未分類

ディズニースカイ計画(空)の新アトラクション予想!嘘・都市伝説じゃなかった第3のパーク!


どうも、颯介です!

今回も、日々の出来事などの中で、気になったことについて、独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回気になったのは、東京ディズニーリゾート第3のパークについてです。

なんと、報道された内容によると、この新しい第3のパークの名前の候補として、「ディズニースカイ」も挙がっているとか。

ネット上で噂や都市伝説として扱われていた「ディズニースカイ」の名称での新テーマパークが実現するかもしれません!

※このディズニースカイ(仮称)のことについて、別記事でも書いているので、よろしければ、そちらもご覧下さい。

ディズニースカイ計画の内容概要!場所と開園時期はいつ?土地はどうする?

さて、ここでは、このことに関連して、ディズニーの第3パーク「ディズニースカイ(仮称)」では、どんな新しいアトラクションや施設などが誕生するのかについて、個人的に予想してみたいと思います!

スポンサーリンク

今回「ディズニースカイ」を報道した毎日新聞の記事

はじめに、ディズニーの第3のパーク「ディズニースカイ」について報道した毎日新聞の記事を紹介しておきますね!

東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドは、建設準備を進めている第3のパークのテーマを「空」にすることで検討に入った。空や宇宙をテーマにしたアトラクションやエリアの建設を検討しており、名称を「ディズニースカイ」とする案などが浮上している。2019年度に着工し、3年間かけて建設して22年度の開業を目指す。

出典:2018年2月4日付け毎日新聞

とあります。

ネットニュースでは、場所について示されている画像がありましたので、引用します。

出典:https://mainichi.jp/articles/20180204/ddm/041/020/137000c

いまの駐車場の場所に、第3のパークを建設するというのですね。
ちょっと、この図を見る限り、ディズニーランド・ディズニーシーよりも狭い敷地になりそうです。

スポンサーリンク

オリエンタルランドは報道を否定!

ただし、東京リゾートを運営している会社「オリエンタルランド」は、今回の毎日新聞の報道を否定しています。

東京ディズニーリゾート®の拡張等に関する一部報道について

2018 年 2 月 4 日付の一部報道において、東京ディズニーリゾートの拡張等に関する記事が掲
載されましたが、当社として発表したものではありません。
なお、2016 年 4 月 27 日に発表いたしましたリリース「東京ディズニーランド®/東京ディズ
ニーシー® 今後の開発計画について」に記載のとおり、2021 年度以降の開発方針につきまして
は、東京ディズニーリゾート全体の価値向上に向けたさまざまな検討を進めております。

出典:オリエンタルランドホームページ

う~ん、実際のところはどうなのでしょうね?

今回の報道は、ネットニュースだけでなく、毎日新聞の本紙にも掲載されています。

火のないところに煙は立たない」と言います。

毎日新聞も、何らかの情報を得て、ある程度の根拠があってこそ、建設予定の場所や着工や開業のスケジュールの具体的な数字まで出しているのだと思います。

ただ、オリエンタルランドとしては、あまりにも報道が一人歩きして、計画の幅や可能性を狭めてしまうことを危惧して、上記のように釘をさしている感じなのではないかと予想しています。

スポンサーリンク

ディズニースカイの新アトラクションを予想!

上記のように、まだまだ不明な点が多い、「ディズニースカイ」ですが、もし本当に実現するとしたら、どんなアトラクションが新しく生まれるのかが気になるところですよね?

