未分類

日大アメフト部監督コーチ記者会見の司会者は誰?何者?

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそく参りましょう!

さて、今回取り上げるのは、2018年5月23日に行われた日大アメフト部の内田正人前監督と井上奨コーチの記者会見の司会者が誰だったのかということについてです。

スポンサーリンク

日大アメフト部監督コーチ記者会見での司会者の対応

問題が発覚して以降、世間の注目を集めてきた日大アメフト部の関学との試合で見せた反則危険行為の件で、2018年5月23日に、監督とコーチの記者会見が行われました。

前日に、加害者となった選手の記者会見で、監督やコーチの指示があったことに言及していたため、監督やコーチがどのように説明するのかに大きな注目が集まっていました。

その会見のなかで、記者会見を取り仕切っていた日大側の司会者の対応に非難が集まっていると言います。

危険タックル、日大謝罪会見「司会者」に批判 「火に油」「最悪」の指摘も

日本大学アメフト部の選手が危険なタックルなどの反則行為で関西学院大学の選手を負傷させた問題で、内田氏と井上奨コーチが5月23日夜に東京都内で記者会見し、謝罪した。

会見を見た人たちからは、司会者の対応を批判する声が出ている。Twitterでは「司会者が最悪」「火に油を注ぐような対応」という声が相次いだ。

当初、会見は特に混乱もなく進んだ。ただ、開始から1時間半ほど経つと、司会者が質問を制する場面が目立つように。

「もう終わりにします」「もうやめてください」と会見の打ち切りを宣言する司会者と、質問を続ける報道陣とのやり取りは次第に熱を帯びるように。「打ち切りますよ、会見」と質問する記者を声を荒げて制する場面もあった。

司会者が「やめてください。もうこれ以上やっているとキリがないし、だいたい同じ質問が繰り返されているので、これで会見の質問は終わりとします」と発言すると、報道陣からは「違う質問をします」「納得いかないから同じ質問なんじゃないんですか」と声が出た。

だが、司会者は質問に答えようとする内田氏や井上氏を遮り、「記者会見はこれで終わります」「もう十分(質問を)聞きました」と、打ち切る姿勢を崩さない。

「この会見は、みんな見てますよ」という声に対して、司会者は会見を「見てても見てなくてもいいんですけど。同じ質問を繰り返されたら迷惑です」と発言した。

さらに、「司会者のあなたの発言で、日大のブランドが落ちてしまうかもしれない」という声に対しては「落ちません。余計なこと言わず」と言い張る場面もあった。

出典:https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/23/sikai_a_23441592/

この会見を見ていたあの橋下徹さんも司会対応のまずさに言及していました。

スポンサーリンク

日大記者会見の司会者は誰?

この対応がまずかったのではとされる記者会見での司会者は誰だったのでしょうか?

調べてみたところ、この司会者は、日大の広報部の職員で米倉久邦さんという方だと言うことです。

日本大学の広報担当の職員の方なのですね。

問題の発覚以降、内田前監督ら日大アメフト部の首脳陣を批判する向きが強いですが、おそらく日大のほうにも直接、取材や批判が殺到していると思います。

日大の広報担当の職員と言えば、それこそ、連日連夜、対応に追われてきたのではないでしょうか。

内田前監督とともに、司会者の米倉さんも日大病院に入院されているようですし、今回の一連の騒動に対して精神的にかなり参っておいでだったのではないでしょうか。

追い詰められた結果、司会者としての場面で、あのようなちょっとまずい対応をされてしまったのかもしれませんね。

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。