未分類

2018年6月21日東海地震/南海トラフ巨大地震の予言は本当?デマで嘘?【大阪府北部地震】

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそく参りましょう!

さて、今回取り上げるのは、ブラジルの予言者ジュセリーノ氏の『2018年6月21日に大地震が発生する』という予言が本当なのかということについてです。

2018年6月18日に大阪府北部を震源とする震度6弱の大きな地震が発生しました。

このことを受けて、このジュセリーノ氏の大地震の予言が、一部で注目を集めているようでしたので調べてみました。

※関連記事
2018年6月21日南海トラフ地震発生時刻は何時?ジュセリーノ予言内容は?

スポンサーリンク

2018年6月21日の大地震予言は南海トラフ?

まず初めに、この予言について紹介しましょう。

6月21日に史上最悪の地震勃発&2043年人類の80%が死滅!? 予言者ジュセリーノの恐るべき警告とは?

(中略)

そしてこの度、なんとジュセリーノは2018年6月21日に日本の東海地方でマグニチュード10.6の巨大地震を予言した。にわかには信じがたいことだが、過去にも彼が日本の地震を公に予知して的中させているという実績がある。

たとえば、「2007年もしくは2008年7月13日に日本に巨大地震が起き、大きな被害が起きて大勢の命が奪われる」と予言したことがあった。これは2007年4月10日初版の『未来からの警告 (ジュセリーノ予言集 1)』(たま出版)に記載されており、7月5日付東京スポーツ新聞でも発表された。

そして予言された7月13日から3日が過ぎた2007年7月16日、新潟県でM6.8の中越沖地震が発生。死者15名、重軽傷者2000名を超える大災害であった。予言の日からわずか3日のずれとはいえ、恐るべき的中率ではないか?

今回予言者ジュセリーノが予言している日本の東海地方での史上最悪の地震とは、南海トラフ巨大地震を指しているのではないかと思われる。というのも最近、霧島連山の新燃岳が噴火を繰り返し、火山活動が活発化しているのだ。霧島連山が噴火すると、数カ月後から1年以内に巨大地震や富士山噴火が起きているパターンが多い。それに今、ハワイのキラウエア火山でも大規模な噴火が起きているなど、世界的異変が起きている。このような状況から鑑みると、ジュセリーノが指摘するように、6月中に日本に大災害が起きてもおかしくはない状況なのである。

出典:http://tocana.jp/2018/05/post_16949_entry_3.html

以上のように、この予言者のジュセリーノ氏は、2018年6月21日に日本の東海地方で巨大地震が起こると予言していて、南海トラフ巨大地震のことなのではないかと見られているようです。

※関連記事
南海トラフ巨大地震とは何?発生確率と被害想定(震度や津波等)規模予想

スポンサーリンク

2018年6月18日の大阪府北部地震と南海トラフ地震の関係は?前震や予兆なのか

2018年6月18日に大阪府北部を震源とする大きな地震が起こりました。

最大震度は震度6弱という、関西ではめったにない規模の大きな地震です。

国も今後30年以内にかなりの高確率で起こるとされる南海トラフ巨大地震について警戒しており、次第に一般人にも認知度が上がってきているようです。

そのため、大阪府北部地震を南海トラフの前震や予兆なのではないかと思った人も居るようです。

この点、大阪府北部地震と南海トラフ地震は、発生場所やメカニズムが違うため、基本的には無関係のように思われます。

実際に気象庁も、現段階では大阪府北部地震と南海トラフ巨大地震の関連性についてはあまりないと見ているようでした。

大阪地震、今後1週間は警戒必要

大阪府の震度6弱の地震を受け、気象庁は18日午前、松森敏幸地震津波監視課長が記者会見し、今後1週間程度は震度6弱程度の地震が起こり得るとして警戒を呼び掛けた。南海トラフ巨大地震との関連については「今回の地震の震源地や地震の規模を考えると、直接影響を与えるとは考えにくい」と説明した。

出典:https://jp.reuters.com/article/idJP2018061801001783

しかしながら、一部の地震学者の間では、南海トラフ巨大地震の前兆として、内陸部での直下型地震が多くなるということも指摘されているようです。

※関連記事
2018年6月18日大阪府北部地震は南海トラフの前兆/予兆で関係ある?
2018年6月21日南海トラフ地震発生時刻は何時?ジュセリーノ予言内容は?

したがって、大阪府北部地震と南海トラフ巨大地震との関係は、まったくのゼロとも断言できないのかもしれません。

スポンサーリンク

6月21日の巨大地震の予言は本当?嘘やデマなのか?

大阪府北部地震と南海トラフ巨大地震との関係性は不明な部分も多いですが、何らかの関係があるとすると、タイミングからしても、6月21日に巨大地震が起こるとしているジュセリーノ氏の予言がにわかに真実味を帯びてきます。

ジュセリーノ氏のこの予言は本当に的中してしまうのでしょうか・・・?