そこで、ここからは、ディズニースカイが実現した場合、どんなアトラクションが実現するのか個人的に予想してみたいと思います^^

今回の報道により、示されたエリアは、既存のディズニーランドやディズニーシーに比べるとずいぶん狭いスペースのようです。

土地上、場所上の制約があることを考えると、新しく設置されるアトラクション等は、もしかしたら、そんなに数は多くないのかも知れません。

空や宇宙をコンセプトにするのであれば、いろいろと考えられそうです。

スターウォーズ

2012年からスターウォーズの権利はディズニーに移っています。
熱心なファンも多いですし、大人も大いに楽しめます。
空や宇宙をテーマにするのであれば、やはりスターウォーズに関するアトラクションはきっと登場するんじゃないかなと思います。

アラジンの魔法の絨毯

ディズニーシーにすでにありますが、空をコンセプトにするなら、アラジンの魔法の絨毯も外せないのではないでしょうか?
ディズニーシーと違った形で、アラジンの魔法の絨毯のアトラクションが登場するかもしれません。

カールじいさんの空飛ぶ家

カールじいさんの空飛ぶ家のアトラクションもできるんじゃないかなぁ?
個人的には、家に乗って、空の旅をするというのは面白いかなぁと思います^^

空飛ぶダンボ

ディズニーランドに「空飛ぶダンボ」は既にありますが、空をコンセプトにしたディズニースカイにも、ディズニーランドと違った形で、ダンボのアトラクションが登場するかもしれません。

アナと雪の女王

アナと雪の女王の人気がかなり高いようですので、ちょっと空とは関係ないかもしれませんが、人気のある作品ですので、何らかの形で取り入れられるかもしれません。
お城なんかは登場するので、城であれば、展望的な要素もあるので可能性もあるのではないでしょうか?

ピーターパン

ピーターパンもディズニーランドに既にありますが、空をコンセプトにしたディズニースカイにも、ディズニーランドと違った形で、ピーターパンのアトラクションが登場するかもしれません。

塔の上のラプンツェル

塔の上のラプンツェルも人気です。
こちらも直接は空とは関係がないのかもしれませんが、塔が登場しますので、同じく展望的な要素がありますので、可能性もあるのではないかと思います。

ベイマックス

ベイマックスも人気です。
うちの子供もベイマックスが好きです(笑)
ベイマックスは、一応を空を飛ぶシーンがあったりしますので、「空」がコンセプトのディズニースカイに登場しても不思議ではないかもしれません。

飛行機

飛行機の実機を置いたりすると面白いかもしれません。

今回の毎日新聞の報道にも「宇宙旅行やジェット機での飛行を疑似体験できるアトラクションの導入などを検討している。」とありました。

飛行機の操縦体験ができるようなコンテンツがあれば楽しそうですし、飛行機の機体に、ディズニーキャラクターをペイントすれば、喜ぶファンも多いのではないでしょうか?

スペースシャトル

今回の毎日新聞の報道に「宇宙旅行やジェット機での飛行を疑似体験できるアトラクションの導入などを検討している。」とありました。

スペースシャトルの操縦体験ができるようなコンテンツがあればまちがいなく楽しいですね!

ロープウェイ

高低差が必要な点や設置場所の面で実現可能性は低いと思いますが、ディズニーキャラクターをコンセプトにしたロープウェーなんかが、園内の移動手段などとして面白いかもしれません。

モノレール

高架を設置する必要がありますが、こちらも園内の移動手段などとして登場すれば面白いかもしれません。

スポンサーリンク

もしかしたらジブリ作品もディズニースカイのアトラクションに!?

もしかしたら、宮崎駿監督をはじめとしたスタジオジブリの作品もディズニースカイのアトラクションとして登場することになるかもしれません。

というのも、ディズニーとスタジオジブリは仲が良いからです。

「トイストーリー3」には、実は、トトロがぬいぐるみの仲間として友情出演していたりします。

また、スタジオジブリの事務所には、モンスターズインクのキャラクターがトトロと一緒にバス停で傘を一緒にさす絵が飾られているとか。

『トイ・ストーリー3』の中にはトトロがぬいぐるみの仲間として友情出演していたり、スタジオジブリの事務所には、ファン垂涎のモンスターズ・インクのサリーとマイク、そしてトトロがバス停で傘を一緒にさしている絵が飾られているほど。

