イベント

2018年の恵方巻きの方角(吉方位)は?関西・近畿で今年食べる場合


どうも!颯介です^^

今回も、日々の気になった出来事などについて、私独自の目線でじゃんじゃん意見を述べていきたいと思います。

それでは、いきますね!

さてさて、今回のテーマは、節分の日に丸かぶりする恵方巻きについてです。

2018年2月3日の節分の日は、今年は、土曜日ですね。

もちろん、お仕事によって、いろいろかもしれませんが、土曜日ということで、ご家族そろって、豆まきや恵方巻きの丸かぶりをされる方も多いかもしれませんね。

私自身はといえば、節分の日には、子供たちと一緒に、好きな具材をつめたオリジナルの巻き寿司を手作りして楽しんでいます。

最近では、節分が近づいたら、ここぞとばかりに、各スーパーや寿司店、コンビニなどで既製品の恵方巻きをを販売しています。

クリスマスやバレンタインなどと同様に、各店舗の旬の主力商品になっているわけですね。

でも、個人的には、家族団らんの時間もあわせてとれる手作りの恵方巻きが最高だと思っています^^

本当は、七福神にあやかった7種類の具材を入れた太巻きを食べるものだったりすると聞いたことがありますが、私も妻も子供もサラダ巻きが好きですので、例年、我が家の恵方巻きはサラダ巻きです。

前置きが長くなってしまいましたが、本題に入っていきますね~

節分の日に恵方巻きを丸かじりするときには、気をつけなければいけないマナーがいくつかあります。

後で紹介しますが、恵方巻き丸かぶりは関西が発祥だという説が有力ですので、関西人としてマナーをしっかり守りたいところです^^

その恵方巻き丸かぶりのマナーの1つとして、恵方巻きを丸かぶりをするときは、恵方(吉方位)をむいて行わないといけません。

しかも、恵方は毎年変わりますし、私は関西人なので、関西や近畿地方では恵方巻きを丸かじりする際に、どの方角を向いて食べたらいいのかについて調べてみました!

あわせてせっかっくなので、節分の日に恵方巻きを丸かぶりする際の注意点やマナー等の作法についても解説していきたいと思います^^

スポンサーリンク

2018年2月3日節分 関西・近畿の恵方(吉方位)は南南東!

節分の日に恵方巻きを丸かじりをする際には、恵方(吉方位)を向いて食べますが、この恵方(吉方位)の方角は、毎年変わります。

そして、今年の恵方(吉方位)は、南南東です!

「関西・近畿の恵方」と書きましたが、実は、日本全国どこでも同じです。

ですので、南南東の方角を向いて恵方巻きの丸かぶりをしましょうね^^

恵方(吉方位)の方角を教えてくれるアプリ

元々、方角について気にかけていないという場合や、お仕事やレジャーでお出かけだったりする場合、
「今年の恵方は南南東なので、南南東を向いて恵方巻きを丸かじりしましょう」

といわれても、南南東の方角がいまいちよくわからないかもしれません。

方位磁石(コンパス)を普段から持ち歩いている人は、普通はいないでしょうし、地図アプリを参考にして南南東の方角を特定する方法もあると思います。

しかし、もっとスマートな方法があります。

1年に1度、節分の日に使用するためだけに作成された恵方専用アプリがありますので、よろしければ以下からご利用されるといいのではないでしょうか。

※正確には、初詣の日などほかの日にも恵方(吉方位)を気に掛けていらっしゃる方もいるかもしれません。

Android 恵方マピオン

IOS 恵方マピオン

スポンサーリンク

恵方(吉方位)の決め方

恵方(吉方位)は毎年変わります。

恵方は、後述しますように、幸福を呼ぶ神様がいる方向なのですが、この神様が1年おきに場所を移動されるのですね。

※ちなみに、この神様は、「歳徳神(としとくじん)」という女神様です。

とはいえ、

「毎年コロコロと方角が変わっていったい誰が恵方って決めているの?」

「恵方はどうやって決めているのかな?」

と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

恵方は、

甲(きのえ)
乙(きのと)
丙(ひのえ)
丁(ひのと)
戊(つちのえ)
己(つちのと)
庚(かのえ)
辛(かのと)
壬(みずのえ)
癸(みずと)

の10個からなる「十干(じっかん)」によって決まります。

この「十干(じっかん)」は、古代中国で考えられたもので、のちに日本にも伝わりました。

この10種類に対応して、10年で4種類の方角【北北西、東北東、南南東、西南西】が1巡していきます。

結果として、

・西暦の下一桁の数字が2と7の年 ⇒ 北北西

・西暦の下一桁の数字が4と9の年 ⇒ 東北東

・西暦の下一桁の数字が1と3と6と8の年 ⇒ 南南東

・西暦の下一桁の数字が0と5の年 ⇒ 西南西

のような形で恵方が決まります。

このルールにより、2018年の恵方は「南南東」、来年2019年の恵方は「東北東」、再来年2020年の恵方は「西南西」となるわけですね!

