スポーツ

片山晋呉 不適切対応とはどんな行為?プロアマ大会で招待客に何をしたか【男子プロゴルフ】

どうも、颯介です!

今回も日常生活のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、プロゴルファーの片山晋呉選手が招待客と一緒にプレーするプロアマ大会で、同伴していた招待客に対して不適切な対応をしたという件についてです。

※関連記事
ゴルフのプロアマ大会とは何?参加するにはどうしたらいいか方法も紹介

片山晋呉が不適切な対応で怒らせた同伴ゲストは誰?招待客は何者?【 プロアマ大会/男子プロゴルフ】

日本ゴルフツアー機構は、懲戒処分も検討しているようです。

懲戒処分の可能性も検討しているということは、いったいどんなことをしたのか気になるところですが、閲覧したネットニュース記事のなかでは、詳細は明かされていませんでしたので、さらに調べてみました。

スポンサーリンク

片山晋呉選手のプロアマ大会での不適切な対応とは何?

今回の問題は、2018年5月30日に行われた日本ツアー選手権森ビル杯宍戸ヒルズのプロアマ大会で発生したということです。

この問題を受けて、今月中にも懲戒・制裁委員会を開いて、何らかの処分を科すことが予想されます。

プロアマ大会で発生したトラブルを、一般に公表するのは異例のことです。

今回、プロアマ大会で、同伴していた招待客に対して不適切な対応をしたことが問題とされていますが、いったいどんなことをしたのでしょうか?

調べてみたところ、以下の記事が、各社の報道のなかでは比較的詳細に、片山選手の行為について記述されていました。

片山晋呉選手、プロアマ大会で同伴招待客に不適切な言動

発表によると、トラブルは茨城県笠間市で開催された同選手権の開幕前日の5月30日に起きたという。片山選手は招待客3人と一緒にプレーしていたが、片山選手が発した言葉に対して、男性が不愉快な思いを抱き、その後、プレーの続行を断念したという。その日のうちに、男性が同機構にトラブルがあったと連絡したという。

出典:https://www.asahi.com/articles/ASL665V3LL66UTQP03W.html

片山晋呉に制裁検討…ゲストに不適切対応 青木会長「極めて深刻」/国内男子

大会は5月30日に開催された。関係者などによると、片山選手はラウンド中に自らの練習をするなどして、招待客を放置したという。不快感を覚えた招待客は、ラウンド途中で棄権した。

出典:http://www.sanspo.com/golf/news/20180606/jgt18060619000004-n1.html

朝日新聞デジタルの記事では、『不適切な言動』と表現されています。

片山選手は、行為のみならず、不適切な発言もしていたようです。

何らかの暴言をはいたと言うことでしょうか。

また、同伴ゲストを放置してプレー中に自分の練習をしていたともいいます。

これは一般常識的に考えても、非常に失礼な行為だと思います。

同伴した招待客の方は、不快感を覚えてラウンドを途中棄権するなんて、よっぽどひどい対応だったのかもしれません。

現在、引きつづき調査をしているということですから、今後さらに行為の詳細が明らかになっていくと思われます。

それにしても、プロアマ大会での行為がこのような問題になることは異例とのことです。

プロアマ大会では、主催者と関わりのある企業や有名人などのアマチュアが招待されますが、もしかしたら、片山選手が無礼を働いた相手は相当な有力者だったりするんじゃないのかなぁと想像します。

※関連記事
ゴルフのプロアマ大会とは何?参加するにはどうしたらいいか方法も紹介

片山晋呉が不適切な対応で怒らせた同伴ゲストは誰?招待客は何者?【 プロアマ大会/男子プロゴルフ】

今回もご覧頂いて、ありがとうございました。

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。