未分類

2018年6月21日南海トラフ地震発生時刻は何時?ジュセリーノ予言内容は?

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事の中で気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまりましょう!

さて、今回取り上げるのは、2018年6月21日に日本で巨大な地震が起こるというブラジルのジュセリーノ氏の予言に関して、もし地震が本当に起るとしたら、6月21日の何時に起こるのかということについてです。

予言が示す地震は、南海トラフ大地震ではないかと疑われます。

南海トラフ地震は、今後30年以内に発生する確率が8割以上あり、東日本大震災を上回る甚大な被害を当たるとされる太平洋沖を震源とする地震です。

※関連記事
2018年6月21日東海地震/南海トラフ巨大地震の予言は本当?デマで嘘?【大阪府北部地震】
2018年6月18日大阪府北部地震は南海トラフの前兆/前震で関係ある?
南海トラフ巨大地震とは何?発生確率と被害想定(震度や津波等)規模予想

予言が的中するのかどうかは分かりませんが、もし本当に的中して6月21日の何時に起こるのかを事前に知ることができれば、より対策もしやすいと思ったので調べてみました。

スポンサーリンク

ジュセリーノ氏の予言の内容は?6月21日の地震発生時刻は何時?

6月21日の何時に地震が起るのかを知るために、数十年以上にわたって、数万件以上にも及ぶ予言を残してきたブラジルの予言者ジュセリーノ氏の予言を紹介します。

◎ ジュセリーノ予言年表(2008年4月から2050年まで)

2018年06月 6月21日に日本の東海地方でマグニチュード10.6の超巨大地震が起きます。
出典:http://oriharu.net/jjucelino_public.htm#2016

まず、ジュセリーノ氏の日本公式サイトと思われるJNL(Jucelino Nobrega da Luz.)日本事務局のホームページから引用してご紹介しました。

これによると、6月21日に日本の東海地方でマグニチュード10.6の地震が起こると言います。

ここでは、具体的な発生時刻までは言及されていないようです。

その他、ジュセリーノ氏の公式サイトに

・2018年6月の予言について言及したページ
・2018年6月18日の大阪府北部地震を受けて更新したページ

がありました。

これらについても、Google翻訳を頼りに日本語変換(原文はポルトガル語)して読み取ってみましたが、どうも具体的な発生時刻については言及している箇所はなさそうでした。

ということで、実際のところ何時までかということは不明です。

しかしながら、予言が的中しようとしまいと、南海トラフであろうと、大阪など関西近辺を震源とする直下型地震であろうと、これまでの大地震では必ずと言っていいほど、前震が起っていたことを考えると、いずれにしても当面の間は最大限に大規模地震への警戒をしておいたほうが良いと思います。

以下、ジュセリーノ氏の公式サイトで2018年6月21日の巨大地震の予言について言及しているページの原文及び翻訳と私なりの解釈を掲載しておきますので、よろしければ合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク

2018年6月の予言

続いて、最近掲載された2018年6月の予言についてまとめて言及しているページからご紹介します。

以下の文章は、ジュセリーノ氏の公式サイトからの引用です。

ジュセリーノ氏は、ブラジル人であるため、原文はポルトガル語になっています。

ちんぷんかんぷんですので、Google翻訳による日本語訳を掲載します。

【ポルトガル語原文】
Previsões para junho de 2018

5 Um terremoto 7. 0 pode atingir o Japão ,causar vários danos . e ainda podendo ter um ciclone tropical, com mortes e danos;.
Há possibilidades de um grande terremoto de 8.0 à 9.0 em 21 de junho de 2018 ,( se não acontecer nessa data – então, podemos dizer que vai ser no período entre 2018 a 2022 – cujo será inevitável dentro daquela data escrita em cartas que já foram enviados as autoridades japonesas e algumas Universidades ) ; também não impedindo de ser em menor intensidade .

【Google翻訳による日本語訳】
2018年6月の予測

5 地震7.0が日本を襲い、さまざまな被害をもたらします。それでもなお熱帯低気圧があり、死者と損害があります。
2018年6月21日に8.0から9.0の大地震が発生する可能性があります(その日に起こらない場合は、2018年から2022年の間になると言えます)。日本の当局といくつかの大学に送られた)。またそれがそれほど強くないことを妨げない。

出典:http://www.jucelinoluz.com.br/2018/05/30/previsoes-para-junho-de-2018/

Google翻訳による日本語訳も分かりづらい部分がありますが、

・2018年6月21日に8.0~9.0(※)の地震が発生
・2018年6月21日に起らない場合は、2018~2022年の間に起こる

ということを言っているようです。

ここでも、具体的な時刻までは言及されていないようです。

※ここで『8.0~9.0』という意味を解釈してみたいと思います。

日本の震度階級は以下の10階級になっています。
(震度0を含めないなら9階級)

1 震度0
2 震度1
3 震度2
4 震度3
5 震度4
6 震度5弱
7 震度5強
8 震度6弱
9 震度6強
10 震度7

これに当てはめると、『8.0~9.0』というのは、おそらく震度6弱~震度7程度という最高レベル付近の震度の地震をさしているのではないかと思いました。

スポンサーリンク

2018年6月18日の大阪府北部地震を受けての警告

さらに、ジュセリーノ氏の公式サイトでは、2018年6月18日に、大阪府北部地震の発生を受けて、最新の文章が掲載されています。

【ポルトガル語原文】
Terremoto no Japão – pode ainda acontecer um pior – alerta !