出典:https://cinema.ne.jp/recommend/ghibli-pixar2016070717/

実際、近年では、様々な企業間のコラボレーションが盛んに行われる様になっています。

コラボレーションすることによって、異なる層のターゲットを集客することもできますし、お互いの弱みを補いあい、強みを活かすことができます。

こうしたコラボレーションが流行っている時代性を考えると、あっと驚くサプライズとして、ディズニーとジブリのコラボももしかしてあったら面白いな~と思うんですね。

ただし、以下のように、ジブリはジブリで、以下の通り2020年代初頭の開業を目指して、愛知県でジブリパーク(仮称)を設置する方向で進んでいるようです。

 愛知県は10月31日、5月から始まった「ジブリパーク(仮称)」を造るという構想に向け、「ジブリパーク構想推進室」を11月1日から設置すると発表した。2020年代初頭の開業を目指し、公園の利用状況調査や自然環境に関する現状分析を進める。

出典:https://resemom.jp/article/2017/10/31/41111.html

このことを考えると、ジブリパークとの兼ね合いで、ディズニースカイではジブリ作品のアトラクションは見られないかもしれません。

ディズニーもジブリも世界的に愛されるキャラクターや作品だらけですので、インバウンド(訪日外国人)需要を取り込むこともできますし、子供から大人まで楽しめるので、コラボしたら相当強力になっていいんじゃないかなと。

とはいえ、先述のジブリパークのこともありますし、実現はそんなことにはならないかもしれませんね。

組んだらおもしろいな~というただの妄想ですね(笑)

ここからは、もしディズニーとジブリが組んだ場合のディズニースカイで設置される可能性のあるアトラクションを予想してみます^^

スポンサーリンク

天空の城ラピュタ

「天空の城」なんて、まさに!って感じですね(笑)
空に浮かぶ島ラピュタをアトラクションにしたら、とっても楽しそうです!

魔女の宅急便

魔女の宅急便といえば、空飛ぶホウキですね!
空飛ぶホウキのアトラクションというのももしかしたらあり得るかもしれませんね^^

紅の豚

「飛べない豚はただの豚」のセリフは有名ですね。
この作品も空をテーマとするディズニースカイにはぴったりのような気がします!

となりのトトロ

トトロもサツキとメイを載せて、空を飛んでいました。
トトロのお腹に入って空を飛ぶアトラクションがあったら楽しそうですね~

こうしてみるとジブリ作品って結構空を飛ぶ系多いですね!
「風立ちぬ」は、ディズニーとはちょっと世界観が違いすぎるように思ったので、挙げませんでした。

まあ、多分、ジブリパークとの兼ね合いがありますので、こんなことにはならないと思いますが、もし実現したら面白いなと思って勝手な妄想を繰り広げました(笑)

スポンサーリンク

【参考】東京ディズニーランド・東京ディズニーシー今後の開発計画について

東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドは、

「東京ディズニーランド/東京ディズニーシー今後の開発計画」

についてという文書を2017年9月22日に発表しています。

この記事の上の方で、毎日新聞の今回のディズニースカイ報道に釘をさした広報文書を引用しました。

こちらですね!

東京ディズニーリゾート®の拡張等に関する一部報道について

2018 年 2 月 4 日付の一部報道において、東京ディズニーリゾートの拡張等に関する記事が掲載されましたが、当社として発表したものではありません。
なお、2016 年 4 月 27 日に発表いたしましたリリース「東京ディズニーランド®/東京ディズ
ニーシー® 今後の開発計画について」に記載のとおり、2021 年度以降の開発方針につきまして
は、東京ディズニーリゾート全体の価値向上に向けたさまざまな検討を進めております。

出典:オリエンタルランドホームページ

「東京ディズニーランド/東京ディズニーシー今後の開発計画」についてという2017年9月22日付けの発表は、この中に出てくる「2016年4月27日発表の開発計画」を一部修正したもののようです。

株式会社オリエンタルランドが公式に発表している計画について参考にご紹介したいと思います。

東京ディズニーランド/東京ディズニーシー
今後の開発計画について(2017年9月22日)

