イベント

2018年の恵方巻きの方角(吉方位)は?兵庫県・神戸市で今年食べる場合


どうも、颯介です。

今回も、日常の出来事などの中で、気になったことについて、独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、恵方巻きについてです。

2018年2月3日(土曜日)は節分の日です。

豆まきをするとともに、恵方巻きにかじりつきますよね。

私の家庭でも、行事ごとは子供達のためにも大切にしたいと思っています。

2月3日は、父として鬼のお面をかぶって、豆をぶつけられて追い払われる(笑)のはもちろんですが、恵方巻きも家族で食します。

最近では、回転寿司店やスーパー、弁当屋、コンビニなどなどありとあらゆる所で、恵方巻きが売られています。

節分が近づくと、町中のいたるところで、「節分丸かぶり」の文字を見かけますよね(笑)

商売人にとっては、書き入れ時なんでしょうね。

我が家では、巻き寿司はお店では購入せずに、子供の好きなサラダ巻きを子供達と一緒に作るのが恒例になっています。

そして、恵方巻きを食べる際に毎年気になるのが、

「あれ?どっちの方角を向いて食べるんだっけ?」

ということです。

恵方巻きを食べる際には、作法があり、恵方と呼ばれる方角・方向を向いて食べなければなりません。

そして、恵方は毎年変わると言います。

そこで、今回は、私の住んでいる兵庫県・神戸市では、恵方巻きを食べる際に、どの方向を向いて食べればいいのか、恵方巻きの恵方について調べてみました。

あわせて、恵方巻きを食べる際の作法・マナーや注意点、発祥・由来等についても解説していきますね^^

スポンサーリンク

2018年節分の恵方巻き丸かぶりの恵方は南南東

まず、結論から言いますと、2018年2月3日(土曜日)に恵方巻きを丸かぶりする際の恵方は、

南南東

です。

「兵庫県・神戸市の恵方」と書きましたが、実は、日本全国どこでも同じです。

以下に、恵方巻きを丸かぶりする際の作法や注意点について解説していて、そちらで詳しく説明しますが、恵方巻きは恵方を向いて食べる必要があります。

つまり、南南東の方角を向いて恵方巻きを丸かぶりしましょう。

方角を確認できるスマホアプリ

職場やお店など外出先だったり、ふだんから方角なんてあまり意識されていない方の場合、恵方巻きを食べる際の今年の恵方である南南東がいったいどちらの方角にあたるのか確認されたいことがあるかもしれません。

そこで、方角を確認できるスマホアプリをご紹介しておきたいと思います。

Android用 Smart Compas

iphone用 Cmmander Compass Lite

スポンサーリンク

恵方巻きを丸かぶりする際の作法・注意点など

節分の時に、恵方巻きを丸かぶりする際には、いろいろと作法や注意点などがあります。

そこで、ここからは、恵方巻きを丸かぶりする際の作法や気をつけなければいけないことについて書いてきます。

まず、わかりやすく項目をまとめて提示しておきますね!

1 包丁で切らずに1人1本丸かぶり
2 恵方を向いて食べる
3 無言で願い事をしながら食べる

この3点が恵方巻きを丸かぶりする際の作法と注意点です。

以下、それぞれの項目について詳しく説明していきますね!

1 包丁で切らずに1人1本丸かぶりする

まず、包丁で切って小さくして食べてはいけません。

切らずに太巻きをそのまま丸かぶりするのです。

なぜ、恵方巻きを切らずにそのまま丸かぶりするかというと、恵方巻きは「福」を巻き込んでいる食べ物とされ、包丁をいれて恵方巻きを切る行為は、「福」を切る行為になってしまうためです。

「福」を切るのは、縁起が悪いですよね^^;

恵方巻きを食べる際には、包丁で切ったりすることなく、1本まるごとそのまま丸かぶりしましょう!

2 恵方を向いて食べる

そもそも、恵方というのは、歳徳神(としとくじん)という女神がいる方向です。

この神様は、金運や幸せを司る神様です。

この神様がいらっしゃる方向である恵方は、その年の最も良い方角とされます。

この恵方に向かって、恵方巻きを食べるということですね。

この恵方は毎年変わります。

歳徳神様は、同じ場所にとどまらずに毎年場所を移動していらっしゃると言うことですね。

そこで、毎年変わる恵方について、コンビニやお寿司屋さんなどでは、ポスターで「今年の恵方は・・・」といった具合に、恵方巻きの丸かぶりをその年はどの方角を向いて行えばいいのか知らせてくれます。

ということで、今年2018年は、南南東が恵方ですので、南南東を向いて、恵方巻きの丸かぶりを行いましょう。

3 無言で願い事をしながら食べる

恵方巻きを丸かぶりする際には、ぺちゃくちゃとおしゃべりをしていてはいけません。

恵方巻きは福を包み込んでいる訳ですが、不要なおしゃべりをして、せっかく口から丸かぶりして、体内に福を入れようとしているのに、おしゃべりのせいで福が逃げてしまってはいけません。

また、先ほど言いましたように、恵方巻きは、恵方、つまり神様のいらっしゃる方角を向いて丸かぶりを行います。

丸かぶりをして恵方巻きをする際に、神様に向かって、ぺちゃくちゃおしゃべりしてしまっては失礼に当たりますよね?

