CM

ブッコミCMロケ地の駅はどこ?武込(ぶっこみ)駅CGモデルは実在?


どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、2018年4月から放映されている漫画閲覧サイト『ブッコミ(BookLive!コミック)』のテレビCMに映っているロケ地やモデルとなった駅についてです。

漫画を電子書籍として閲覧できるサービスが最近になって本当に多くなってきましたね。

ピッコマ、めちゃコミック、Renta!、まんが王国、コミックシーモア、pixivと盛りだくさんです。

で、このブッコミのCMなんですが、栗山千明さんが豚の鼻を付けているところや、豚のキャラクターである『ブッコ』とやり取りをしているところなんか、ユーモアがあって面白いですね(笑)

そして、気になるのがロケ地がどこなのかということです。

のどかな田舎の風景が素敵で、なかなか趣のある駅ということもありますし、何より武込(ぶっこみ)という名前の駅が本当に実在するのか興味がそそられます。

そこで、今回はブッコミのCMのロケ地の駅がどこなのか、モデルとなった駅は実在するのかなどについて調査してみました!

スポンサーリンク

ブッコミCM動画を紹介

まず、はじめに今回取り上げているブッコミのCM動画をご紹介します。

YouTubeの『【公式】BookLive!コミックブッコミ』チャンネルに、CM動画がアップされていましたので、そちらから引用してご紹介しますね!

CMの舞台は、どこかの田舎と思われる駅です。

スマートフォンを片手に持ちながら路頭に迷った様子の栗山千明さんが、

『どこへ行けば良いのか・・・マンガのアプリが多すぎて、何を選べば良いのか・・・』

とつぶやきます。

そんな困り果てた様子の栗山さんに豚の駅長『ブッコさん』が

『ブッコミなさい。』

と優しく力強い声で言い放ちます(笑)

豚の駅長さんの声優を務めているのが平泉成さんだというのも、なんかハマっていて面白いです^^

スポンサーリンク

武込(ぶっこみ)駅は実在する?CGなの?

まず、気になるのがCM内にでてきた『武込駅』(ぶっこみ駅)が実在するのかどうかです。

もしかしたら、この名前の駅が本当に存在していて、サイト名と一緒なのでそこでロケをしたと言う可能性もありますよね。

そこで、全国の駅名を調べてみたのですが、「武込駅」という名前の実在する駅は存在しませんでした。

そして、さらに調査をすすめる過程で驚きの事実が判明しました!

以下のメイキング映像をご覧下さい。

なんと、実際にあの場所に行ってロケをしたのではなくて、合成しているんですね。

栗山千明さんは、グリーンの背景のスタジオでCM収録をした模様です。

そして、なんとCMの背景はCGで作成されているのです。

いまの技術って凄いですね~

栗山さん以外はCGで作成だとは、本当にびっくりしました^^;

スポンサーリンク

CGで作成された駅のモデルは?

栗山さん以外の映像はCGで作成された物のようです。

しかしながら、完全オリジナルではなく、CGを作成するにあたり参考にしたモデルとした駅は実在するかもしれません。

調べてみたところ、ネット上では、

『上総中野駅』(かずさなかのえき)ではないかという意見が見られました。

この駅は、千葉県夷隅郡大多喜町堀切に存在する小湊鉄道・いすみ鉄道の駅です。

この情報を得て、実際に駅の画像を確認してみました。

出典:http://www.isumirail.co.jp/ensen/stations/kazusanakano/

上記画像は、いすみ鉄道株式会社のホームページから引用させていただきました。

この画像を見るとこれは確かにCMにでてきた『武込駅』とそっくりですね。

かなり似ているように思います。

もちろん、全国には様々な駅があるでしょうし、建造された時期が同じような時期なら似たような駅は他にもあるかもしれません。

しかしながら、これだけ似ていると『上総中野駅』がモデルになった可能性もあるかもしれないと思いました。

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。