スポーツ

少年野球体罰チーム名(関西名門強豪)はどこで監督指導者は誰?yotube動画も紹介

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、軟式少年野球の監督が選手である子供に対して体罰を行っていた件について、この少年野球のチームはどこで監督はだれなのかということについてです。

今年は、本当にスポーツ界の問題が明るみになることが多いですが、暴力的な指導が行われている動画を見て、私自身大変ショックを受けたので、調べてみました。

スポンサーリンク

少年野球チームの体罰が報道される

ある少年野球チームの監督が子供達に暴力的な指導をしている様子がyoutube動画にアップされ、注目を集めています。

数週間の内に10万回以上もの再生回数をカウントしており、先日ニュースにもなりました。

少年野球の監督が選手を殴る動画が物議 19件の体罰内容が書かれた「体罰リスト」も

しらべぇ既報のとおり、「少年野球の監督が選手を殴る動画」が物議を醸している。記事が公開されて以降、動画の再生回数は10万回を超え、関心の高さが伺える。

この問題については、レイ法律事務所に所属する高橋知典弁護士も、「少年野球の監督に懲戒権は認められていない」「体罰は、暴行罪・傷害罪となりうる犯罪」と、厳しく警鐘を鳴らしている。

■動画以上の「体罰リスト」も
さらにしらべぇ編集部は、この動画の撮影者が作成した『体罰リスト』を入手した。A4の紙にびっしりと「日時/場所/対戦相手/対象の選手名/体罰の内容」が記されているものだ。

2016年12月から2017年8月までの9ヶ月弱の間に19件、11人の子供たちが体罰の対象となっていることがわかる。

(©ニュースサイトしらべぇ)

メモの要点をまとめると、以下のようになる。

・2016年12月25日 X広場 交流戦 Aくん(ビンタ→倒れたところに足蹴り

・2017年1月9日 X広場 交流戦 Bくん・Cくん(ビンタ2発以上)

・2017年1月14日 X広場 交流戦 Bくん(ビンタ→鼻血)

・2017年1月21日 X広場 交流戦 Bくん・Cくん(ビンタ)

・2017年1月29日 X広場 交流戦 Bくん(ビンタ2発以上)

・2017年2月19日 Yグランド 大交流会 Aくん・Dくん(動画あり)・Eくん・Fくん(鼻血)

・2017年2月25日 X広場 交流戦 Bくん・Cくん(ビンタ)

・2017年3月2日 Z市民運動公園 紅白戦 Bくん・Fくん(背後から不意打ち

・2017年3月4日 Vグランド 交流戦 Fくん(往復ビンタ)

・2017年3月5日 X広場 交流戦 Bくん(ビンタ→鼻血)

・2017年3月18日 X広場 練習中 Gくん(ビンタ2発以上→警察に通報され事情聴取

・2017年3月19日 X広場 交流戦 Bくん・Cくん(ビンタ)

・2017年4月1日 X広場 Bくん(ビンタ/熱があるのに投手やらせる)

・2017年4月23日 大会2回戦後 Bくん・Fくん(総監督のトレーニングシューズで頭叩く

・2017年6月24日 X広場 交流戦 Gくん(ビンタ)

・2017年7月17日 X広場 練習中 Hくん(ビンタ→頬に横10cmの傷

・2017年7月27日 Z市民運動公園 Gくん(ビンタ/動画あり)

・2017年7月30日 X広場 練習中 Iくん(ビンタ2発以上)

・2017年8月13日 Wグラウンド 練習中 Jくん・Kくん(ビンタ3発以上)

19回の記録のうち10回も執拗に暴力を受け続けている小学生も確認された。

出典:https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161775750/

罵声を浴びせるというくらいなら、ある程度仕方のないことだと思います。

運動部なんかだと普通にそれくらいのことは行われることはまだあるかもしれません。

それにしても、手や足が出るのはまずいですよ、さすがに。

ビンタや足蹴りどころか、殴られて倒れた子供を蹴り上げたり、スパイク靴で頭を殴るとか本当にあり得ない行為です。

明らかに傷害罪に該当するような悪質な行為でしょう。

警察に通報されたこともあるというのに、この監督さんは懲りなかったようであきれてしまいます。

スポンサーリンク

少年野球体罰の動画内容は?

この少年野球チームの監督の暴力行為を告発する動画は、2本アップされていたようです。

一本については、こちらに掲載されています。

もう1本については、youtubeによりガイドライン違反として削除されてしまったようですが、それだけ過激な暴力行為だったということかもしれません。

(2本目については、youtubeガイドライン違反に該当するような過激な動画であるとのことから、この記事では引用しませんが、上記動画の概要欄からリンクされているツイッターアカウントで公開されているとのことです。)

私も学生時代に運動部に所属していたことがありますし、暴力的な指導をしていたバスケットボール部を経験していますが、その指導者も今ではずいぶんやり方を変えているそうです。

体罰により指導するというのは、時代遅れでひどい行為だと感じます。

子供を持つ親になった現在の立場では、余計に嫌悪感を抱きます。

紛れもない犯罪行為ですから、警察に捕まって欲しいです。

我が子が野球の道で大成するようにと願ってのことなのかもしれませんし、子供自身が強くなるためにそれも我慢していたのかもしれませんが、親御さんはそのような行為をこれまでよしとしてきたのでしょうか。

個人的には、とてもいたたまれない感じがします。

■動画撮影者に暴行の実態を聞いた

今回の動画・リストを作成したのは、この少年野球チームの元関係者だ。本人に話を聞いたところ…

・リストは都道府県の軟式野球協会に見せるために作成し、実際に見せた。日時や対象の選手などの記憶が曖昧なものは省いているため、実際にはもっと多くの回数があった。

・体罰の理由のほとんどは動画のような理不尽なものだった。動画に映っていたものはましなもので、もっと酷いものが多数あった。

・選手が殴られるというのはあまりにも日常的なことだったので、感覚が麻痺しており、異常なことであるとは気づいていなかった

と、チームを離れてから「洗脳」がとけるかのように我に返ったのだという。

出典:https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161775750/

と書かれていたとおり、あのような暴力行為が指導の一環として常態化していて、親御さんもお子さんも感覚が麻痺してしまっていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

体罰のあった少年野球チーム名はどこで監督は誰?

今回問題になっている体罰のあった少年野球チームはどこなのでしょうか。

これだけ悪質な行為が常態化していた少年野球チームや、その指導者について気になります。

報道された内容からすると、

・プロ野球選手も輩出する強豪チーム
・全国優勝もしたことがある関西のチーム

とのことです。

SNSを調べてみると、名前が伏せられていても分かる人には分かるようで、『長曽根ストロングス』というチームとして特定されていました。

長曽根ストロングスは大阪府堺市の小学生を対象とした少年野球チームです。

1998年に創部され、大阪府少年軟式野球協会松原支部に所属していますが、高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会で全国最多6回の優勝を誇る強豪チームです。

そして、この長曽根ストロングスの監督は、熊田耐樹という人物です。


出典:http://nagasonestrongs.com/profile.html

少年野球の統括団体もこの問題を把握しているようですので、報道もされたことですし、今後監督への懲戒や事態の改善に向けて動きがあるかもしれませんね。

ただ、監督に対して懲戒などがあったとしても、頑張ってきた子供達の活躍の機会が奪われるなど馬鹿げたことのないように願いします。

今回もご覧頂いて、ありがとうございました。

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。