1.東京ディズニーランドの施設開発計画
現在トゥモローランドにある「グランドサーキット・レースウェイ」や「スタージェット」、一部の飲食施設、商品施設をクローズし、ファンタジーランドの新エリアとして大型アトラクションを有する「美女と野獣エリア(仮称)」や、ライブエンターテイメントシアターをオープンさせるほか、隣接するトゥモローランド、トゥーンタウンに新規アトラクション、新規キャラクターグリーティング施設を導入します。これら新規エリア/新規施設の開発に向けた総投資額は 750 億円レベルとなる見込みです。

2.東京ディズニーシーの施設開発計画
メディテレーニアンハーバーに、シミュレータータイプの大型アトラクションを導入します。
また、このほかにもアトラクションやエンターテイメントプログラムの刷新やリニューアルを実施する予定です。

出典:株式会社オリエンタルランドホームページ

東京ディズニーランドでは、美女と野獣エリア(仮称)やライブエンターテイメントシアターという劇場や新規アトラクションのオープンなどが計画されているようです。

東京ディズニーシーでも、大型アトラクションの導入や各種リニューアルが計画されているのですね。

東京ディズニーランドも東京ディズニーシーも、公式発表ではこのような形で今後の開発が計画されているのですね!

スポンサーリンク

東京ディズニースカイの毎日新聞記事はデマ・飛ばし記事なのか!?

この公式発表されている既存の東京ディズニーランドや東京ディズニーシーの開発計画とディズニースカイがどう絡んでくるかが気になります。

既存のディズニーランド、ディズニーシーの計画と並行して、さらにディズースカイの計画が新たに進んでいくのか・・・

それとも、既存のディズニーランド、ディズニーシーの計画を一文変更して、ディズニースカイに取りいたりするのか・・・

はたまた、そもそも、ディズニースカイは株式会社オリエンタルランドが、

2018 年 2 月 4 日付の一部報道において、東京ディズニーリゾートの拡張等に関する記事が掲載されましたが、当社として発表したものではありません。

出典:株式会社オリエンタルランドホームページ

と言っているとおり、株式会社オリエンタルランドの思惑とはまったく異なる単なるデマにすぎないのか・・・

掲示板サイトで、「これは毎日の飛ばし記事!」と言っている人がいました。

毎日新聞の今回の報道はただの飛ばし記事だったのでしょうか。

※飛ばし記事・・・裏付け取材に基づかず、記者などの憶測によって書かれた不正確な記事。

とはいえ、

2021 年度以降の開発方針につきましては、東京ディズニーリゾート全体の価値向上に向けたさまざまな検討を進めております。

出典:株式会社オリエンタルランドホームページ

という記述からは、今後の様々な可能性の余地を残していますので、まだ公式発表の段階にないものの、水面下でディズニースカイの計画が進んでいる可能性はあり得ると思います。

そもそも、すでに述べましたが、今回の毎日新聞による報道では、年数まで示した具体的なスケジュールや構想のある程度具体的な記述が見られます。

こんな記事はさすがにまったくのデタラメで書けるはずが無いと思うんですね。

同社の関係者は、「ディズニーシーのように世界に一つしかないパークを造りたい」として、ディズニーリゾートとして世界で初めて「空」をテーマに据え、宇宙旅行やジェット機での飛行を疑似体験できるアトラクションの導入などを検討している

出典:2018年2月4日付け毎日新聞

 

とあるとおり、公式発表ではないものの、「同社の関係者」から取材して報道しているわけです。

こういった事情を考えると、私は、名称が「ディズニースカイ」になるかどうかは、まだまだわかりませんが、第3のパークの計画があるのは真実なのではないかと個人的に思います。

最後に

以上、まったくもって個人的な予想をしてみました。

妄想もたくさん含まれる、あまり根拠のないものばかりで大変申し訳ありませんでした^^;

まだまだどうなるかわかりませんが、「ディズニースカイ」、ぜひとも実現して欲しいですね!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。