未分類

新橋駅前で女子高生7人が同時に過呼吸で倒れた理由はなぜ?原因を考察


どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事の中で、気になったことについて独自の視点で切り込んで行きたいと思います。

さて、今回取り上げるのは、2018年5月11日の夕方に東京の新橋駅のSL広場前で女子高校生7人が同時に倒れた件についてです。

ニュースの映像や画像を見て、野次馬達で人だかりができているのをみてびっくりしました(笑)

それと同時に

『いったいどうして7人同時に同じような症状で倒れたりするのかな?』

という疑問が脳裏に浮かびました。

※関連記事
神奈川県立高校生は遠足で東京に行く目的は何?【JR新橋駅女子高生7人過呼吸】

JR新橋駅前SL広場 女子高生7人同時過呼吸の神奈川県立高校はどこ(横浜市)?【東京遠足】

どうやら過呼吸(過換気症候群)という症状ではないかと言われているようですが、それが7人同時に起こるというのは不思議な現象のように思います。

ということで、今回は、新橋で女子高校生7人が同時に過呼吸で倒れたのがなぜなのか、その理由や原因について考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

新橋駅前で女子高生7人が倒れたニュース

まずはじめに、女子高生達が倒れた理由を考察するに当たり、どういう状況だったのかをニュース記事から確認しておきたいと思います。

東京都消防庁によると、横浜市内の高校生の男女約300人が、遠足で都内を訪れていた。
横浜市内へ帰るため、午後3時半に新橋駅前のSL広場で待ち合わせをしていたところ、7名の生徒が集合時間に遅れてしまい、他の待っていた生徒に対して「申し訳ない」というようなことを発言。
集まっていた女子生徒が連鎖的に不調を訴えたという。午後4時20分に通報を受け、現場には13台の消防隊が駆け付けた。教師など引率者は約10人だったという。

SL広場では規制線が張られ、一時、周囲に人だかりができた。
様子を見ていた若い男性は、
「何人かの生徒が先生に怒られていて、1人が気持ち悪くなって、周りにうつった感じだった。中には吐いた人もいる様子だった」
と現場の状況を話す。
東京消防庁はそこまでの詳細は不明としている。

NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈さんは、過呼吸ともいわれる過換気症候群の症状ではないかと分析する。

「若い人には珍しくありません。興奮したり、急に不安に陥ったりすると過換気症候群になりやすいです。交感神経が活発になっている時に呼吸がうまくできなくなり、体の酸素が過剰に増えてしまい、二酸化炭素が減り過ぎる状態になります。ヒトの血液はちょうど中性に保たれていますが、二酸化炭素が減ることで急激に血液がアルカリ性に傾き、体内の細胞が正常に働くために必要な電解質のバランスが崩れることで、しびれや意識障害などの症状を起こします」

1人がなると、それを近くで見ることで不安になり過換気症候群になる人もいるようだ。

出典:https://dot.asahi.com/wa/2018051100088.html?page=1

高校生達は、遠足で横浜から東京観光に来ていたのですね。

そして、女子生徒達は、集合時刻に遅刻してしまい、それを先生に怒られたことがきっかけになって、過換気症候群という症状に引き起こしてしまったということのようです。

極度の緊張や精神的不安により、過換気症候群が引き起こされることがあるということです。

スポンサーリンク

7人同時に倒れたのは集団ヒステリー(集団パニック)が原因?

上記の引用記事にも、過換気症候群は、

『1人がなると、それを近くで見ることで不安になり過換気症候群になる人もいるようだ。』

と書いてあり、1人がこの症状になることで周囲の人が連鎖的に同じ過換気症候群になる人もいるようです。

それにしても、一緒に遅刻した7人の生徒がそろいもそろって倒れたというのは、すごいですね^^;

今回の件について調べていく中、以下のようにSNSで投稿されている方がいました。

何人かの人が、今回の女子生徒7人が同時に倒れた件について『集団ヒステリー』ではないかと言及していました。

『集団ヒステリー』の場合、同時に複数人が同じ症状で倒れることがあるようです。

※関連記事
集団ヒステリーとは何?女子に多い原因と日本の事件事例【新橋女子高生7人集団パニック】

スポンサーリンク

過去にもあった集団ヒステリー(集団パニック)事件

実は、今回のように女子生徒が集団で同時に過呼吸になるような事例は過去にも度々あったようです。

調べていくなかで、以下のような記事を見つけました。

過去にも例がある「女子高生集団パニック」 専門家が分析(2014年7月3日)

6月30日、女子高生が集団パニックになる騒ぎが起こった。
場所は福岡県の私立柳川高校で、1年生の午前の授業中に突然、女子生徒が奇声を上げ、それに呼応するように周りの女子生徒が次々と倒れていったのだ。
さらに騒ぎを見に来た生徒まで巻き込み最終的に1~3年生計26人の女子生徒が倒れる事態となった。

学校は突然のことに臨時休校になったが、いまだに原因は分かっていない。

「生徒の体調は午後に良くなったので、4時間目が終わったら帰らせました。きのうも倒れた生徒にヒアリングをしましたが、その後、異常は出てないのでこの話はこれ以上調べる予定はありません」(柳川高校副校長)

実は集団パニックはよく起きている。

昨年6月にも兵庫県の県立上郡高校で、昼休みに女子生徒が過呼吸になり、他の女子生徒にも移り、合わせて18人が倒れた。
さらに06年7月には千葉県船橋市の駅ビルで女子中学生が突然倒れ、見守っていた同じ中学校の生徒11人が次々とパニックを起こしたという。

出典:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/151544

この記事から読み取れるだけでも、

2006年7月 女子中学生1人が倒れ、周囲の同じ中学の女子生徒11人が次々にパニックを起こした(千葉県船橋市)
2013年6月 女子生徒18人が倒れる(兵庫県立上郡高校)
2014年6月30日 女子生徒26人が倒れる(福岡県所在の私立柳川高校)

これらの事例が少なくとも過去にあったようです。

不思議ですね~

倒れるのが女子生徒ばかりというのも興味深いです。

※関連記事
神奈川県立高校生は遠足で東京に行く目的は何?【JR新橋駅女子高生7人過呼吸】

集団ヒステリーとは何?女子に多い原因と日本の事件事例【新橋女子高生7人集団パニック】

JR新橋駅前SL広場 女子高生7人同時過呼吸の神奈川県立高校はどこ(横浜市)?【東京遠足】

今回もご覧頂いて、ありがとうございました。

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。