでは計測することができない、個人個人の目の『個性』を反映した「楽な視力」を知り、それに対応した眼鏡を身につけることが必要です。

そして、この「楽な視力」を知る方法の一つが、今回取り上げている『調節機能解析装置』なのです。

調節機能解析装置を使えば、目の筋肉である毛様体筋を無理に使用しなくても楽にピントが合う距離を測定することができます。

この検査を経て、楽な視力を中心にした眼鏡、すなわち自分に本当にあった眼鏡を作ることができるようになるのです。

スポンサーリンク

調節機能解析装置を設置した眼科病院等の紹介

ここからは、日本全国で約500台しか存在していないという、調節機能解析装置が設置されている眼科の医療機関を紹介していきます。

特に人口が多い関東地方や関西地方を中心に紹介します。

ネット上の情報から記載しておりますが、何らかの食い違い等があるかもしれませんので、以下にご紹介している医療機関等で、実際に調節機能解析装置による検査をご希望の場合は、各機関に直接おたずねの上お願いいたします。

関東地方(東京都・埼玉県)に所在する眼科の医療機関等

梶田眼科

所在地:東京都港区芝浦3丁目6-3 協栄ビル4階
電話番号:03-5730-1313

まつお眼科クリニック

所在地:東京都北区上十条3丁目29-15
電話番号:03-5993-2200

アイメガネ大宮東口駅前店

所在地:埼玉県さいたま市大宮区大門町1-26
電話番号:048-644-0001

アイメガネ秩父中宮地店

所在地:埼玉県秩父市中宮地町5-7
電話番号:0494-21-0001

関西地方(大阪府)に所在する眼科の医療機関等

杉田眼科クリニック

所在地:大阪府大阪市東成区大今里西1丁目26番5号 ロハスプラザ今里2階
電話番号:06-6977-7720

吹田徳州会病院

所在地:大阪府吹田市千里丘西21番1号
電話番号:06-6878-1110

中国・四国地方(愛媛県・鳥取県)に所在する眼科の医療機関等

はなみずき眼科

所在地:愛媛県松山市古川南3丁目16番28号
電話番号:089-958-8822

岩間眼鏡店

所在地:鳥取県倉吉市鍛治町1-2971-2
電話番号:0858-22-5551

北海道地方(札幌市)に所在する眼科の医療機関等

新川中央眼科

札幌市北区新川3条7丁目1-64
電話番号:011-769-1010

まとめ

目の疲れ、頭痛、肩凝りなどは、いわば現代病とも呼べるくらい、多くの日本人を苦しめている症状です。

また、日本では眼鏡を使用している人が7500万人以上にも上ると言います。

目の疲れや頭痛、肩凝りの症状のいくらかは、自分の目にあった適切な眼鏡を使えていないことから来ているそうです。

そして、視力のみでははかれない目の筋肉の情報を解析できるのが日本に約500台しかないという調節機能解析装置です。

現在、NHKの「ガッテン!」で放送された影響もあり、調節機能解析装置を作っているメーカーには問い合わせが殺到しているようです。

NHKの「ガッテン!」は、以前の「ためしてガッテン」時代から大きな影響力を持っていますので、放送を機にこれからもっともっと調節機能解析装置が普及していくかもしれませんね。

そうなれば、もっともっと自分の住んでいる地域で当たり前に調整機能解析装置による検査を受けることができるようになるかもしれません。

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。