未分類

渋谷すばる会見での錦戸亮の問題発言内容とは?なぜ、何が問題なのか理由を考察


どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで気になったことについて、独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、渋谷すばるさんの関ジャニ∞の脱退会見で錦戸亮さんが発言した内容が一部で『問題発言』だと言われているそうなんです。

渋谷すばるさんの脱退は、はじめはガセネタだと思っていましたので、本当だったと聞いたときはとてもビックリしました。

紙面上で発表していた週刊誌フライデーもよく突き止めてきたと思いました。

今回の渋谷すばるさんの関ジャニ∞脱退は、基本的にメンバー皆で何度か話し合って、しっかりと理解を得た上で渋谷さんの脱退を応援しているような印象を受けたので、錦戸さんの発言の何が問題なのか、問題なのかいまいちピンとこなかったんですね。

そこで、今回渋谷すばるさんの脱退会見での錦戸亮さんの発言について調査、考察してみました!

スポンサーリンク

渋谷すばる記者会見での錦戸亮の発言の全文

渋谷すばるさんの記者会見での錦戸亮さんの発言のどこが問題なのか考えるに当たり、まず、錦戸亮さんの発言の全文を引用してご紹介します。

せっかくの日曜日に、ありがとうございます。

初めて聞いたときは正直びっくりもしたんですけども、今こうして、僕たちがジャニーズ事務所っていう大きな事務所の中にいて、守られているというのがわかった状況で、ここを飛び出して、やっていきたいって 、決めるってことがすごい決断だったんだと思うんです。僕的には。

だからそこらへんの覚悟だったり、本当に自分がやりたいことっていうのを見つけたすばるくんの決断を僕は尊重したいですし、もちろん頑張って欲しいですし、これでよかったやろって証明してくれるような未来を作っていって欲しいですし、きれい事かもしれないですけど、僕ら自身も6人でこれからやっていって、“すばるくんどうや”っ言えるような僕らでいたいと思いますし。

なんか、頑張れだなって思いましたね。すばるくんの歌声が一生聴けなくなるわけではないので、すばるくん、6人の関ジャニ∞を応援していただけるとうれしいです。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00000315-oric-ent

スポンサーリンク

問題発言箇所は?『ジャニーズの闇』を露呈したこと?

上記の錦戸亮さんの発言のなかで、問題視されるような箇所はどこでしょうか?

私は、これを何度か全文を読んでみましたが、イマイチどこが問題なのかピンとこなかったんですね。

全体的に、ほかのメンバーもそうですが、錦戸さんのコメントも渋谷すばるさんへの愛があふれていて、渋谷さんの脱退の決断に敬意を表し、応援しているコメントのように思えました。

SNSの声などを見ていると、『ジャニーズの闇』とかなんとか書いている記述がいくつか見られました。

所属するジャニーズ事務所の好ましくない性質を露呈していると言うことでしょうか?

そう考えると、おそらく問題発言だと言われている箇所というのは、

僕たちがジャニーズ事務所っていう大きな事務所の中にいて、守られているというのがわかった状況で、ここを飛び出して、やっていきたいって 、決めるってことがすごい決断だったんだと思うんです。僕的には。

ここの部分ではないかと思います。

『ジャニーズ事務所に守ってもらっている』

という主旨の、錦戸さんの発言のこの部分が、ジャニーズ事務所の好ましくない性質を暴露したと一部に受け取られたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

錦戸さんの発言は本当に問題発言?

しかしながら、ジャニーズ事務所の闇は、SMAPの解散騒動をはじめとしてこれまですでに何度も露呈してきました。

『今更、それをいったところで別に』という感じがありますし、正直なところ、所属タレントを守ろうとすることは、力のある芸能事務所なら、当然のこととして大なり小なりある程度はやっていることなのではないかと思います。

そもそも、錦戸さんが言いたいのはそんなことじゃなくて、

『事務所を飛び出して一人でやっていくというのはとても勇気のいることで、よく決断した』

と渋谷さんの決断に敬意を表し応援しているのだと思います。

私の感覚では、錦戸さんの発言に問題箇所なんてまったくないと思います。

まあ、人によって受け取り方は様々でしょうけども、わざわざうがった見方をする人がいるものだなぁと正直思います^^;

今回もご覧頂いて、ありがとうございました。

それではまた!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。