音楽

アヴィーチー(Avicii)死因は何?死亡の原因と名前の由来や代表曲『Wake Me Up』も紹介!


どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取りあげるのは、元人気DJのAvicii(アヴィーチー)さんが死亡された件についてです。

アヴィーチーさんは、スウェーデン出身のDJでEDMという音楽ジャンルで絶大な人気を誇っていました。

そのアヴィーチーさんが、訪問先のオマーンで28歳の若さで亡くなられたと言うことで、多くの音楽ファンに衝撃が走っています。

日本を含む一部の国では、今回のアヴィーチーさんの訃報を受けて、Twitterが一時つながりにくい状況になったとか。

アヴィーチーさんやその音楽がいかに多くの人に影響を与えてきたか、人気ぶりが分かりますね。

しかしながら、今回の報道では、アヴィーチーさんの詳しい死因などは明かされていませんでした。

そこで、今回は、アヴィーチーさんの死因について考察して行きたいと思います。

また、アヴィーチー(Avicii)の名前の由来や代表曲『Wake Me Up』についても紹介していきます。

スポンサーリンク

Avicii(アヴィーチー)が死去

Aviciiさんがなくなれた状況等について、ニュースサイトからの引用をご紹介します。

【AFP=時事】(更新)世界的なエレクトロニック音楽ブームをけん引したスウェーデン人DJのアヴィーチー(Avicii)さんが20日、オマーンで急死した。28歳だった。代理人が明らかにした。

(中略)

代理人の声明によれば、アヴィーチーさんは訪問先のオマーンの首都マスカットで遺体で発見された。死因は明らかにされていない。

(中略)

アヴィーチーさんは近年、酒の飲み過ぎが一因の膵(すい)炎など、健康上の問題を抱えていることを公言。2016年には、現実離れしたエレクトロニック音楽界での生活から離れたいとして、26歳でツアー活動引退を発表し、ファンを驚かせていた。【翻訳編集】 AFPBB News

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00000000-jij_afp-ent

声明には次のように綴られている。「深い悲しみと共にアヴィーチーとして知られるティム・バークリングが亡くなったことをお伝えします。彼はオマーンのマスカットで現地時間4月20日に亡くなっているところを発見されました。遺族は打ちひしがれており、この困難な時にすべての人にプライバシーに御配慮いただくよう求めています。更なる声明の発表はありません

出典:https://nme-jp.com/news/53554/

以上のように、アヴィーチーさんは、訪問先のオマーンで死亡されました。

死因は明らかにされていないということです。

なぜオマーンにいたのでしょうね。

観光でしょうか、それとも仕事でしょうか。

病気も患っていらっしゃったとのことで、療養の可能性もあるかもしれません。

スポンサーリンク

Avicii(アヴィーチー)の死因はなぜ伏せられている?その理由

上記引用記事でご紹介したとおり、今回のアヴィーチーさんの死亡を伝える報道では、アヴィーチーさんの死因は明かされていません。

膨大な量の飲酒から膵炎を患っていらっしゃったということから、膵炎をはじめとする病気のためになくなられた可能性もあります。

ただ、気になるのが、あえて死因を伏せた形で報道されていて、

『更なる声明の発表はありません』

とまで言っていることです。

前後の文脈から、

・死因を発表しないこと
・さらなる声明の発表はないこと

などは、ご遺族の意向なのではないかと想像します。

ご遺族などアヴィーチーさんサイドが、死因などを明かされたくないのは、本人のブランドイメージを傷つけないように、あえて詳細を伏せているというようなこともあるのではないかと個人的には思いました。

スポンサーリンク

Avicii(アヴィーチー)の死因は何?報道から死亡原因を考察

ただ、ご遺族がこれらを公表したくないと言うからには、病気とはまた別の理由が、アヴィーチーさんの死因にはあるのかもしれません。

しかしながら、オマーンを訪問していたというのも気になります。

病気で亡くなったのなら、どこか先進国の病院などにいらっしゃいそうな気もします。

もちろん、たとえ病気での死亡であったとしても、病院で過ごすのではなく、

『最後まで自由に勝手気ままに旅をして過ごしたい』

みたいな本人の想いがあれば別かもしれませんが。。。

オマーンを訪問していたのも、病気療養のためだったり、ただの観光だったという可能性もあり得るかもしれません。

たとえば、

・自殺
・事故

などといったことが本当の死因という可能性もあるのかもしれません。

オマーンを訪問していた理由などが伝えられていないことから、もしかしたら、オマーンという地を訪問していた理由とも関連している可能性も考えられます。

ただ、普通に考えると、患っていらっしゃったすい炎などの病気が原因なのではないかと思います。

スポンサーリンク

Aviciiの名前の由来は何?

ここで、少しAviciiさんご自身のことについて紹介します。

Aviciiさんは、元々「MySpace」というSONSで自分の楽曲を発表していました。

Aviciiは芸名なのですが、そのSNSでは、本名の「Tim Berg」という名前を使っている人がいたのですね。

そのため、本名と異なる名前を付ける必要に迫られ、『阿鼻叫喚』という言葉の語源にもなっている『阿鼻地獄(Avici)』という名前にしようとしたところ、この名前もすでにSNS上で使われていました。

それで、『Avici』にさらに『i』を1つ足して、『Avicii』という芸名が誕生したそうです。

仏教の最悪の地獄の名前を、音楽活動をする際の自分の名前にしようという発送自体が、なかなかぶっ飛んでいますね。

常人の理解の範疇を超えるような発想ができる彼だからこそ、アーティストとして大きな成功を手にされたのでしょう。

スポンサーリンク

Avicii(アヴィーチー)の代表曲『Wake Me Up』について

冒頭でお伝えしましたが、今回のアヴィーチーさんの訃報をうけて、Twitterでは一部の国でつながりにくい状況が一時生じたと言います。

それほど、世界中で多くの人に影響を与えてきたアヴィーチーさんの代表曲をご紹介したいと思います。

Wake Me Up

Aviciiさんの公式youtubeチャンネルから、MVを引用します。

この曲は、2013年にaviciiさんがリリースした曲で、数多くの賞を受賞しました。

私がいま見ている時点で、このyoutube動画の再生回数は、『1,478,167,133回』となっています。

「じゅうよんおく!!!」

なんと14億回以上も再生されています。

個人的に、youtube動画でこれだけ多く再生されている動画を初めて見ました。

その人気ぶりがこの数字だけ見てもよく分かります。

それにしても凄まじいですね。

アヴィーチーさんがお亡くなりになったことはとても残念ですが、彼の残した音楽はこれからも世界中で愛され続けるでしょう。

このような素晴らしい楽曲を世に残されたアヴィーチーさんのご迷惑をお祈りします。

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。