未分類

南海トラフ地震 2018年5月23日の何時に起きる?午前・午後・深夜?嘘・デマの根拠と理由も


どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、南海トラフ巨大地震が2018年5月23日に起こると噂されている件で、何時に地震が起きるのかということについてです。

南海トラフ巨大地震は、日本国政府による地震調査委員会では、2018年1月1日時点の評価で今後30年以内に発生する確率が「70%から80%」と予測されている前代未聞の巨大地震です。

※関連記事
南海トラフ巨大地震とは何?発生確率と被害想定(震度や津波等)規模予想

南海トラフ巨大地震 2018年5月23日発生は本当?デマの嘘?噂の出所と真偽・真相

私個人としては、基本的には、今回の南海トラフ巨大地震が2018年5月23日に起きるという噂は、ただのデマ・嘘に過ぎないと考えています。

ですので、南海トラフ巨大地震が起きるとした場合、何時に起きるのかということとあわせて、この噂がただのデマ・嘘だといえる根拠や理由について解説して行きたいと思います。

スポンサーリンク

南海トラフ地震は2018年5月23日の何時に起きる?昼?夜中や深夜?

今回ネット上で噂されている、2018年5月23日に南海トラフ地震が起きるという件の元ネタ・出所は、2150年から来たという未来人『XU』氏のTwitterでの以下の投稿です。

これによると、

2018.5.23.
3:45
南海トラフ巨大地震が発生

と記載されています。

つまり、2018年5月23日の3時45分に起きると予言している模様です。

基本的には、午前・午後(AM・PM)をつけない単に「3:45」という表現は、通常は24時間表記と考えられます。

したがって、2018年5月23日の午前3時45分、つまり深夜に起こると予言されていると一見すると思われます。

しかしながら、時間について他のユーザーからツッコまれて、『昼間』と言っていますので、未来人XU氏は、午後3時45分(15時45分)のつもりで一応言っているようです。

スポンサーリンク

2018年5月23日の南海トラフ地震発生が嘘・デマである根拠と理由

私は、基本的には2018年5月23日に南海トラフ巨大地震が起きるというのはただのデマ・嘘に過ぎないと考えます。

このTwitterの投稿による予言は、本当に未来人が行った物でなく未来人を名乗る現代人の愉快犯による投稿だと思います。

嘘・デマと言える理由・根拠【 1 】『震度9』なんて存在しない

この未来人『XU』の投稿内容のなかにおかしな表現があります。

皆様はじめまして、僕は皆様にこれをお伝えしに参りました。

2018.5.23.
3:45
南海トラフ巨大地震が発生

2018.6.15.
12:32
富士山噴火、
その2日後
2018.6.17.
1:25
四国方面で震度9を観測する巨大地震発生、行方不明者21万5639人.死者30万7690人

15:49 – 2018年4月17日

未来人XUを名乗る人物の予言では、2018年5月23日に南海トラフ巨大地震が発生するという予言の他に、2018年6月17日に四国方面で震度9の地震も起こると言っています。

現在、日本には『震度7』までしかありませんので、『震度9』という表現がおかしいです。

気象庁震度階級

現在はほぼ揺れを感じない震度0から震度1、2、3、4、5弱、5強、6弱、6強、7までの10段階が設定されている。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E8%B1%A1%E5%BA%81%E9%9C%87%E5%BA%A6%E9%9A%8E%E7%B4%9A

現在、日本には『震度7』までしかありません。

2018年6月17日までに震度が9まで引き上げられるような動きがあれば、すでに現時点でそのような検討を国が行っていることが漏れ聞こえてくるはずです。

しかしながら、そんな話は聞いたことがありません。

『震度9』というようなデタラメな表現を使っているところを見ると、記載されている内容全体が疑わしいものになってしまいます。

嘘・デマと言える理由・根拠【 2 】時刻の表現があいまい

すでにご紹介したとおり、未来人XU氏本人によれば、Twitterの投稿にある2018年5月23日の南海トラフ地震の発生時刻『3:45』は午後3時45分のことらしいです。

しかしながら、普通に考えれば、単に『3:45』と表現した場合、深夜の午前3時45分だと多くの人が認識するはずです。

わざわざ未来から危機を伝えにきた未来人が、災害が起こる時刻という重要な情報を誤って受け取られかねない表現でつたえるでしょうか?

