未分類

いつめんとは何?使い方・使用例と英語での言い方 ※別表記:イツメン、いつメン


どうも、颯介です。

今回も日常生活の中で気になったことについて、独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそく参りましょう!

さて、今回取り上げるのは、ふとネット上で目にした言葉『いつめん(イツメン、いつメン)』についてです。

初めてこの言葉を聞いたのですが、いったい何のことを言っているかわからなかったんですね。

どちらかというと、学生や若手社員など若い人が使っていることが多かったので、どちらかというと若者特有の言葉なんだと思います。

私と同じように、この『いつめん(イツメン、いつメン)』という言葉って一体何か疑問に思う方もいらっしゃると思いますので、使い方や意味、使用例、英語での言い方など私が調べた内容をまとめておきたいと思います。

・友達が使っている言葉についていきたい子供さん
・子供さんの使っている言葉が分からない親御さん
・最近の若者言葉がわからない大人
・若手社員の言葉について行きたい上司

の方などに参考になると思いますので、ご覧下さい。

スポンサーリンク

いつめんとは何?意味や語源は?

いつめんというのは何かというと、その意味は

『いつも一緒にいる仲間』
『いつも一緒にいるグループのメンバー』
『お決まりのメンツ』

ということです。

「いつものメンバー」あるいは「いつものメンツ」というのが語源で、これらの言葉を短縮したのが「いつめん」という表現です。

「いつメン」「イツメン」というように、別表記をすることもあります。

もしかしたら、「●●メン」という言葉の響きから男性に使われる言葉と思ってしまうことがあるかもしれませんが、いつも一緒にいる仲の良いメンバーであれば、性別は関係ありません

・男性だけ
・女性だけ
・男女混合

いずれのパターンでも『いつもいっしょにいるメンバー』であれば「いつめん」です。

スポンサーリンク

いつめんの使い方・使用例

ここからは、いつめんの使い方について、どんなシチュエーションでどんな風に使うかについて、使用例を記載していきますね^^

『いつめんの中では、ノゾミが一番運動神経良いよね!』

『今日は、いつめんでプリクラ撮ってきたよ』

『今日もいつめんで集まろうぜ!』

『この顔ぶれも2年ぶりだし、ひさびさにまたイツメンで飯食いに行こう』

『紹介するね!中学の時いつめんだったユウジくんです』

『卒業したらいつめんがバラバラになっちゃうから寂しい』

『いつめんだと思っていた友達から「あんたはいつめんじゃない!」って言われて傷ついた』

『いつめんでいるのが一番楽しい』

スポンサーリンク

いつめんは英語ではなんて言う?

いつめんを「英語」でかっこよく・おしゃれに言いたいということもあるんじゃないでしょうか?

学生さんの英語の課題などでも、使ってみたくなることがあるかもしれませんね。

そこで、ここでは、いつめんを英語で表現する場合には、どのように言ったらいいのか紹介します。

様々な表現があると思いますが、

『usual faces(よく見る顔ぶれ)』
『usual members(よく見るメンバーたち)』
『regular friends(いつもの友達)』

という言い方が、覚えやすくて簡単で使いやすいと思います。

英語でいつめんを表現してみたいときには使ってみて下さいね^^

スポンサーリンク

まとめ

最近、SNSなどのネット上や、リアルでの交流でも若者を中心として聞くようになってきた「いつめん(いつメン、イツメン)」という言葉の意味や使用方法について調べてみました。

パッと言われると、いったい何のことか意味不明ですけど、語源を考えるとこの言葉は理解しやすいです。

「いつめん(いつメン、イツメン)」というのは、結局

「いつものメンバー」
「いつものメンツ」

を省略して表現した略語ですので、「いつものメンバー」と置き換えて考えれば、「いつめん」の意味は簡単に理解できます。

ご紹介した使用例についても参考にして、友達の使っている言葉や若者が使っている言葉について行けるようにしましょう^^

こういう言葉って、どんどん生まれますね~

時代の変化を感じます。

特に、いまではネットやSNSが発達していますので、新しい言葉が使われているのを目にする機会も増えました。

辞書の改訂時にも、相当な数の新語が登録されると言います。

どんどん新しく生まれる言葉について行きたいと個人的に思いました^^

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。