映画

ヤフー知恵袋 伝説の投稿とは何?【映画】妻ふり(家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。)

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(妻ふり)の元ネタとなったヤフー知恵袋の『伝説の投稿』とはいったい何なのかと言うことについてです。

なんとも奇妙なタイトルで、興味のそそられるこの映画は2018年6月8日からロードショーが始まります。

そして、この映画はヤフー知恵袋の投稿が元になっていると聞いたら、やはりその投稿を実際に確認してみたくなりますよね。

とうことで、今回は、この映画の元ネタになったヤフー知恵袋の伝説の投稿についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の内容紹介

まず、『Yahoo!知恵袋の伝説の投稿』の存在をを知ることになった映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』についてご紹介します。


出典:http://tsumafuri.jp/about.html

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」
2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿された質問はたちまち話題を呼び、
ボーカロイド曲に派生したのち翌年にはコミックエッセイ化。
一大ブームを創り上げた伝説の投稿が、この度実写映画化!

妻のちえを演じるのは、榮倉奈々。劇中では、15パターンもの“死んだふり”を全身全霊で披露し、
なんともキュートで愛おしく、ぶっ飛んでいそうで地に足ついた素敵な女性を演じる。
夫のじゅんには、安田顕。夫の戸惑いや変化を丁寧に表現し、凸凹だけれど、ふたりでいるとしっくりくる…
そんな愛らしい夫婦像を絶妙なコンビネーションで創り上げた。
さらに大谷亮平、野々すみ花などユニークで最高のキャストが集結!

誰もが疑問に思う「なぜ“死んだふり”!?」物語は入口から予測できない味わい深いラストへとたどり着く。
結婚3年目の夫婦が、一風変わったコミュニケーションにより見つけ出した、
〈本当の夫婦〉になるための答えとは―。

出典:http://tsumafuri.jp/about.html

家に帰ったら奥さんが死んだふりをしているなんて、まるでネタとも思えるような突飛な話ですが、なんとこれは実話だと言います。

「死んだふり」という奥さん独特のコミュニケーションのようです。

面白くもかわいらしい奥さんだなと思いました(笑)

元々は投稿者である男性が、『他の人の反応をしりたい』という理由からだったそうですが、それがきっかけでこんなにも壮大なことになるなんて、色々と興味深いと感じます。

スポンサーリンク

映画妻ふりの原作・元ネタとなったヤフー知恵袋の伝説の投稿とは?

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の原作であるヤフー知恵袋の伝説の投稿を見つけたので、以下に引用してご紹介します。


出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1243817632

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

どういうことなのでしょうか?
家に帰り玄関を開けると妻が倒れていました。
最初は驚きましたが毎日やるので
ほら起きてと流すようになりました。
すると翌日は口から血を流しており、
1週間後は白いTシャツが血まみれだったり

最近ではネタがなくなったのか?
または煮詰まりすぎて思考が狂ってきたのか?
頭に弓矢が突き抜けていたり、
ビニール袋を被っていたり(息してるので思いっきり袋が伸縮している)
昨日は軍服を着て銃を抱えたまま名誉の戦死を遂げていました。

もちろん妻の横を素通りしています。

妻はどうして欲しいのか?
そしてこの先どこに行きたいのか?
全く分かりません。誰か教えてください。

この間など頭に弓矢が貫通したまま
夕飯を作っていました。

補足
多くの回答で驚いています。春先でしたかダイイングメッセージで「かつお」と書かれており、今日はかつおのたたきとわかったので食事中今日のは機能的でよいと褒めたこともあります。しかし翌日ピエロ(ドナルド)が倒れていました。すぐ調子に乗ります。メイク落とすの手伝い大変です。
軍服はアーミーショップで揃えたようです。無駄遣いしないようにと注意しましたら今日はお手製のワニと思われる生き物に食べられていました。

出典:実際のヤフー知恵袋のページ

画面をキャプチャした時点で『420万回』以上の閲覧数になっています。
回答数も『1,716』です。

こんな数字、ヤフー知恵袋でみたことないです(笑)

さすが、『伝説の投稿』といわれるだけのことがある規格外の投稿だと思いました^^;

面白そうな映画なので、チェックしてみたいと思います。

今回もご覧頂いて、ありがとうございました。

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。