スポーツ

山本kid徳郁の死因は何?死亡原因の病名はどこの癌?

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、格闘家の山本“KID”徳郁さんがお亡くなりになった原因は何かについてです。

「神の子」と言われ人気の格闘家である山本“KID”徳郁さんの訃報にビックリしました。

山本“KID”徳郁さんの死因について調査・考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

山本“KID”徳郁がインスタグラムで癌を告白していた

格闘家の山本“KID”徳郁さんは、2018年8月末にインスタグラムで癌を告白していました。

以下、引用します。

山本KID、がん闘病を告白「絶対元気になって、帰ってきたい」

格闘家の山本“KID”徳郁(41)が26日、インスタグラムを更新。がん闘病中であることを発表した。

「私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています」と告白。がんの種類については触れていないが「絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!」と強い決意をつづった。

実際に、山本“KID”徳郁さんのInstagramをご紹介します。

コメントや「いいね」がたくさんついていて、山本さんが数多くの方々に愛されてきたこと物語っていますね。

前向きに闘病されていこうと決意されていたので、今回のような結果になって残念です。

スポンサーリンク

山本“KID”徳郁の死因の病名はがん?どこの癌だったのか

山本“KID”徳郁さんは、普通に考えたら、闘病されいた癌がが原因でお亡くなりになったということになるでしょう。

それでは、どこの部位の癌なのでしょうか。

『癌』ということ以外、これまで具体的な部位などについては語られていませんでした。

この点、ある興味深い情報を見つけました。

刺青(タトゥー)のデメリット

刺青(タトゥー)を入れたことによるデメリットは数多く、日本の社会では刺青(タトゥー)は理解されておりません。早期治療をお進めします。

刺青でC型肝炎ウイルスの感染

肝炎のなかでもC型慢性肝炎は、C型肝炎ウイルスの感染により、長期にわたって肝臓の炎症が続き、肝臓の機能が悪くなる病気です。

初期症状はありませんが、10~30年で30~40%の方が肝硬変、さらには肝がんに移行するといわれています。長期間の炎症により肝臓の細胞が壊れ、線維化が進み、肝臓が硬くなった状態が肝硬変です。
(国立がんセンター がん対策情報センター 最新がん統計 2004年)

出典:http://www.tattoo-biyo.com/tattoo16.html

山本選手は、体に大きくタトゥーが刻まれていました。

上記の引用させていただいた記事にあるように、入れ墨をする際には、針やインクなどを通じて肝臓の病気になるリスクがあるようですが、肝炎を放置すると肝硬変になり、さらには肝臓癌になる可能性もあるといいます。

山本選手の癌は肝臓癌だった可能性が結構あるんじゃないかと想像します。

山本“KID”徳郁さん、闘病生活本当にお疲れ様でした。

多くの人に夢を与えてくれてありがとうございました。

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。