イベント

2018年の恵方巻きの方角(吉方位)は?関東(東京・神奈川・千葉等)で今年食べる場合


どうも、颯介です!

今回も日常の出来事などで私が気になったことについて、独自の視点でどしどし切り込んで行きます。

それでは、まいります^^

さて、今回のテーマは、2018年2月3日の節分の日に行う恵方巻きの丸かぶりについてです。

関東在住の人のなかには、

「恵方巻きは関西の風習だよ」
「節分で豆まきはするけど、恵方巻きは食べない」

などと、恵方巻きの丸かぶりについて抵抗感を示す人も多いようです。

あなたの周りではどうですか?

「私としては、楽しかったらそれでいいのに」と思うのですけども(笑)

実際のところ、確かに恵方巻きは、元々関西で主に行われていた習慣であって、全国的に有名になって行われるようになったのは、比較的最近のようです。

なんでも、1998年にコンビニのセブンイレブンが、節分の日に「恵方巻」を販売するようになったのがきっかけで、他のコンビニ等も追随して、全国的な習慣として広まってきたようです。

いまでは、コンビニや弁当屋や回転寿司店やスーパーなど、様々な業者が恵方巻きを節分にあわせて販売するようになりましたね。

私は、例年、毎年の恒例行事として、節分の日には、太巻きを手作りしています。

普通に、手作りした方が、好きな具を入れられるし、子供も楽しいみたいですね^^

さて、恵方巻きと言えば、毎年異なるその年の恵方(吉方位)を向いて、恵方巻きを丸かじりするわけですが、やはり気になるのは、今年2018年の恵方(吉方位)は、どこの方角なのかと言うことだと思います。

そこで、今回は、関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬)での、今年2018年の恵方(吉方位)がどの方角なのかについてお伝えしたいと思います。

方角をとても簡単に特定でき、実際にどの方向を向けばいいのかがすぐにわかるアプリや、恵方巻き丸かぶりの際の作法や食べ方についても解説していきますね^^

スポンサーリンク

2018年恵方巻き丸かぶりの関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬)での恵方は南南東

まず、結論から行きますね。

今年2018年の節分で、恵方巻きを丸かぶりするときに、関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬)で、向くべき恵方(吉方位)は

南南東

です!!

そして、実は、「関東の恵方は・・・」という表現をしていましたが、実は、恵方は地域によって異なるものではなく、日本全国何処でもおなじです!

ということで、今年2018年の節分で恵方巻きの丸かぶりをする際には、南南東の方向を向いて行うようにしましょう^^

スポンサーリンク

恵方巻き丸かぶりで向くべき方向を簡単に見つけるスマホアプリ

いくら、今年2018年の恵方(吉方位)が南南東だということがわかっても、

「元々方向感覚がないから、実際どっち向いていいかわからない」
「出先で方向感覚がわからないから、どっち向いていいのか不明」

などという方もいらっしゃるかもしれません。

かといって、地図などと見比べながら、コンパス片手に・・・ってアナログなことしていたら大変ですし、

せっかくの恵方巻きの丸かぶりですので、だいたいで適当な方向に向かって丸かぶりをするのではなくて、厳密に、今年の恵方である「南南東」を向いて行いたいですよね?

そんなあなたにぴったりなアプリがありますので、iOS用とAndroid用とそれぞれご紹介します。

まず、iOS用がこちらです!

【2018年】恵方巻きコンパス(えほうまきこんぱす)

このアプリがあれば、今年の恵方である南南東がどの方向に当たるのか調べるのが簡単にできますね!

次に、Android用のものがコチラです!

恵方コンパス!【恵方巻きを食べる方角がすぐ探せる!】

このアプリも、恵方巻き丸かぶりをするときに、恵方(吉方位)を探すために作られた専用アプリです。

余計な機能もなく、使用方法もとてもシンプルで簡単ですので、オススメですよ!

スポンサーリンク

恵方巻きの食べ方の注意点

恵方巻きを食べる際には、色々と注意点というかルールがありますよね。

一年に一度しかないせっかくの恵方巻き丸かぶりですので、今年2018年の節分では、きちんとルールを守って、正しい作法で恵方巻きの丸かぶりをしたいものです。

そこで、ここからは、恵方巻きの正しい食べ方について解説していきます。

まずは、ごちゃごちゃと書く前に、箇条書きで項目を列挙しておきますね。

【恵方巻きの食べ方ルール1】
カットせず1人で1本を丸かぶりする

【恵方巻きの食べ方ルール2】
その年の恵方(吉方位)の方角を向くこと

【恵方巻きの食べ方ルール3】
願い事しながら無言で食べること

以下に、それぞれのルールについて詳しく説明していきます。

【恵方巻きの食べ方ルール1】カットせず1人で1本を丸かぶりする

恵方巻きを食べる際には、カットしてはいけません。

通常、巻き寿司を食べるときは、食べやすいサイズにカットされた状態で食卓に並ぶでしょう。

しかしながら、恵方巻きに関しては、カットするのはNG行為です。

恵方巻きは、カットせず、一人で一本まるごとを食べましょう。

このような食べ方をする理由は、「恵方巻きが福を巻き込んでいる」という考え方に関係があります。

恵方巻きは、「福」つまり、「しあわせ」を巻き込んでいると考えられているのですが、恵方巻きに包丁を入れて、カットする行為は、その「幸せ」をちょんぎる行為に他なりません。

幸せをちょん切るなんて、縁起でも無いことですよね。

こうして理由を知ると、切らずに丸かぶりをするのも納得ですね!

