アニメ

二度目の人生を異世界で(アニメ)の声優が続々降板する理由はなぜ?

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、2018年10月からテレビアニメ放送が始まる予定だという『二度目の人生を異世界で』において、担当声優の降板が続いている理由についてです。

2018年6月6日のネットニュース記事で、このことを知ったのですが、降板理由については伏せられていました。

隠されると気になってしまうのが人間の性ですので、今回、各担当声優の降板の理由について調べてみました。

スポンサーリンク

『二度目の人生を異世界で』(アニメ)の声優が続々降板

『二度目の人生を異世界で』は、小説投稿サイト「小説家になろう」に掲載されていたライトノベルが原作で、2018年5月下旬にアニメ化が発表されたばかりでした。

それにも関わらず、発表されて間もないこのタミングで、決定していた声優が続々と降板していると言います。

アニメ『二度目の人生を異世界で』主要キャスト4人が降板 原作者が過去の“ヘイト発言”謝罪

10月から放送開始予定のアニメ『二度目の人生を異世界で』の主要キャスト声優4人が6日、公式サイトで相次いで降板を発表した。同作は、原作者のまいん氏が5日、過去のSNSでのヘイト発言についてツイッターで謝罪していた。

降板を発表したのは功刀蓮弥役の増田俊樹、シオン=ファム=ファタール役の安野希世乃、ローナ=シュヴァリエ役の中島愛、創造主役の山下七海の4人。各キャストともに降板の理由については明かしていない。

出典:https://www.oricon.co.jp/news/2113002/full/

原作者のまいん氏が過去にSNSで中国や韓国に対する差別的な発言を繰り返していたことが指摘され、ネット上で炎上騒ぎになっていたと言います。

引用させていただいた上記のニュース記事内では、

『各キャストともに降板の理由については明かしていない。』

としていますが、構成そのものが、原作者の炎上騒ぎと声優の降板との関連を想起させるものとなっているように思われます。

スポンサーリンク

声優が続々と降板している理由はなぜ?

それでは、功刀蓮弥役の増田俊樹、シオン=ファム=ファタール役の安野希世乃、ローナ=シュヴァリエ役の中島愛、創造主役の山下七海の4人の声優は、なぜアニメのキャストを降板するという事態になったのでしょうか?

その理由が公式に明かされていない以上は、はっきりしたことは関係者にしか分からないと思いますが、可能性のある理由を考察してみたいと思います。

可能性1 業界から圧力がかかったため

中国や韓国に対する差別的発言を過去にしていたということが、原作者のまいん氏にまつわる炎上騒ぎの原因です。

アニメ業界でも、中国や韓国に関係のある企業や団体等が存在していると思いますので、各声優の所属事務所などに圧力がかかって降板するに至ったのかもしれません。

可能性2 声優の身の安全のため

このことに関して調べる中で、以下のようなTwitterの投稿を見つけました。

原作者まいん氏の過去のヘイト発言を受け、中国では、声優に対して危害を加えることを示唆するようなこともあったようです。

こうしたことを考えると、声優の身の安全のために、事務所側や声優個人が降板することを希望したのかもしれません。

可能性3 声優個人や事務所が原作者の差別的発言を嫌ったため

一般的に、差別的発言を平気で堂々とする人は、世間的に見たらあまりよく思われない物と思います。

とすれば、それぞれの声優のかたも、差別的発言をするような原作者の作品には出たくないと思ったのかもしれませんし、事務所も出させたくないでしょう。

声優の方それぞれがどんな思想や主義をお持ちかは分かりませんが、一般論としてあるかもしれないと思いました。

10月からアニメを放送することが決まっているということですが、このような事態を受けどうなっていくのか気になりますね。

この調子では、怖くて誰も声優やりたがらないんじゃないかなと思いますが、このまま放送中止に追い込まれる可能性もあるかもしれないと思いました。

※追記
アニメ化中止が発表されました。

今回もご覧頂いて、ありがとうございました。

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。