テレビ番組

NHKロシアW杯特番に佐藤美希起用の理由はなぜ?【サッカーワールドカップ】

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んでいきたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、NHKが佐藤美希さんをpサッカーワールドカップロシア大会の特番でスタジオキャスキャスター(MC)に抜擢し、起用した理由についてです。

というのも、佐藤美希さんのスタジオトークは、
お世辞にもうまいとはいえないですし、ちょっと質問などの内容もサッカーを知っている人からすると
正直ちんぷんかんぷんな内容を言われていたのですね。

そのため、ネット上では結構話題になっているようなのですが、NHKはなぜアナウンサーではなく、元モデルでグラビアタレントの佐藤美希さんをわざわざ起用したのか疑問に思ったんですね。

もっと適切な人選ができたのではないかと。。。

そこで今回、NHKが佐藤美希さんを起用した理由について調べてみました。

スポンサーリンク

起用の理由はJリーグ名誉マネージャーだから

このたび、佐藤美希さんのことが気になったので調べてみました。

詳しくは、別の記事でも詳しく説明していますので、よろしければご覧下さい。

※関連記事
佐藤美希(モデル)wiki風プロフィール/経歴!炎上騒動とは?【Jリーグ女子マネージャー(サッカー)】

NHKサッカーロシアW杯番組MC(司会)の女性は誰?何者?アナウンサーでなく元モデルのタレント

それでわかったことが、佐藤美希さんがモデルとしてデビューして以降のキャリアとして大きいのが、Jリーグの広報役ともいえる

Jリーグ女子マネージャー

としての経験だったようです。

佐藤美希さんは、ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞し、non-noのモデルとしてキャリアがスタートしましたが、その後、バラエティ番組、CM、ドラマへの出演やグラビアモデルとしての仕事など、仕事の幅を広げてきました。

そして、2015年2月19日には、同じくホリプロ所属の足立梨花さんの後任として2代目Jリーグ女子マネージャーに就任しました。

J1・J2の全40クラブのホームスタジアム訪問を達成して、サポーターとのコミュニケーションを図るなど活発にJリーグ女子マネージャーとして活動しました。

さらに、就任2年目の2016年には、J3を含むJリーグ全53クラブのホームスタジアム訪問を達成しました。

2017年もJリーグ女子マネージャーとして引き続き活動し、合計3年間もの間、精力的に活動されました。

『二代目JM』(フジテレビ)
『Jのサムライ』(テレビ朝日)

等のJリーグ関連の番組でMCを担当する機会も多く、
Jリーグ公式サイトや『サッカーマガジンZONE』(ベースボール・マガジン社)で連載コラム「サトミキ Diary」も執筆しました。

3シーズンに渡ってのJリーグ女子マネージャーとしての功績が認められ、2018年からは「Jリーグ名誉マネージャー」に就任しています。

このような経歴を持つ佐藤美希さんだからこそ、NHKはサッカーロシアワールドカップ特番に佐藤さんを起用したのでしょう。

サッカー番組のMCの経験も今回が初めてではないわけですし、もしかしたら、

NHKの独特の雰囲気に飲まれて緊張してしまった
Jリーグのことは知っていても世界大会のことはわからなかった

などの事情のために、不評を買ってしまっているのかもしれません。

NHKのワールドカップ特番は、1月ほど続く長丁場ですから、今後佐藤さんも調子を取り戻していかれるかもしれませんね。

今回もご覧いただいて、ありがとうございました。

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。