日本の存亡にも関わるような大災害である南海トラフ巨大地震が発生することを本当に警告するつもりで未来から来たのなら、時刻については誤解のないように確実に伝えると思います。

正確な時刻が前もって分かっていれば、心の準備も、そのほかのことに関する準備もできますので、被害を最小限に抑えることができるかもしれません。

それにも関わらず、誤解を招きかねないあいまいな時刻の表現を使うと言うことは、そもそも警告を与えるつもりではなく単なるデタラメだということではないでしょうか?

嘘・デマと言える理由・根拠【 3 】岡山ドバーランドは存在しない

おそらく真偽を確認しようとしたユーザーが、未来人XU氏に対して、以下のような投稿を行いました。

https://twitter.com/Yuiyyg/status/986509389249957888

それに対して、未来人XU氏は

と、岡山ドバーランドが存在していることを前提に存続していることを伝えています。

しかしながら、この岡山ドバーランドはプラネットコースター(PlanetCoaster)というソフトによって作られた仮想上の遊園地であって、実在する遊園地ではありません。

それにも関わらず、未来人XU氏は岡山ドバーランドの存在を前提として受け答えをしているのは、そもそも未来人XU氏がデタラメを言っているという証拠です。

嘘・デマと言える理由・根拠【4】気象庁からの最新の発表

気象庁では、南海トラフ巨大地震の危険性について定例の発表を行っています。

最新の情報では2018年5月9日に気象庁から南海トラフ巨大地震に関する情報が発表されていました。

南海トラフ地震に関連する情報(定例)について -最近の南海トラフ周辺の地殻活動-

気象庁では、大規模地震の切迫性が高いと指摘されている南海トラフ周辺の地震活動や地殻変動等の状況を定期的に評価するため、 南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会、地震防災対策強化地域判定会を毎月開催しています。
本資料は本日開催した評価検討会、判定会で評価した調査結果を取りまとめたものです。
次回は6月7日を予定しています。
なお、下記調査結果は本日17時00分に「南海トラフ地震に関連する情報(定例)」として発表しています。

報道発表日
平成30年5月9日

概要
現在のところ、南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性が平常時と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。

出典:http://www.jma.go.jp/jma/press/1805/09b/nt20180509.html

いまのところは、南海トラフ巨大地震の発生につながるような活動は観測されていないようです。

2018年5月23日に南海トラフ巨大地震が本当に起こるのであれば、何らかの変化がすでに観測されていてもおかしくないかもしれません。

これらのことを考えると、基本的には、2018年5月23日に南海トラフ巨大地震が起こるという噂は、単なるデマであり、実際には起きないと考えて良いと思います。

スポンサーリンク

とはいえ、可能性はゼロではないかも

既にお伝えしたとおり、2018年5月23日に南海トラフ巨大地震が起きるという噂は単なるデマに過ぎないと考えられます。

しかしながら、2018年5月23日に南海トラフ巨大地震が起きる可能性はまったくのゼロかといえば、そうとは言い切れません。

日本国政府による地震調査委員会では、2018年1月1日時点の評価で、今後30年以内に南海トラフ巨大地震が発生する確率を「70%から80%」と予測しています。

『今後30年以内におよそ8割方起こる』ということは、それはつまりいつ起こってもおかしくないと言うことでもあるといえます。

いつ巨大地震が起こっても大丈夫なように、備えておくに越したことはないのではないでしょうか?

※関連記事
南海トラフ巨大地震とは何?発生確率と被害想定(震度や津波等)規模予想

南海トラフ巨大地震 2018年5月23日発生は本当?デマの嘘?噂の出所と真偽・真相

今回もご覧頂いて、ありがとうございました。

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。