スポーツ

生きて帰るため執着しない とは何の意味?どういういことか考察【栗城史多死亡(エベレスト登山家)】

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それではさっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、エベレスト登山家の栗城史多さんがお亡くなりになった件で、栗城事務所が出したコメント「生きて帰るため執着しないと誓っておりましたのに、最後に執着してしまったのかもしれません」の意味についてです。

※関連記事
栗城史多(くりきのぶかず)の死因は何?死亡の原因【エベレスト登山家】

栗城史多 指再生治療方法は?指9本切断で失った原因と理由【くりきかずのぶ エベレスト登山家】

ちょっとこのコメントの意味が分かりづらかったので、どういう意味か考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

栗城史多さんエベレスト下山途中で死亡

栗城さんの事務所の方が、栗城さんの死亡を伝えるコメントをブログに掲載しました。

以下、内容を引用します。

このようなお知らせになり大変申し訳ございませんが、エベレストで下山途中の栗城が遺体となり発見されました。

下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことからキャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました。

生きて帰ることを誓っておりましたのに、このような結果になり大変申し訳ございません。生きて帰るため執着しないと誓っておりましたのに、最後に執着してしまったのかもしれません。

皆様へのご報告が遅くなりなりましたこと、心よりお詫び申し上げます。何m地点で発見されたかなどこれ以上の詳細が日本でわからず大変恐縮ですが、またわかり次第お知らせ申し上げます。

これまで栗城を応援していただき、本当にありがとうございました。

出典:http://www.hochi.co.jp/topics/20180521-OHT1T50165.html

『生きて帰るため執着しないと誓っておりましたのに、最後に執着してしまったのかもしれません。』

この文面が、ちょっとわかりにくいように思いました。

実際に、私と同じように思っている人もネット上で調べていたらいるようでした。

登山家の栗城史多さんがエベレスト下山中に
低体温で亡くなられて、
関係者の方がコメントを残しているのですが、
そのコメントの意味がどうしても理解できません。
どう解釈すればいいのでしょうか?

「生きて帰るために執着しないと誓っておりましたのに、
最後に執着してしまったのかもしれません」

生前「生きて帰るために執着しない」と言ってたんでしょうね。
最後に執着したから亡くなったっていいたいの?

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11190703481?__ysp=55Sf44GN44Gm5biw44KL44Gf44KB5Z%2B3552A44GX44Gq44GE

スポンサーリンク

エベレスト登頂に執着せず撤退する勇気を持つ

いろんな方のコメントを読みながら、私なりに、このコメントに込められた意味を考察してみました。

その結果、私なりの解釈で、事務所のかたのコメントに言葉を補って説明すると、

『エベレスト登頂に執着するがあまり、命を落としたくない。生きて帰ることが何より重要なので、エベレスト登頂にこだわりすぎず、危ない・無理だと判断したら勇気を持って下山する』

こんな感じの意味になるのではないでしょうか?

途中で下山しようとしても、数千メートルの地点から実際に地上にたどり着くためには、時間も労力も多大な物を要します。

「今回こそは何としてでも成し遂げたい」
「まあ、なんとか大丈夫だろう」

なんという気持ちが少しでも強くて、下山を決断する判断が遅れると命取りになるでしょうから、生きて帰るためにエベレスト登頂に執着しすぎないように誓われていたのではではないしょうか。

今回のコメントでは、ちょっと事務所の方の言葉は言葉足らずな部分もあるかもしれません。

しかしながら、事務所の方も到底受け止めきれないショックの中、栗城さんの訃報を職責として頑張ってつたえられたのだと思います。

※関連記事
栗城史多(くりきのぶかず)の死因は何?死亡の原因【エベレスト登山家】

栗城史多 指再生治療方法は?指9本切断で失った原因と理由【くりきかずのぶ エベレスト登山家】

栗城さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。