ゲーム

PUBGで血の色を紫やピンクにする方法【血の色変更の仕方】

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそく参りましょう!

さて、今回取り上げるのは、オンラインバトルロワイヤルゲームPUBGで、血の色を紫やピンクに変更する方法についてです。

ちょっとしたことですが、血の色が変わるだけで、ずいぶんとプレイする際の心象も変わるので面白いなぁと思って調べてみました。

スポンサーリンク

PUBGで血の色を紫やピンクにする方法(血の色の変更の仕方)

システムメニューで『SETTINGS(設定)』を選択します。

PUBGの設定の『GAME PLAY(ゲームプレイ)』のところから、『色覚調整』を変更することにより、血の色を変更することが出来ます。

設定による色の違いを比較

Twitterで、設定毎の色を比較して下さっている人がいました。

こうやって比較画像があると、とても分かり易いですね!(感謝!)

これを参考にすると、人によって感じ方に違いはあるでしょうけども、

ノーマル・・・赤
1型2色覚・・・薄紫
色覚調整・・・ピンク
3型2色覚・・・紫

といった感じでしょうか。

注意点

ただし、起動オプションでKoreanRatingの設定になっている(血の色が青)と、血の色をピンクや紫にすることはできないようです。

スポンサーリンク

血の色が紫をピンクにした人の反応は?

PUBGで血の色を紫色などにした人は、どのように感じているのか、SNSで調査してみました。

このように様々な反応がありましたが、「グロい」「ゲームとして割り切れる」「やる気が出る」といった意見があるようですね。

今回もご覧頂いて、ありがとうございました。

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。