スポーツ

瀬古利彦のセクハラ発言の内容は何?相手の女子アナウンサー(被害女性)は誰?【週刊文春で報道】

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事の中で気になったことについて、独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、早速参りましょう!

さて、今回取り上げるのは、日本陸連の理事の瀬古利彦氏がテレビ局関係者(アナウンサー)に対してセクハラ発言をしたと言うことについてです。

報道では、詳細なところが伝えられておらず、いったいどんな内容の発言をしたのか、またセクハラ被害を受けた相手は誰なのかが分かりませんでしたので、自分なりに考察してみました。

スポンサーリンク

瀬古利彦がテレビ局関係者にセクハラ発言

まずは、どのような報道だったのか、ニュース記事を引用してご紹介します。

瀬古氏がセクハラ発言=日本陸連が厳重注意

日本陸連の理事でマラソン強化戦略プロジェクトリーダーを務める瀬古利彦氏(62)が女性に対してセクハラ発言をし、陸連から厳重注意を受けていたことが7日、陸連への取材で分かった。陸連によると、テレビ局関係者との打ち合わせの際に不適切な発言をした。

瀬古氏は実業団のDeNAで総監督を務めており、同社から厳重注意を受けた。陸連の聞き取りに対しては事実を認め、「申し訳ない。迷惑を掛けた」と反省しているという。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00000125-jij-spo

瀬古利彦が女子アナにセクハラで厳重注意

日本陸上競技連盟の理事で、2020年東京五輪に向けた陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダーを務めている瀬古利彦氏(62)が、女子アナにセクハラをし、厳重注意を受けていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

関係者によれば、今年4月、瀬古氏はハーフマラソンの解説を担当後、関係者との飲み会に参加。そこにいた女性アナウンサーに対し、セクハラ発言をした。女性アナウンサーがテレビ局に訴え、関係者が異動になるなどしたという。

瀬古氏に聞くと、「セクハラ?! 覚えてないよ、そういうこと」。

瀬古氏が現在総監督を務める横浜DeNAランニングクラブに事実関係を詳しく質問すると、「発言があったことは事実です。瀬古本人には厳重に注意しました」と認めた。

瀬古氏のセクハラの内容や、直撃の様子などの詳細は、8月8日(水)に発売される「週刊文春」で報じられる。

出典:https://news.nifty.com/article/item/neta/12113-068501/

こういうのって、時には相手を陥れるためにえん罪が発生したりすることもあると思いますが、報道によれば、陸連からの聞き取りに対しては瀬古さん自身もセクハラ発言があった事実は認めているようですね。

スポンサーリンク

セクハラ発言の内容は何?相手は誰?

セクハラ発言の内容は何か

セクハラ発言というのはいったい何を言ったのでしょうか?

 瀬古氏のセクハラの内容や、直撃の様子などの詳細は、8月8日(水)に発売される「週刊文春」で報じられる。

出典:https://news.nifty.com/article/item/neta/12113-068501/

とありましたので、週刊文春紙面ではより具体的な内容が判明するかもしれません。

しかしながら、被害者もあることですから、あまり詳細なことまで踏み込んで報道されない可能性もあるかもしれませんが・・・

瀬古さん自身は、陸連からの聞き取りの際にはセクハラの事実を認めていたようですが、週刊文春から取材をうけた際には、「覚えていない」と言っていたとのことですので、とぼけているのか、もしかしたらかなりお酒が入っていたりして記憶が飛んでいたのかもしれません。

もしくは、瀬古さんとしてはセクハラと認識せず、ごく軽いノリで言ったつもりだったのかもしれませんが、被害女性にとっては許しがたかったのでしょう。

セクハラ発言の被害女性のアナウンサーは誰?

既に引用した記事では、テレビ局関係者とする記事もありましたが、週刊文春の記事では被害女性は女子アナであるとのことです。

では、瀬古氏からセクハラ被害を受けたアナウンサーというのは誰でしょうか?

今年4月、瀬古氏はハーフマラソンの解説を担当後、関係者との飲み会に参加。そこにいた女性アナウンサーに対し、セクハラ発言をした。

出典:https://news.nifty.com/article/item/neta/12113-068501/

ということですので、この瀬古さんが解説を務めた大会を特定できればより絞り込めそうです。

調べてみたところ、

第8回 高橋尚子杯 ぎふ清流ハーフマラソン
2018年4月22日(日)午後2時24分から

実況:久保田光彦
解説:瀬古 利彦

今年で8回目を迎える「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」の模様を中継録画。

国際陸連が世界の主要ロードレースを格付けするラベリング制度で、最高位のゴールドラベルに位置づけられる大会として注目度が増している国内有数のハーフマラソン。男子招待選手では59分台の記録保持者3人が参戦。大会初の60分切りの記録に期待がかかる。市民ランナーの星として第1回大会から8年連続8回目出場の川内優輝が、かねてから目標に掲げている10位以内でフィニッシュするかも見もの。

出典:https://tv-aichi.co.jp/gifu-marathon/

瀬古さんが解説を務めるハーフマラソンの番組がテレビ愛知で放送されていました。

ということで、被害女性のアナウンサーはテレビ愛知の女子アナである可能性が高そうです。

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。