1年の幸せなど、願いごとをしながら、食べ終わるまで無言で恵方巻きの丸かぶりをしましょう。

スポンサーリンク

恵方巻きの発祥・由来について

恵方巻きの発祥については、諸説あります。

最も有力とされるのが関西地方を発祥とする説です。

江戸時代末期において、厄払い・商売繁盛の意味から、毎年節分の日の夜に巻き寿司をまるごと食べる習慣を持っていたそうです。

この江戸時代からの習慣が、昭和初期あたりになって、節分丸かぶり寿司と呼ばれ、徐々に広まっていくようになります。

とはいえ、発祥地として有力とされる関西でも戦前にはそれほど知名度はなかったそうです。

戦後になって、海苔業界や寿司業界など、丸かぶり寿司が流行ることによって潤い業界の業者による度重なるイベントの実施が、関西のマスコミに取り上げられたりして、関西で少しずつ広がっていったといいます。

スポンサーリンク

恵方巻きが全国に広まったきっかけ・理由はコンビニ「セブンイレブン」

しかし、関西でしかほとんど知られていなかった恵方巻きも、いまや全国区の知名度を持っています。

なぜ、恵方巻きが全国的に知られるようになったかというと、1998年(平成10年)に、コンビニエンスストアのセブンイレブンが「丸かぶり寿司 恵方巻き」と少子、太巻きを販売したことがきっかけです。

全国に数多くの店舗を擁する大手コンビニが販売したことにより、全国的な知名度を持つようになったのですね。

その後、コンビニ各社やスーパー等が追随して、恵方巻きを節分のタイミングに合わせて販売するようになったんですね。

クリスマスやバレンタインなどの各種行事が広まったのも、需要を生み出すために、どこかの商人が意図的に広めたのだと思いますが、恵方巻きも、戦後の海苔業者や寿司業者やその後のコンビニなどがあらたな需要を生み出すために、商売のために広めたのですね。

スポンサーリンク

恵方巻きの意味

恵方巻きを丸かぶりする際には、恵方をむきますが、既に記載しましたように、恵方というのは、歳徳神(としとくじん)という神様がいる方向です。

この歳徳神(としとくじん)様は、古くから正月の神様と結びつけられています。

2月3日なのに、「正月の神様」というのは違和感を感じるかもしれませんが、昔は、今と異なる時期から、1年が始まっていました。

節分は、旧暦では、12月末日の前後15日間のどこかです。

そして、これを新しい暦で換算すると2月3日頃になるのです。

1年の始まりに、幸せを司る神様の方をむいて、「福を巻き込んだ」巻き寿司を願い毎をしながら、たべるということです。

スポンサーリンク

恵方の決まり方は?

恵方巻きを丸かぶりする際の恵方(吉方位)は、毎年変わります。

今年2018年は「南南東」ですが、昨年2017は「北北西」でしたし、来年は「東北東」です。

以下に、数年間にわたって、これまでと今後の恵方(吉方位)を記載しておきます。

2015年 西南西
2016年 南南東
2017年 北北西
2018年 南南東
2019年 東北東
2020年 西南西
2021年 南南東
2022年 北北西
2023年 南南東
2024年 東北東
2025年 西南西

となっています。

恵方(吉方位)は、

西南西・南南東・北北西・東北東

の4種類だけしかありません。

恵方はルールにより決まっています。

古代中国で使用されていた年・日付・空間・方角・数字等を表現した10個の要素である「十干(じっかん)」です。

・・・と言われても「なんのこっちゃ!?」って感じですよね(笑)

結果を簡潔にお伝えすると、この十干のルールにより

・西暦の下一桁の数字が2と7の年 ⇒ 北北西
・西暦の下一桁の数字が4と9の年 ⇒ 東北東
・西暦の下一桁の数字が1と3と6と8の年 ⇒ 南南東
・西暦の下一桁の数字が0と5の年 ⇒ 西南西

といった具合に恵方が決まります。

といっても、こんな年に1回しかない行事のためにいちいちこんなの覚えていられませんよね(笑)

まあ、ただのトリビア(豆知識)として、「へぇ~」程度にご覧頂いて、毎年節分の日にネット検索したらいいとおもいます^^

スポンサーリンク

恵方巻きの具材

いまでは、海鮮巻き・エビフライ巻き・サラダ巻きなどなど、様々な具材の入った巻き寿司が恵方巻きとして販売されていると思います。

しかしながら、メジャーな恵方巻きには、7種類の決まった具材が入っています。

この7種類の具材は、七福神にあやかったものとされ、

1 穴子
2 卵焼き
3 椎茸
4 干ぴょう
5 きゅうり
6 高野豆腐
7 でんぶ

が恵方巻きの中に入っています。

まとめ

なんか色々とごちゃごちゃと長くなってしまったので、最後にまとめておきますね。

・恵方巻きは、神様の方向を向いて食べる
・神様のいる恵方は今年2018年は南南東
・太巻きは、切らずに丸1本をしゃべらず、南南東に向かって願い事をしながら丸かぶり

ということです。

1年に1回のせっかくの節分の日ですので、ルールを守って恵方巻きを楽しみましょう^^

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。