先ほど引用させていただいた記事で、ジュセリーノ氏の予言的中について記述されている箇所がありましたので、ご紹介します。

■ジュセリーノの的中予言

ジュセリーノほぼ毎日予知夢を見るという。一晩のうちに複数の予知夢を見ることもある。彼は予知夢を見ると目覚めてはすぐにメモを取り、古いタイプライターと一部手書きで夢を記録し、危険な内容であれば未然に防ぐために関係者に警告文を送付する。

ちなみにジュセリーノは、ノストラダムスが四行詩という難解で抽象的な形で予言を残したのとは異なり、発生する年月日や対象の名前などを克明に予言する。1973年から記録した予知夢は数万件以上。以下、ジュセリーノが的中させたという主な予言を抜粋しよう。

・スペース・シャトル・チャレンジャー号爆発事故(1972年予言→1986年的中)
・阪神淡路大震災(1979年以前に予言→1995年的中)
・東京地下鉄サリン事件(1989年予言→1995年的中)
・9.11テロ(1989年予言→2001年的中)

ここで紹介したのは的中したとされるほんの一部である。

彼が予言して送ったとされる手紙の内容や日付はあとから捏造されたのではないか? という疑いもかけられているのも事実だが、彼の予知能力をもっと具体的に証明した実例もある。

たとえばたま出版の韮澤潤一郎氏は「東京スポーツ」(2007年5月24日付)にて、「ジュセリーノはアル・ゴア氏がノーベル平和賞を受賞すると20年前に予告していた」と発表。そして同年10月、アル・ゴア氏のノーベル平和賞授与が発表された。この件ではつまり、読者が証言となっているといえる。

しかし、ジュセリーノの予言は的中したものあれば、もちろん外れたものもある。ある研究によれば、実際の的中率は10パーセント程度だともいわれている。名声が高まれば懐疑的な声も高まるのは、予言者の宿命なのだろう。

出典:http://tocana.jp/2018/05/post_16949_entry_2.html

ここに書かれているとおり、的中実績があるようです。

しかも、具体的な固有名詞なども入っているものがあったりして驚かされます。

ジュセリーノ氏の予言は数万件以上にもおよぶということですから、予言の信憑性について懐疑的にみれば、

『とにかく数を打てばいくつかは当たるかも』

という戦略をとっているだけで、予言に信憑性はないのではないかと思われるかもしれません。

しかしながら、『実際の的中率は10パーセント程度』というのは、考えようによってはこの的中率はかなり高いとも言えるのではないでしょうか?

まったく何の力もない人の予言なら、10パーセントも的中しないと思います。

ただのデマで嘘かもしれませんが、もしかしたら、本当なのかもしれません・・・

スポンサーリンク

いずれにしても警戒は必要!

ジュセリーノ氏の予言が的中するかどうかは誰にもなんとも分からないと思います。

しかしながら、2018年6月18日に発生した大阪府北部地震のことを考えると

大阪地震、今後1週間は警戒必要

大阪府の震度6弱の地震を受け、気象庁は18日午前、松森敏幸地震津波監視課長が記者会見し、今後1週間程度は震度6弱程度の地震が起こり得るとして警戒を呼び掛けた。南海トラフ巨大地震との関連については「今回の地震の震源地や地震の規模を考えると、直接影響を与えるとは考えにくい」と説明した。

出典:https://jp.reuters.com/article/idJP2018061801001783

気象庁も、今後1週間は警戒が必要と言っているとおり、南海トラフ巨大地震なのかどうかはともかくとして、大きな地震が近いうちにくる可能性はかなりあるのではないかと思います。

実際に、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)や2016年4月16日の熊本地震でも数日前から前震と見られる地震が発生していたと言います。

また、

 そしてこの度、なんとジュセリーノは2018年6月21日に日本の東海地方でマグニチュード10.6の巨大地震を予言した。にわかには信じがたいことだが、過去にも彼が日本の地震を公に予知して的中させているという実績がある。

たとえば、「2007年もしくは2008年7月13日に日本に巨大地震が起き、大きな被害が起きて大勢の命が奪われる」と予言したことがあった。これは2007年4月10日初版の『未来からの警告 (ジュセリーノ予言集 1)』(たま出版)に記載されており、7月5日付東京スポーツ新聞でも発表された。

そして予言された7月13日から3日が過ぎた2007年7月16日、新潟県でM6.8の中越沖地震が発生。死者15名、重軽傷者2000名を超える大災害であった。予言の日からわずか3日のずれとはいえ、恐るべき的中率ではないか?

出典:http://tocana.jp/2018/05/post_16949_entry_3.html

過去に、ジュセリーノ氏が行っていた日本での大地震の予言に関しては、上記の様に、数日違いで的中させたものもあるようです。

そもそも、南海トラフ地震も「今後30年以内に起こる確率が8割以上」とされているくらいで、言い換えるといつ起こってもおかしくないとも言えます。

ジュセリーノ氏の予言が当たろうが当たるまいが、普段から警戒しておくべきですし、2018年の6月中くらいは、特に警戒しておいたほうが良いのではないかと思います。

※関連記事
2018年6月21日南海トラフ地震発生時刻は何時?ジュセリーノ予言内容は?

さらに上記記事では、2018年6月21日に本当に予言通りに地震が起るとしたら、それは何時なのか予言の原文を読み解いて考察していますので、よろしければ合わせてご覧下さい。

なお、地震の予言の内容を見てあたふたとしたり、恐れるだけで落ち込むのではなく、実際に起ってしまったときのことを想定して、防災対策を考えるための機会とするのがよいのではないでしょうか?

こういうのって、入念に準備するほど、ただの取り越し苦労に終わって、その準備が無駄になるような気がしますので、大地震を起こさないためにも、地震対策の準備を周到にしてはいかがでしょうか。

我が家でも先日、非常用持ち出し袋を用意しました^^

防災士の方が監修された商品なら安心ですね^^

今回もご覧頂いて、ありがとうございました。

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。