まあ、とはいえ、「こんなのわざわざ覚えていらない!」というのが正直な所だと思いますので、また来年の節分のときに、ネットで調べてみて下さいね(笑)

スポンサーリンク

恵方巻き丸かぶりの食べ方のルール

年に一度の節分の日に、恵方巻き丸かぶりをする際には、守るべき食べ方のルールがあります。

年に一度しかないせっかくの機会ですので、恵方巻きの食べ方の作法やマナーを守って丸かぶりをしましょう。

後で、個別の項目については説明しますが、手短にルールを箇条書きでまとめておきますね!

【ルール1】切らずにそのまま1人で1本を丸かぶり
【ルール2】恵方(吉方位)の方向に向かって
【ルール3】しゃべらずに願い事をしつつ食べる

以上の3つのルールを守りながら、恵方巻きの丸かぶりをしましょう^^

ここからは、この3つのルールについて、個別に詳細に説明を加えていきたいと思います。

【ルール1】切らずにそのまま1人で1本を丸かぶり

恵方巻きは、包丁をいれずにそのまま丸かぶりをします。
1人で1本をまるまるかぶりつきましょう!

恵方巻きは福を包み込んでいる食べ物です。
したがって、その恵方巻きに包丁を入れるということは、福を切るということに等しいんですね。

「福を切る」なんて、当然ながら好ましいことではありませんので、恵方巻きは切らずに丸かぶりをすることになっているのです。

その他にも、縁を切ることになるからよくないと言われたりします。

【ルール2】恵方(吉方位)の方向を向かって

恵方巻きは、恵方(吉方位)を向かって丸かぶりしなければなりません。

恵方(吉方位)は、「歳徳神(としとくじん)」という幸福の女神様がいらっしゃる方角です。

この幸福を呼ぶ神様がいらっしゃる方向を向いて、恵方巻きを食べるわけですね。

この「恵方」は、先述のとおり、毎年変わります。

今年2018年は、南南東が恵方ですから、南南東の方角に向かって、恵方巻き丸かぶりしましょう!

【ルール3】しゃべらずに願い事をしつつ食べる

恵方巻きを丸かぶりする際には、無駄口を叩いていてはいけません。

無言で願いごとをしながら、恵方巻き丸かぶりをしましょう。

それでは、なぜ、無言で食べなければならないのでしょうか?

その理由は、主に以下の2点によります。

・神様に向かっておしゃべりするのは失礼だから

・恵方巻きの包み込む福をにがしてしまうから

恵方巻き丸かぶりをするときには、しゃべらず願い事をしながらたべましょうね!

なんとなくですけど、願掛けの意味でも、しゃべらずに一本まるまるを食べ終えた方が、願い事も叶いそうな気がしますよね^^

スポンサーリンク

恵方巻きの起源は関西発祥説が有力!

恵方巻きは、いまでこそ、全国的に認知度が高まっていますが、ほんの少し前まではそうでもなかったようです。

なんでも、いまのように全国区の知名度で、節分の行事として受け入れられるようになったのは、1998年にコンビニ「セブンイレブン」が旬の商品として節分に売り出したことがきっかけらしいです。

それまでは、関西地方でのみ、恵方巻きの丸かぶりは行われていたそうです。

しかも、おなじ関西地方でも、地域によってばらつきがあったり、人によっては、関西人でも恵方巻きのことなんて知らずに育ったひともいるみたいですね。

そんな恵方巻きですが、元々の起源は、古く江戸時代にまで遡ります。

戸時代に「商売繁盛」や「厄除け」として、節分の日の夜に巻き寿司をまるごと食するならわしがあったといいます。

この江戸時代のならわしが、昭和頃になって、少しずつ「節分丸かぶり寿司」として広まっていったのではないかと言われているんです。

※恵方巻きの起源については、諸説ありますが、関西発祥説が有力とされているとのことで、こちらでは関西発祥説をとりあげました。

スポンサーリンク

まとめると・・・

色々と解説していたら、長くなってしまって、ちょっと見づらいような気がしますね^^;

そこで、改めて、節分の日の恵方巻き丸かぶりについてまとめてみたいと思います。

・恵方巻きは切らずにまるごと
・今年2018年の恵方(吉方位)である南南東を向いて
・祈り事をしながら無言でまるかぶり
・恵方巻きの起源は関西発祥説が有力

関西が発祥という説が有力と言うことですし、関西人の伝統として、ルールを守って恵方巻きを楽しんでください^^

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。