イベント

2018年の恵方巻きの方角(吉方位)は?大阪府・大阪市で今年食べる場合


どうも~、颯介です^^

今回も日常の出来事のなかで、私が気になったことについて、独自目線でどんどん切り込んで行きますね。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、節分の日の恵方巻き丸かぶりについてです。

発祥については、諸説あるらしいですが、恵方巻きの丸かぶりは、関西・大阪が発祥という説が有力と聞きました。

我が家でも毎年恒例で、家族で、好きな具材を入れて、オリジナルの太巻きを子供達と一緒に作って楽しみます。

子供の可愛い時期ってあっという間に過ぎていきますし、子供が大きくなったときに振り返ってもらったり、話してあげられる思い出をたくさん作ってあげたいんですね。

私は、家で手作りをしますが、コンビニを始め、スーパーや回転寿司店でも節分の日に、ここぞとばかりに「恵方巻き」として、太巻きを販売しています。

2月は、バレンタインとともに、節分はシーズン特有の1つの稼ぎどきのビジネスチャンスなんでしょうね。

私は、恵方巻きを自作するので、直接購入はしませんが、具材を購入するので、間接的にスーパーの売り上げに貢献していますね(笑)

で、そんな恵方巻きなんですが、色々と作法がありますよね。

黙って食べるとか、恵方(吉方位)と呼ばれる特定の方向を向いて食べないといけないとか。

そして、恵方(吉方位)と呼ばれる、神様がいらっしゃる方向は、毎年変わると言いますから、「今年の恵方(吉方位)はどの方角?」というのは気になりますよね。

そこで、今回は、大阪府・大阪市での恵方(吉方位)はどちらになるかお伝えしていきます。

そのあとに、恵方巻き丸かぶりをする際の注意点や守るべき食べ方のルールについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

2018年の大阪府・大阪市での恵方(吉方位)は南南東です

恵方巻き丸かぶりをする際に、向いて食べるべき方向である恵方(吉方位)は、今年は

南南東

です!

「大阪府・大阪市の恵方」と書きましたが、実は、日本全国どこでも同じです。

したがって、今年2018年2月3日(土曜日)に恵方巻き丸かぶりをするときには、南南東方向を向きましょう

2018年の恵方(吉方位)南南東方向を教えてくれるスマホのコンパスアプリ

あなたは、恵方巻きの丸かぶりをどこでしますか?

今年2018年2月3日は土曜日ですから、お仕事がお休みの方も多かもしれません。

そうなると、夜、ご自宅で家族皆さんでそろって恵方巻き丸かぶりをされるのでしょうか?

ご自宅で丸かぶりをされるのでしたら、「南南東」がどちらの方向にあたるか大体わかるかもしれません。(いや、わからない人も多いのかな??)

もしくは、お仕事であったり、レジャーであったりでお外にお出かけのタイミングで、方向感覚についてよくわからない状態で、丸かぶりをされることもあるかもしれませんね。

そんなときに、オススメしたいのが、スマートフォンで使用できるコンパスアプリです。

しかも、恵方巻きの恵方(吉方位)を指ししますためにだけ作られた専用アプリがありますので、iOS用とAndroid用とそれぞれご紹介していきます。

まず、iOS用がこちらです!

【2018年】恵方巻きコンパス(えほうまきこんぱす)

このアプリがあれば、今年の恵方である南南東がどの方向に当たるのか調べるのが簡単にできますね!

つづいて、Android用のものがコチラです!

恵方コンパス!【恵方巻きを食べる方角がすぐ探せる!】

このアプリも、恵方巻き丸かぶりをする際の、恵方(吉方位)を探すための専用アプリで、使用方法もとてもシンプルで簡単ですので、オススメですよ!

スポンサーリンク

恵方巻き丸かぶりのやり方と意味

今年2018年の恵方についてわかったところで、せっかくなので、食べ方のルールについて確認したいと思います。

大阪発祥とされる恵方巻きですから、恵方巻き丸かぶりをする際には、大阪府・大阪市に住んでいるからには、丸かぶりの仕方のルールをきちんと守りたいですね。

※恵方巻きの発祥には諸説あります。

詳しい説明は、後程するとして、まずは箇条書きで丸かぶりの仕方のルールをお示しします。

【恵方巻き丸かぶりルール1】
包丁で切らずに、1人で1本を丸かぶりする

【恵方巻き丸かぶりルール2】
その年の恵方(吉方位)の方角を向いて

【恵方巻き丸かぶりルール3】
無言で願い事をしながら食べる

以上が、丸かぶりの際に守るべきルール3つです。

スポンサーリンク

恵方巻きの意味

3つのルールについて、詳しい解説をする前に、節分の日に恵方巻きを食べることにはどんな意味があるのかについてお伝えします。

恵方巻きの本来の意味について知ってからの方が、恵方巻き丸かぶりの際になぜそういうルールが存在するのかということも分かり易いと思います。

恵方巻きの丸かぶりという行為にこめられた意味を知ることによって、ルールが存在する意味も自然と理解できるとういことですね。

そもそも、「恵方(吉方位)」とは?

恵方(吉方位)というのは、幸運の女神様がいる方向です。

幸運の女神様のお名前は「歳徳神(としとくじん)」様です。

この歳徳神様は、1年ごとにとどまる場所を移動するといいます。

それで、毎年、恵方(吉方位)が変わるんですね~

つまり、恵方巻き丸かぶりをする際に恵方(吉方位)を向くというのは、神様の方を向いて食べるということなのです。

恵方(吉方位)の決まり方

恵方(吉方位)が毎年変わるということですが、一体どうやって、そして誰が決めているのでしょうか?

