未分類

2018年6月24日東海地震/南海トラフ地震予言は本当?デマで嘘?【鈴木えりかブログ】

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、2018年6月23日か24日に東海地方を中心とした地域で大きな地震が発生するという、鈴木えりかさんの予言についてです。

鈴木えりかさんは、大阪府北部地震が起った2018年6月18日の前日に、地震の発生する場所まで指定して言い当てていました。

このことから続いて予言された『2018年6月23日か24日』の地震予知が本当なのかどうかに注目が集まっています。

※関連記事
2018年6月24日(23日)地震発生時刻は何時?鈴木えりか予言/予知内容とは【占いは当たる?】
2018年6月21日東海地震/南海トラフ巨大地震の予言は本当?デマで嘘?【大阪府北部地震】
2018年6月21日南海トラフ地震発生時刻は何時?ジュセリーノ予言内容は?

スポンサーリンク

鈴木えりかの地震予言とは何?大阪府北部地震の発生を言い当てた?

鈴木えりかさんは、元小悪魔アゲハのモデルで、現在はタロット占いを行う占い師として活動されていて、ブログやInstagramなどのSNSでも発信されています。

鈴木えりかさんは、占い師として活動されているとおり、未来を見通したりできる特別な力をお持ちのようです。

2018年6月17日のブログ記事で、翌日2018年6月18日に発生した大阪府北部地震を予言していたというのです。

以下、鈴木えりかさんのブログ記事より引用してご紹介します。

大阪府北部地震の発生を言い当てた鈴木えりかさんのブログ記事

※2018年6月17日23時50分に投稿された鈴木えりかさんのブログ記事より

地震予言。見たい人だけ見てね。

今日、大きめの地震きたけどこれほんとに本震かなあって思った


(中略)

ってことでインスタでアンケートとったら94%だったから

一応、わたしの地震予想をかいておくね。

はい、が多かったので書くね。

けど自然に起こるものだとはおもっていなくて、だからこそ予言を公開して広まれば広まるほど的中率は下がると思う。意味は想像に任せる。誰かが広げてくれて良い意味で私の予想が裏切られること、それを願って込めて書くね。

無責任であり、自己責任。読んだ後は個々の解釈でよろしくお願いします。

読んだ後、責任を押しつけそうな方、こわくなりそうな方は読まないで下さい。

対策をしようと前向きに考えられる方だけに届けさせていただきたいです。

同意の上に読んでね。

わたしの予想、広い範囲だとこんなかんじ

赤い点があるところが強く揺れる気がする

(この赤い点の1つが大阪府近辺にあります。)

画像クリックすると赤い点みやすいかも。

けど、いちばん気になるのはココの範囲

(関西を中心とした範囲に地震が来ることを指摘しています)

東海、関東よりも先に四国にくるか、もしくは被害が大きい。

東海地震に関していえば、静岡静岡と言われてるけどわたしの中では静岡は被害があっても震源地は別の県だとおもう。

けど日本が最大被害うけるのはオリンピックをすぎて2021年あたりから。

2021年から小さなことが起き始め2025年に凄く大きな出来事が起こるとおもう。

そう考えると関東とかはその年じゃないかな。

って書いておいて、この予想が外れてもどこかしらに来るから油断は禁物だよ

予言って公開してたくさんの人が知って広まると的中率下がるからこれは当てたくて書いてるわけじゃなくて、外れてほしいから書いてるし、対策の必要性を忘れてほしくないから届けてます。

今回の地震が前震でありませんように、もしくは前震でなくなりますように。

あ、あと今月くるくる言われてるってDMもらったんだけどもしも今月でっかいのくるなら24日もしくは23日

それ以外は大丈夫なはず

出典:http://blog.crooz.jp/erikamen/ShowArticle/?no=4170

スポンサーリンク

6月23日か24日に大地震が起こるとの予言がSNSでいっきに拡散

上記の引用記事にあるように、鈴木えりかさんは、関西方面での地震の発生をその前日に言い当てていました。

そのため、鈴木えりかさんの予言は当たるのではないかと注目され、

今月でっかいのくるなら24日もしくは23日

という、6月24日または6月23日の大地震発生の予言があっという間にSNSで拡散されていました。

スポンサーリンク

鈴木えりかの地震予知はデマの嘘?それとも本当なの?

実際のところ、鈴木えりかさんの今回の地震予知は本当に当たるのでしょうか?

それとも、ただのデマで嘘なのでしょうか?

