人物

金知鉉キムジヒョン(モルゲッソヨ像作者)wiki風プロフィール!経歴や作品画像一覧も


どうも、颯介です!

今回も日々の出来事の中で、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回気になったのは、平昌オリンピックの謎オブジェ、通称「モルゲッソヨ」像の作者である、韓国の彫刻家・金知鉉(キム・ジヒョン、キム・チヒョン)さんについてです。

モルゲッソヨ像(五輪謎オブジェ)の意味と正体は?正式作品名称と作者の目的意図は何?

でもご紹介しましたが、以下の画像の作品の作者ですね!

日本のSNSユーザーなどを中心に、平昌オリンピックのプレスセンター前に設置されているこの独特のオブジェが話題になっています。

そして、私自身、この謎のオブジェを造った作者である韓国の彫刻家の金知鉉(キム・ジヒョン、キム・チヒョン)さんに興味がわきましたので、今回、金知鉉さんのについて調べてみましたので、プロフィールをご紹介していきます。

また、どんな作品を作成されてきたかについても紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

金知鉉(キム・ジヒョン)wiki風プロフィール


出典:https://abematimes.com/posts/3750726

名前:金知鉉(キム・ジヒョン)
性別:男性
生年月日:1968年 ※年齢は、2018年2月の時点で50歳
出身地:韓国・江原道

スポンサーリンク

金知鉉(キム・ジヒョン)経歴

1968年、韓国の江原道に生まれます。

幼い頃から創作活動が好きだったといいます。

1986年、ソウル大学美術大学彫塑(ちょうそ)科に入学します。
その後、同大学大学院に進学。

2001年からは、アメリカ合衆国に留学をしています。

911同時多発テロをニューヨークマンハッタンで、目の当たりにした経験が、後の創作活動に影響を与えることになります。

「教授になるための試験を受ける」との記述が見られますので、大学で教鞭を執っていらっしゃるのだと思われます。

やはり芸術系の大学なのでしょうか。

金さんは、日本語はまったくできませんが、奥さんが日本に留学していた経験があるので、日本語が話せるそうです。

金知鉉さんは、彫刻のほか、絵画をはじめ、映像作品や写真・パフォーマンスなど様々なものを取り入れて、面白い独自の世界観を構成されています。

CONTEMPORARY ARTステップスギャラリー銀座
〒104-0061
東京都中央区銀座4-4-13 琉映ビル5F

にて、

2013年12月23日~2013年12月28日に、初の日本での個展を開かれています。

2014年12月15日~2014年12月20日に、同じギャラリーにて、他の作家と合同での展示も行われているようです。

スポンサーリンク

金知鉉(キム・ジヒョン)の作品画像一覧

※以上11点の画像の出典:http://www.stepsgallery.org/67SGkimu.pdf

モルゲッソヨ(弾丸マン)がかぶっているヘルメットみたいなのもありますね!


出典:http://hitoshit.blog.shinobi.jp/%E5%BD%AB%E5%88%BB%E4%BD%9C%E5%93%81/

スポンサーリンク

さいごに

金知鉉さんに関して、ネット上での日本語の情報が少ない状況ですが、引きつづき情報収集して情報を追記していきますね!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。