何も、適当に気分で決めたり、サイコロを振ったり、ルーレットを回して決めている訳ではありません(笑)

恵方(吉方位)の決まり方には、ルールがあります。

古代中国より伝わる、「十干(じっかん)」というものにより決まります。

別に、誰かが勝手に気分で決めているのではなくて、古くから伝わるルールに則ってきまっているんですね!

具体的には、

甲(きのえ)
乙(きのと)
丙(ひのえ)
丁(ひのと)
戊(つちのえ)
己(つちのと)
庚(かのえ)
辛(かのと)
壬(みずのえ)
癸(みずと)

というものですが、この十干と十二支とあわせて、「干支(えと)」と言われたりします。

実は、恵方(吉方位)になりうる方角は4つしかありません。
それは、「東北東、西南西、南南東、北北西」の4つの方角です。

この十干に基づき、10年で4種類の方角が一巡するように決まります。

西暦の末尾の数字(2018年なら「8」)に応じて、その年の恵方(吉方位)がどの方角になるのかわかります。

具体的には、

西暦の末尾の数字が 4・9
⇒ 東北東 がその年の恵方(吉方位)

西暦の末尾の数字が 0・5
⇒ 西南西 がその年の恵方(吉方位)

西暦の末尾の数字が 1・3・6・8
⇒ 南南東 がその年の恵方(吉方位)

西暦の末尾の数字が 2・7
⇒ 北北西 がその年の恵方(吉方位)

のようになります。

2018年は西暦の末尾が「8」なので、南南東が恵方(吉方位)です。
2019年は西暦の末尾が「9」なので、東北東が恵方(吉方位)です。
2020年は西暦の末尾が「0」なので、西南西が恵方(吉方位)です。

恵方巻きに使用される具材

恵方巻きに使用される具材は、メジャーなものでは、七福神にちなんで、7種類のものが用いられます。

一般的に使用される具材としては、

・かんぴょう
・キュウリ
・しいたけ
・厚焼き玉子
・ウナギ
・桜でんぶ
・えび

があります。

ただ、こ恵方巻きに使用される具材にも、実際の所、諸説あり

・きゅうりを青鬼、桜でんぶを赤鬼に見立て、「鬼を食べて」鬼退治するという説。

・鬼に見立てた食材を入れて、恵方巻きの形から鬼の金棒に例えて、食べることによって鬼退治とする説。

・太巻きを逃げた鬼が忘れていった金棒(鬼の金棒)に見立てて、鬼退治と捉える説

出典:https://kurashi-idea.net/events/post-2883/

などがあるようです。

恵方巻きの意味

恵方巻きは福を包み込んでいると言われます。

福を包み込んだ恵方巻きを、旧暦の年始に当たる節分のタイミングで、神様の方を向いて、祈願しながら食べるということですね。

スポンサーリンク

恵方巻き丸かぶりのルール

ここからは、それぞれのルールについて詳しく見ていきたいと思います。

なぜ、そのようなルールを守る必要があるか、その理由についても合わせて解説していきますね^^

【恵方巻き丸かぶりルール1】包丁で切らずに、1人で1本を丸かぶりする

恵方巻きを丸かぶりするときには、包丁で切手はいけません。
丸太のままの恵方巻きを1人で1本食べきりましょう。

恵方巻きは福を包み込んでいると言われます。

包丁で恵方巻きを切ってはいけないとされる理由は、恵方巻きが包み込む福、つまり幸せに包丁をいれて切るということは縁起が悪いと考えられるからですね。

【恵方巻き丸かぶりルール2】その年の恵方(吉方位)の方角を向いて

恵方巻きを丸かぶりする際には、その年の恵方(今年2018年でいえば南南東)を向いて行う必要があります。

恵方(吉方位)は、その年に歳徳神(としとくじん)様がいらっしゃる方向です。

縁起がいいとされる、神様のいらっしゃる方向を向いて恵方巻きを食べるということですね。

【恵方巻き丸かぶりルール3】無言で願い事をしながら食べる

恵方巻きの丸かぶりは、余計なことはしゃべらずに無言で願い毎をしながら行います。

なぜ、しゃべらず無言で行うかというと、その理由は、恵方巻丸かぶりの際におしゃべりをすると、恵方巻を通じてせっかくとりこんだ福が逃げてしまうと考えられるからです。

スポンサーリンク

まとめ

少し、長くなってしまいましたので、節分の日に恵方巻を食べる作法についてまとめておきますね。

まとめると

今年の恵方(幸運の神様がいる方角)は、南南東

【恵方巻き丸かぶりルール1】
包丁で切らずに、1人で1本を丸かぶりする

【恵方巻き丸かぶりルール2】
その年の恵方(吉方位)の方角を向いて

【恵方巻き丸かぶりルール3】
無言で願い事をしながら食べる

ということになります。

恵方巻きを丸かぶりする際には、包丁は入れずに丸太のまんまの巻き寿司を今年2018年は南南東を向いて、願い毎をしながら無言で食べましょう!

今年2018年の恵方である南南東がどの方角にあたるのか探す際には、ご紹介した以下のアプリが便利ですので、よかったら活用してみてくださいね^^

iOS用 【2018年】恵方巻きコンパス(えほうまきこんぱす)

Android用 恵方コンパス!【恵方巻きを食べる方角がすぐ探せる!】

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。