未分類

井上奨コーチが関西弁の理由はなぜ?関西大阪出身の経歴?【日大アメフト部】

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、日大アメフト部の井上奨元コーチが関西弁を話していたことについてです。

2018年5月23日に、井上奨元コーチは、内田正人元監督とともに記者会見を開き、日大アメフト部の選手が関西学院大学との試合で引き起こした悪質な反則タックルの経緯について説明しました。

※関連記事
日大アメフト部監督コーチ記者会見の司会者は誰?何者?

SNSなどを見ていると、その記者会見の中で、井上奨元コーチが関西弁を話していたことに関して、気になっている人が多かったようです。

そこで、井上奨元コーチが関西弁をしゃべる理由が何故なのかと言うことについて調べてみました。

スポンサーリンク

井上元コーチの関西弁の理由が気になる

私と同じように、2018年5月23日の日大アメフト部の内田正人元監督と井上奨元コーチの記者会見で、井上元コーチが関西弁を話していたことについて気になった人が多かったようです。

ネットで調べてみたら、かなり多くの人が井上元コーチが話す関西弁について言及していました。

スポンサーリンク

井上奨前コーチが関西弁の理由は関西大阪出身の経歴から

日大アメフト部の井上奨(いのうえつとむ)コーチは、1988年生まれの30歳で、日大スポーツ科学部の教務課の職員として勤務されています。

日大アメフト部のコーチであると共に、兼任で、日大豊山高校のアメフト部監督でもあります。

このプロフィールからすると、少なくとも大学時代以降は関東を拠点に活動しているように思われます。

それにも関わらず関西弁を話していると言うことは、元々は関西出身で日大進学時などに上京してきたという可能性があります。

スポーツの強豪校であれば全国から選手が集まってきますから、井上奨前コーチが地方など出身であってもおかしくありません。

関西弁を話しているということは、関西の出身なのでしょうか?

この点、井上奨前コーチの経歴を調べてみたのですが、高校以前のことについてはいまいちはっきりした情報が出てきません。

しかしながら、井上前コーチの実家は、大阪の洋菓子店であるという噂があります。

2018年5月28日追記
大阪府枚方市出身で、出身高校は大阪産業大学附属高校だということです。

※関連記事
井上奨コーチの実家の洋菓子店の店名や場所はどこ?評判は?【日大アメフト部】

この噂が真実であれば、井上前コーチ自身も大阪のご出身という可能性が高いのではないでしょうか。

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。