未分類

皆既月食の時間と方角・方位は?兵庫県・神戸市の場合【2018年1月31日】


どうも、颯介です。

今回も、日常の出来事などの中で、気になったことについて、独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います!

それでは、さっそく参りましょう!

さて、本日2018年1月31日(水)は、夜に皆既月食が見られます。

しかも、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」という265年に1度とも言われる特別な皆既月食です。

通常の満月よりも大きく見えることを「スーパームーン」といい、月の2回目の満月がブルームーンと言います。

そして、皆既月食の影響で月が赤く見えることを「ブラッドムーン」といいます。

この

・スーパームーン(月が大きく見える)

・ブルームーン(月に2回目の満月)

・ブラッドムーン(月が赤く見える)

が3つ同時に起こるのが、今回の「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」です。

ただでさえ、皆既月食自体があまりありませんし、265年に1度ともいわれる珍しい天体現象なので、ぜひとも今夜は家族で一緒に観察してみたいと思います。

そこで、今回は、私の住む兵庫県神戸市で、今夜皆既月食が観測できる時間帯はいつなのかについて調べて見ました。

スポンサーリンク

皆既月食の兵庫県・神戸市での時間と方角は?【2018年1月31日】

月食が観測できる時間帯

国立天文台により、公開されている皆既月食の時間帯を以下に引用します。

部分食の始め 1月31日20時48.1分
皆既食の始め 21時51.4分
食の最大(食分注) 22時29.8分(1.321)
皆既食の終わり 23時08.3分
部分食の終わり 2月1日0時11.5分

今夜

20時48分にかけ始め、
21時51分~23時8分まで皆既月食で
23時9分~0時11分までは、部分月食が観測できるようです。

部分食も含めると、合計3時間23分間観測できるんですね!

日本の中でもいろいろな地域があるので、地域差があるのではないかと思って、今回、兵庫県・神戸市で皆既月食が観測できる時間を調べてみようと思ったのですが、月食は性質上地域差がないそうです。

つまり、兵庫県・神戸市では、既にご説明した国立天文台により公表されている時間通りに観測できるということです。

以下の引用が参考になります。

Q. 岡山とその他の地域では見え方が違いますか?
A.月食は特性上,始まりや終わりなどの食の進行に関する時間要素はすべての地域で同じとなります。一方,日の入や月の出の時刻は地域によって変わります。とくに西の地域ほど,欠け始めの頃の月の高度が低い傾向にあります。

出典:https://www2.city.kurashiki.okayama.jp/lifepark/ksc/tokusyu/le2018_01/le5.html

月食は、地域によって観測できる時間に差がないんですね!

月食が観測できる方角

今回の月食は、南東の方角で観測できます。

時間帯と同様、地域差は考慮する必要はないと思われます。

方角を確認できるスマホアプリ

皆既月食を観察するために、もしかしたら、出先などで、方角を確認されたいことがあるかもしれません。

そこで、方角を確認できるスマホアプリをご紹介しておきたいと思います。

Android用 Smart Compas

iphone用 Cmmander Compass Lite

スポンサーリンク

2018年1月31日の皆既月食の一部始終をyoutube動画で見る方法

以下にyoutube動画で見る方法を記載しています。
これで、事情があって見れなかった人も、ばっちり皆既月食を楽しむことができます^^

皆既月食見逃した人必見!今から見れるyoutube動画を配信!【2018年1月31日】

スポンサーリンク

まとめ

2018年1月31日は250年に一度とも言われる珍しい種類の皆既月食です。
観測できる時間に地域差はありませんので、20時48分から0時11分までの間、南東の空を見上げて、この珍しい天体現象を楽しみましょう!

ちなみに、次の皆既月食は半年後の2018年7月28日です。
ただし、一部の地域でしか見れなかったり、ちょっと今回よりは条件が悪いようです。

詳しくは、以下の記事に書きましたので、よろしければご覧になってみて下さいね^^

次の皆既月食はいつ?2018年にもう1回ある!

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。