未分類

2018年8月10日地震発生時刻/時間は何時?南海トラフ地震発生予言の元ネタ内容とは

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで気になったことについて、独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

さて、今回取り上げるのはネット上で拡散している、2018年8月10日に大地震が起こると言われている件について、もし本当に地震が起こるのなら何時に起こるのかについてです。

何時に発生するのか発生時刻が分かっていればより備えやすいと思いますので、今回調べてみました。

ただし、私は個人的には2018年8月10日に大地震が発生するという情報はまったくデマだと考えています。(以下の記事で検証しています。)

横綱昇進の法則とは何?過去の歴代横綱で2018年8月10日地震説を検証してみた【相撲予言】

スポンサーリンク

2018年8月10日地震説の根拠

まずは、なぜ2018年8月10日に地震が起こると言われるているのか、その元ネタについてご紹介します。

まず、以下をご覧下さい。

白鵬 1985年3月11日生まれ
2007年横綱昇進 ⇒ 2011年3月11日東日本大震災

日馬富士 1984年4月14日生まれ
2012年横綱昇進 ⇒ 2016年4月14日熊本地震前震

鶴竜 1985年8月10日生まれ
2014年横綱昇進 ⇒ 2018年8月10日に大地震などの大天災が起こる?

これは、大相撲の力士の横綱昇進と大地震の発生の関連性を示しています。

力士が横綱に昇進した年の4年後のその横綱力士の誕生日の日に大地震が起こっているという「横綱昇進の法則」です。

「そんなバカな(笑)」

と思いますが、確かに白鵬が横綱に昇進した年の4年後の白鵬の誕生日が2011年3月11日で、東日本大震災が発生しています。

そして、日馬富士が横綱に昇進した年の4年後の日馬富士の誕生日が2016年4月14日で、熊本地震の前震が発生しています。

このように、大相撲の力士が横綱に昇進した年の4年後のその横綱力士の誕生日に大地震が発生しているのです。

このことから、鶴竜が横綱に昇進した2014年の4年後の鶴竜の誕生日2018年8月10日に大地震が発生すると言われています。

相撲と地震が関係などあるはずないと思ってしまいますが、2人続けて同じルールに従って、ドンピシャで大地震が発生しているというのはさすがにびっくりしますよね。。。

スポンサーリンク

2018年8月10日に南海トラフ地震が発生するという噂がネットで拡散

政府は、今後30年以内に南海トラフ巨大地震という大地震が高確率で起こるとして、警戒しています。

南海トラフ巨大地震は、次第に国民にも認知度が高まってきたことともあって、「横綱昇進の法則」により2018年8月10日に地震が起こるという噂とこの南海トラフ巨大地震が結びつけられて、SNSを中心に拡散しています。

※関連記事
南海トラフ巨大地震とは何?発生確率と被害想定(震度や津波等)規模予想

この手の大地震の予言って、本当にたくさんありますよね(笑)

このブログでも過去に類似した地震予言について紹介してきました。

※関連記事
2018年6月24日東海地震/南海トラフ地震予言は本当?デマで嘘?【鈴木えりかブログ】

2018年6月21日南海トラフ地震発生時刻は何時?ジュセリーノ予言内容は?

5月23日南海トラフ地震予言 発生時刻(時間)が示すデマ・嘘の根拠

結果的に、全て外れてただのデマだった訳ですけども(笑)

それにも関わらず、近年ではインターネットの発展によりあっという間に拡散していきますね。

でも、いつ起こってもおかしくないとされる南海トラフ巨大地震と相まって、地震予言の類いの話題には世の中の関心は相当高いのだと思います。

スポンサーリンク

2018年8月10日地震発生時間は何時何分?

それでは、ここからは問題の2018年8月10日の地震発生時刻についてですが、色々と調べて見ましたが、具体的な発生時刻にまで言及した情報は見つけられませんでした。

前もって、発生する時刻が分かっていればより対策もしやすいとは思いますが、時刻までは不明のようです。

ということで、もし2018年8月10日に大地震が起こるという情報を信じて備えるのなら、

・自宅リビング
・自宅寝室
・職場
・移動中

など、どんなタイミングで起こっても大丈夫なように備えておくしかないでしょう。

私は、この記事の冒頭でお伝えしたとおり、2018年8月10日に大地震が発生するという情報はまったくデマだと考えています。(以下の記事で検証しています。)

横綱昇進の法則とは何?過去の歴代横綱で2018年8月10日地震説を検証してみた【相撲予言】

ですが、今後30年以内に8割方起こると言われる南海トラフ巨大地震は、いつ起こってもおかしくないと言われています。

※関連記事
南海トラフ巨大地震とは何?発生確率と被害想定(震度や津波等)規模予想

そのことを考えれば、別に2018年8月10日に実際に大地震が起ころうが起こるまいが、いつ地震が来ても良いように普段から備えておくことは大切なのではないでしょうか。

ですので、地震の予言の内容を見てあたふたとしたり、恐れるだけで落ち込むのではなく、実際に起ってしまったときのことを想定して、防災対策を考えるための機会とするのがよいのではないでしょうか?

こういうのって、入念に準備するほど、ただの取り越し苦労に終わって、その準備が無駄になるような気がしますので、大地震を起こさないためにも、地震対策の準備を周到にしてはいかがでしょうか。

我が家でも先日、非常用持ち出し袋を用意しました^^

防災士の方が監修された商品なら安心ですね^^
おしゃれでかっこいいのもポイントです。

今回もご覧頂いて、ありがとうございました。

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。