Terremoto no Japão – pode ainda acontecer um pior

Um terremoto de 6.0 graus de magnitude na escala Ritcher atingirá No dia 17 de junho o Japão , o oeste do Japão, mas sem alerta de tsunami, conforme previsão de Jucelino Luz que alerta para uma possibilidade de um ainda bem maior entre 21 de junho de 2018 à 21 de junho de 2022 – de grande intensidade – podendo ser entre 8:0 a 9.0 na Escala Richter .

Alguns itens foram escondidos propositadamente com tarjas pretas , para garantir a privacidade .

O tremor terá o hipocentro a 10 quilômetros de profundidade de Osaka, na Ilha de Honshu – a maior do arquipélago japonês – e cerca de 500 quilômetros ao oeste de Tóquio.

O abalo alcançará o nível 6 na escala japonesa de 7 graus (centrada nas zonas afetadas mais do que na intensidade do tremor) em Osaka e nível 5 em Kioto. .

E Jucelino Luz pede para que o povo Japonês fique atento , pois, teremos ainda um pior que pode ocorrer na data supracitada . E fala eu amo o povo Japonês e fico muito triste quando aquele país é atingido por esses eventos terríveis . E além disse, a economia japonesa passa por um momento muito difícil e oscilante , com um terremoto desse , poderá causar um “ caos “ ao povo.

Vamos todos juntos orar para aquela Nação , nós brasileiros temos uma ligação muito forte com o Japão .

Deus abençoe a todos !

Mario Ronco Filho – jornalista

【Google翻訳による日本語訳】
日本の地震 – さらに悪化する可能性があります!

日本の地震 – もっと悪いことが起こりうる

リベッター規模のマグニチュード6.0の地震は、西日本の日本を襲うが、津波警報は出されていない.Jecelino Luzの予測によれば、 2018年から2022年6月21日まで、リトリースケールでは8:0から9.0の間にあります。

一部のアイテムはプライバシーを確​​保するため、ブラックストライプで故意に隠されていました。

この地震は、大阪から10キロメートル深く、日本列島で最大の本州島と、東京から西に約500キロメートルの震源を持つ。

脳震盪は、日本の7度スケール(患部を中心に振戦強さを中心にして)で、大阪ではレベル5、京都ではレベル5に達する。。

そしてJucelino Luzは、日本人が注意深いと頼むので、上記の日に起こることがさらに悪化するでしょう。そして、私は日本人を愛していると言います。そして、その国がこの恐ろしい出来事に襲われたとき、私はとても悲しいです。よく日本経済は人々に「混乱」を引き起こす可能性が地震で、非常に困難と振動時間を通過している、と述べました。

ブラジル人は日本と強いつながりを持っています。

神は皆さんを祝福します!

Mario Ronco Filho – ジャーナリスト

出典:http://www.jucelinoluz.com.br/2018/06/17/terremoto-no-japao-pode-ainda-acontecer-um-pior-alerta/

Google翻訳による日本語訳もかなり意味不明な部分も多く、詳細は分かりづらいのですが、基本的には2018年6月18日の大阪での地震よりももっと大変な地震が2018年6月21日に起こるということを警告しているようです。

こちらも、見る限りは、具体的な時刻にまで言及しているものではなさそうです。

※関連記事
2018年6月21日東海地震/南海トラフ巨大地震の予言は本当?デマで嘘?【大阪府北部地震】
2018年6月18日大阪府北部地震は南海トラフの前兆/前震で関係ある?
南海トラフ巨大地震とは何?発生確率と被害想定(震度や津波等)規模予想

なお、地震の予言の内容を見てあたふたとしたり、恐れるだけで落ち込むのではなく、実際に起ってしまったときのことを想定して、防災対策を考えるための機会とするのがよいのではないでしょうか?

こういうのって、入念に準備するほど、ただの取り越し苦労に終わって、その準備が無駄になるような気がしますので、大地震を起こさないためにも、地震対策の準備を周到にしてはいかがでしょうか。

我が家でも先日、非常用持ち出し袋を用意しました^^

防災士の方が監修された商品なら安心ですね^^

今回もご覧頂いてありがとうございました。

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。