【恵方巻きの食べ方ルール2】その年の恵方(吉方位)の方角を向くこと

恵方巻きを食べるときには、その年の恵方(吉方位)を向いて食べなければなりません。

今年2018年でいえば、南南東ですから、南南東を向いて恵方巻きを食べないといけないわけです。

では、恵方を向いて食べることにどんな意味があるのでしょうか?

その理由を知るためには、まず、恵方とはなんなのかについて説明が必要です。

そもそも、恵方(吉方位)というのは、幸運を呼ぶ女神である「歳徳神(としとくじん)」様がいらっしゃる方向だといいます。

毎年、恵方(吉方位)が変わるのは、一年ごとに、この歳徳神様が場所を変わるからなんですね。

ということで、恵方を向いて恵方巻きを丸かぶりする意味は、神様の方を向いて食べるということなんです。

【恵方巻きの食べ方ルール3】願い事しながら無言で食べること

恵方巻きを食べる際には、余計なことをしゃべらずに、無言で食べます。

なぜ、おしゃべりをしてはいけないのかというと、それは、福が逃げて言ってしまうからです。

既にお話ししたとおり、恵方巻きには、福が包み込まれていると考えます。

ということは、恵方巻きを食べる行為は、福を体内に口から取り込む行為です。

それにも関わらず、余計なおしゃべりをしていると、もれなく取り込むはずの福が口からこぼれ落ちてしまい、全ての福を取り込むことができなくなってしまいます。

ということで、恵方巻きを食べるときには、願い事をしながら、無言で食べるようにしましょう!

スポンサーリンク

恵方巻きに関する豆知識

ここからは、恵方巻きにまつわる豆知識をお伝えします。

なかには、興味深いエピソードもあると思いますので、恵方巻きを食べるお供にどうぞ^^

恵方巻きはなぜ節分に食べるか

恵方(吉方位)は、歳徳神(としとくじん)様という神様がいらっしゃる方角だといいました。

そして、この歳徳神様は、正月と結びつけられている神様です。

節分というのは、旧暦でいえば、正月にあたる時期ですので、一年の始まりに正月と結びつけられた神様の方向を向いて恵方巻きを食べるということなのだと思います。

毎年の恵方(吉方位)はどのように決まるか

恵方(吉方位)は、毎年変わりますから、なかには、

「恵方って誰がきめているの?」
「恵方はどのようにきまっているの?」

などといった疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

毎年の恵方(吉方位)は、毎年、特定の誰かが決めているわけではありません。

大昔の中国で生まれた、「十干(じっかん)」という暦に関係するルールによって決まります。

詳しくは、ややこしくなりますので割愛しますが、そのルールにしたがって、10年ごとに4種類の恵方が順に巡ってくるんですね。

そして、このルールによれば、

西暦の末尾の数字が 4・9
⇒ 東北東 がその年の恵方(吉方位)

西暦の末尾の数字が 0・5
⇒ 西南西 がその年の恵方(吉方位)

西暦の末尾の数字が 1・3・6・8
⇒ 南南東 がその年の恵方(吉方位)

西暦の末尾の数字が 2・7
⇒ 北北西 がその年の恵方(吉方位)

のように、西暦の末尾の数字から、その年の恵方(吉方位)がどの方角なのかがわかります。

2018年は西暦の末尾が「8」なので、南南東が恵方(吉方位)です。
2019年は西暦の末尾が「9」なので、東北東が恵方(吉方位)です。
2020年は西暦の末尾が「0」なので、西南西が恵方(吉方位)です。

スポンサーリンク

恵方巻きの発祥

恵方巻きの発祥には、諸説あるようです。

wikipediaの「恵方巻き」の項目を見ると、恵方巻きの発祥として5つの説が紹介されていました。

たとえば、

「堀尾吉晴という戦国武将が節分の日に丸かぶりをして出陣して、戦に勝利した」

「幕末から明治時代初頭に、大阪・船場で商売繁盛を願ったのが始まり」

などという説があります。

スポンサーリンク

まとめ

恵方巻きに関しての豆知識は、いかがでしたでしょうか?
お楽しみいただければ幸いです。

それでは、ちょっと記事が長くなってしまいましたので、恵方巻きの丸かぶりをされるあなたのために、改めて今回の内容をまとめておきますね!

今年2018年の恵方(吉方位)は南南東。

【恵方巻きの食べ方ルール1】
カットせず1人で1本を丸かぶりする

【恵方巻きの食べ方ルール2】
その年の恵方(吉方位)の方角を向くこと

【恵方巻きの食べ方ルール3】
願い事しながら無言で食べること

食べる際に実際に向く方向を知るには、以下のアプリを利用するのが便利

【iOS用】
【2018年】恵方巻きコンパス(えほうまきこんぱす)

【Android用】
恵方コンパス!【恵方巻きを食べる方角がすぐ探せる!】

以上を参考にして、恵方巻きの丸かぶりを楽しんでくださいましたら幸いです^^

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。