未分類

5月23日南海トラフ地震予言 発生時刻(時間)が示すデマ・嘘の根拠

どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで気になったことに関して、独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、南海トラフ巨大地震が2018年5月23日に起こると噂されている件について発生すると予言されている時刻の矛盾から説明していきます。

南海トラフ巨大地震は、今後30年以内に発生する確率が「70%から80%」と予測されている前代未聞の被害をもたらす可能性のある巨大地震です。

※関連記事
南海トラフ巨大地震とは何?発生確率と被害想定(震度や津波等)規模予想

南海トラフ巨大地震 2018年5月23日発生は本当?デマの嘘?噂の出所と真偽・真相

私の考えでは南海トラフ巨大地震が2018年5月23日に起きるという噂は、まったくのデタラメでただのデマ・嘘に過ぎないと考えています。

スポンサーリンク

発生時刻(時間)に見る南海トラフ地震(2018年5月23日)の予言がデマ・嘘である理由

今回ネット上で噂されている、2018年5月23日に南海トラフ地震が起きるという件の元ネタ・出所は、2150年から来たという未来人『XU』氏のTwitterでの以下の投稿です。

これによると、

2018.5.23.
3:45
南海トラフ巨大地震が発生

と記載されています。

2018年5月23日の3時45分に起きると予言している模様です。

基本的には、午前・午後(AM・PM)をつけずに、ただ単に「3:45」と表現した場合には、午前3時45分を示していると思われるのが一般的だと思います。

ところが、時間について他のユーザーからツッコまれて、『昼間』と言っていますので、未来人XU氏は、午後3時45分(15時45分)のつもりで言っているようです。

この点、わざわざ未来から危機を伝えにきた未来人が、災害が起こる時刻という非常に重要な情報を誤解を招くような表現で伝えるでしょうか?

わざわざ未来から予言しにきたのなら、前もって警告することにより、地震の被害を最小限に食い止めることが目的だと思います。

それにも関わらず、肝心の発生時刻について、午前か午後かを誤解させるような表現を用いて伝えるはずはありません。

したがって、今回の2018年5月23日に南海トラフ地震が発生するといううわさはデマ・嘘に過ぎないことが分かります。

その他、以下の記事では、南海トラフ大地震やその発生の予言内容について様々な方面から検証していますので、合わせてご覧下さい。

南海トラフ巨大地震とは何?発生確率と被害想定(震度や津波等)規模予想

南海トラフ巨大地震 2018年5月23日発生は本当?デマの嘘?噂の出所と真偽・真相

南海トラフ地震 2018年5月23日の何時に起きる?午前・午後・深夜?嘘・デマの根拠と理由も

今回もご覧にただいて、ありがとうございました。

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。