未分類

山本KID徳郁はどこの癌?癌の種類・発症部位の場所やステージはいくつか

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、格闘家の山本“KID”徳郁さんが癌で闘病中であることに関連して、どこの癌(発症部位)なのかということやステージについてです。

「神の子」と言われ人気の格闘家である山本“KID”徳郁さんのこの突然の告白にびっくりしたともに、いまどういう状況なのか気になったので、調査・考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

山本“KID”徳郁がインスタグラムで癌を告白

格闘家の山本“KID”徳郁さんが、インスタグラムで癌を告白したということが、ネットニュースで一斉に報道されました。

以下、引用します。

山本KID、がん闘病を告白「絶対元気になって、帰ってきたい」

格闘家の山本“KID”徳郁(41)が26日、インスタグラムを更新。がん闘病中であることを発表した。

「私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています」と告白。がんの種類については触れていないが「絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!」と強い決意をつづった。

実際に、山本“KID”徳郁さんのInstagramをご紹介します。

コメントや「いいね」の多さが山本さんがどれだけ多くの人に愛されてきたのかを物語っていますね。

(病気のこと自体に関しては「いいね」というのもどうかと思いますが、前向きに闘病されていこうとする決意なので、まあいいか。。。)

スポンサーリンク

山本“KID”徳郁はどこの癌?肝臓癌の可能性

山本“KID”徳郁さんは、どこの部位の癌なのでしょうか。

『癌』ということ以外、具体的なことはInstagramでは語られていなかったので、気になってしまいますね。。。

といっても、ご本人やごく親しい方以外は、詳細なことは分からないと思いますので、可能な範囲で推測・考察してみるしかありません。

この点、ある興味深い情報を見つけました。

刺青(タトゥー)のデメリット

刺青(タトゥー)を入れたことによるデメリットは数多く、日本の社会では刺青(タトゥー)は理解されておりません。早期治療をお進めします。

刺青でC型肝炎ウイルスの感染

肝炎のなかでもC型慢性肝炎は、C型肝炎ウイルスの感染により、長期にわたって肝臓の炎症が続き、肝臓の機能が悪くなる病気です。

初期症状はありませんが、10~30年で30~40%の方が肝硬変、さらには肝がんに移行するといわれています。長期間の炎症により肝臓の細胞が壊れ、線維化が進み、肝臓が硬くなった状態が肝硬変です。
(国立がんセンター がん対策情報センター 最新がん統計 2004年)

出典:http://www.tattoo-biyo.com/tattoo16.html

【いれずみ】 刺青/タトゥーを入れるのを躊躇するこれだけの理由

(1) 針を使いまわして肝炎やエイズになるおそれがある

血が出るので一応こういったリスクはあります。
ただ、さすがに最近はどの彫師の方も注意しているはずなので、刺青で肝炎になるリスクは相当低下しているはずです。
もちろん、リスクは0ではないですし、外国などで入れるというのであれば要注意というか、きちんとしたところでない限り入れるべきではないでしょう。

(2) 刺青のインクに重金属が含まれていて体に悪い

これは本当に体に悪い模様。
重金属が含まれていないインクを使う彫師の方を選ぶしかありません。
万が一重金属が体内に入ってしまうと、解毒しようと肝臓が一生懸命働いて、肝機能が低下したり最悪の場合病気になってしまうこともあるようです。

なお、重金属が体内に入ると、病院のMRIを利用する際にも支障が出ます。
MRIが原因でやけどをする可能性があるらしい。

ちゃんとしたインクを使えばこのようなリスクを回避できるようですが、最終的には病院の判断になるので、刺青を理由にMRIを断られても文句は言えないでしょう。

出典:https://www.step-law.jp/nice-legal/keijijiken/entry00048.html

山本選手は、体に大きくタトゥーが刻まれています。

入れ墨をする際には、針やインクなどを通じて肝臓の病気になるリスクがあるようですが、肝炎を放置すると肝硬変になり、さらには肝臓癌になる可能性もあるといいます。

山本選手の癌は肝臓癌であるという可能性が結構あるんじゃないかと想像します。

山本”KID”徳郁の癌のステージはいくつ?

癌がどれだけ進行しているかというステージについても公表されていませので心配ですね。。。

病状が軽ければ、ステージも含めて公表するのではないかという考えにたてば、もしかして結構進んでいたりしないかとかえって心配になります。

悪く考えたくもないですが。。。

ステージ3とか4とかでなく、まだ早い段階であればなぁと願います。

「病も気から」という言葉はよく聞きますので、山本選手の強い精神力で、病気も克服してくれることを願います。

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。