まず、そもそも鈴木えりかさんの占いがあたるのか評判を調べてみましょう。

SNSを調べてみると、それほど数は多く見つかりませんでしたが、鈴木えりかさんの占いは当たるという評判を見つけることができました。

また、大阪での地震発生を言い当てていたことを考えると、確かに未来を見通す何かしらの力がおありなのかもしれません。

ただし、世の中には、星の数ほどの予言の類いがあり、それこそ、その予言通りになっていたら、毎日のように天変地異や人類滅亡が起ってしまったりします(笑)

鈴木えりかさんの予言もそれらの巷にあふれる予言の1つに過ぎず、たまたま偶然であたっただけという見方もできると思います。

このあたりは、情報を受け取る人の受け止め方次第ですよね。

結局のところは、

『信じるか信じないかはあなた次第』

というところではないでしょうか。

ただ、鈴木えりかさんの発信の姿勢を見ていると、

『たとえインチキと言われようとも外れることを願う』

という旨のことまで言われていて、本当に世間のために信念と勇気を持って発信されているのだと思います。

何かとすぐに炎上とか批判が飛び交う世の中ですので、批判の的になるようなことを生半可な気持ちで言わないと思います。

まわりはどう感じてどう受け止めようと、鈴木えりかさんご本人は嘘をついたりするのでなく、極めてマジメに地震の予言を発信されているのだと思いました。

スポンサーリンク

外れる可能性が出てきました

しかしながら、鈴木えりかさんの予言は外れる可能性も出てきています。

鈴木えりかさんは、

そして、あと2回大きく揺れる気がする。

一回ワンクッション挟まれるとおもう

これが日にちなのか時間なのかはっきりしないけど

1回目は20日、の後~22日まで小さく動いて本震は24日。

出典:http://blog.crooz.jp/erikamen/ShowArticle/?no=4171

という内容を別の記事で記載されていますが、「あと2回大きく揺れる、1回目は20日」という部分は外れていると思います。


http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/entries_by_date?date=20180620

上記のとおり、6月20日に起こった地震で最大と思われるものは、

・福島県で起ったマグニチュード4.0・最大震度3の地震
・北海道で起ったマグニチュード4.1・最大震度3の地震

です。

しかしながら、この規模の地震は、日本では毎日のようにどこかで起っているレベルのものですので、鈴木えりかさんが6月20日に起こると想定していた大きな地震は起らなかったのだと思います。

この事実を受けて、『はじめからデタラメだった』と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

もしかしたら、鈴木えりかさんが

(地震は)自然に起こるものだとはおもっていなくて、だからこそ予言を公開して広まれば広まるほど的中率は下がると思う。意味は想像に任せる。誰かが広げてくれて良い意味で私の予想が裏切られること、それを願って込めて書くね。

と書いていたとおり、多くの人がSNSなどで鈴木えりかさんの地震予知の情報を拡散してくれたので、的中率が下がってきたのかもしれません。

「意味は想像に任せる」ということで、鈴木えりかさんご本人は詳しくは説明されていませんが、おそらく、各個人の潜在意識の集合体(集合無意識?)が現実に影響を及ぼして発生するのが地震のメカニズムであり、多くの人に地震予知が知れ渡ることによって、それがゆがめられたのかなと思いました。

※眉唾に思われる方もいらっしゃるかもしれませんし、その方面に詳しい方からしたら表現や言葉遣いがおかしいところがあるかもしれませんが、ご容赦くださいませ。

私は、もちろん、誰もが外れてくれることを願っていると思います。

(きっと外れます。)

しかしながら、予言が外れようと、大きな地震はいつ発生してもおかしくないようです。

気象庁も

大阪地震、今後1週間は警戒必要

大阪府の震度6弱の地震を受け、気象庁は18日午前、松森敏幸地震津波監視課長が記者会見し、今後1週間程度は震度6弱程度の地震が起こり得るとして警戒を呼び掛けた。南海トラフ巨大地震との関連については「今回の地震の震源地や地震の規模を考えると、直接影響を与えるとは考えにくい」と説明した。

出典:https://jp.reuters.com/article/idJP2018061801001783

のように、大阪府北部地震後しばらくは大きな地震が起こる可能性があることを伝えています。

実際に、2011年の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)や2016年の熊本地震でも、規模の大きな地震(前震)の数日後に本震が来ました。

また、南海トラフ巨大地震は、30年以内に80%以上の確率で起こるとされていますが、これは言い換えるといつ起ってもおかしくないということです。

こうした予言に右往左往するのではなく、本当に起ってしまったときのことをシュミレーションし、備える機会とするのがよいのではないでしょうか?

こういうのって、しっかりと準備したら、返って取り越し苦労でその準備が無駄になるような気がしますので、大地震を起こさないためにも、地震対策の準備を周到にしてはいかがでしょうか。

我が家でも先日、非常用持ち出し袋を用意しました^^

防災士の方が監修された商品なら安心ですね^^
おしゃれでかっこいいのもポイントです。

※関連記事
2018年6月24日(23日)地震発生時刻は何時?鈴木えりか予言/予知内容とは【占いは当たる?】

今回もご覧頂いて、ありがとうございました。

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。