未分類

米朝首脳会談中止の理由はなぜ?【6月12日トランプ・金正恩】

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、2018年6月12日に予定されていた米朝首脳会談がなぜ中止になったのかという理由についてです。

アメリカ合衆国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長との歴史的な会談が予定されていたのですが、中止の速報を受けてビックリしました。

そこで、なぜ中止になったのかその理由について調べてみました

スポンサーリンク

米朝首脳会談中止に

2018年5月24日(木曜日)23時頃に、以下の速報記事が報じられました。

「米朝首脳会談は中止に」 トランプ氏、金委員長に書簡

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は24日、6月12日に予定していた米朝首脳会談について「いまは不適切だ。だからシンガポールでの会談は開かない」として中止する考えを表明した。米ホワイトハウスがトランプ氏による北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長への書簡として明らかにした。

出典:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30941120U8A520C1MM8000/

以前から、中止の可能性はにおわされていたようですが、実際に中止とのことで残念に思います。

長年強硬な姿勢をとってきた北朝鮮とアメリカの双方の首脳が直接会談の席に着くという歴史的なことだっただけにビックリしましたし、残念です。

『トランプ氏による北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長への書簡として明らかにした。』

とありますので、アメリカ側から北朝鮮側に対して、中止することを伝えたわけですね。

スポンサーリンク

米朝首脳会談中止の理由はなぜ?

上記の速報記事によると、今回の米朝首脳会談を中止する理由としては、

「いまは不適切だ。だからシンガポールでの会談は開かない」

ということとのことです。

これはいったいどういうことなのでしょうか?

ぱっと聞いて、中止の理由の意味がよく分かりませんでしたので、調べてみました。

どうやら、北朝鮮が敵対的な態度を取ったことに対しての結果のようです。

詳報を待ちましょう!

スポンサーリンク






e-height:1.4em;margin:5px;word-wrap:break-word”>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。