映画

リメンバーミー(映画)は字幕と吹き替えどっちで見るのがいい?


どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで、気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそく参りましょう!

さて、今回取り上げるのは、映画『リメンバー・ミー』は、字幕版で見るのがいいのか、それとも吹き替え版で見るのがいいのかということです。

この映画は非常に評判がよくて、2018年3月16日の日本での公開以来とても人気で興行成績的にもかなり好調のようです。

そこで、今度見に行ってみようかなぁと思いつつ、字幕版がいいのか吹き替え版がいいのか悩みどころです。

『リメンバー・ミー』は、ミュージカル映画ですから、やはり音声は英語のまま、字幕版で楽しむほうがよいようにも思われます。

しかしながら、豪華な俳優陣が吹き替えに参加していたり、どのように吹き替えで表現したのかも気になるところです。

ということで、ネット上の口コミや評判の声などから、映画『リメンバー・ミー』は、字幕版で見るのがいいのか、吹き替え版で見るのがいいのか考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

字幕版、吹き替え版それぞれの口コミや評判は?

まず、ネット上の口コミから、字幕版と吹き替え版それぞれの評判や口コミはどんな感じなのか調査してみました。

映画『リメンバー・ミー』字幕版の評判・口コミ

字幕版は素晴らしかった。

ミュージカル映画なので、英語歌詞に韻が組み込まれているので、響きの美しさが感じられる。

何より口の動きがぴったりなのでいい。

歌唱が完璧で、ミゲルくんは12歳とは思えない歌いっぷりだった。

字幕は下の方ばかり見てしまうという欠点がある。

映画『リメンバー・ミー』吹き替え版の評判・口コミ

ミゲル役の石橋君の歌声やストーリー構成はよかった。ヘクター役の藤木さんの声がイケボで笑ってしまった。ヘクターの若いイメージと声の低さも合っていた。

構成(ストーリー)や声優の演技は良かったですが吹替の台詞が少し手抜きで残念。

吹替の台詞が手抜きすぎて話にならなかった。

吹き替えのミゲル役の石橋くん歌上手すぎでめっちゃ良かった!

吹き替えは個人的に、ヘクター以外完璧だったと思う。

吹き替えは画面の隅々が見れるのがいい。

両方見たけど、吹き替えの方がよかった。

吹き替え版の魅力は、何よりも、日本語なのでわかりやすいこと。

小さなお子さんや字幕を追うと話が入ってこない人におすすめ。

この作品はきらびやかな町が印象的だったので、あの圧倒的な映像を楽しめるのではと思います。

吹き替えも字幕もどちらも、それぞれに魅力がある。

主人公ミゲルの吹き替えをした石橋陽彩さんの歌声がとてつもなく素晴らしい。

スポンサーリンク

まとめ

映画『リメンバー・ミー』を見るのに、字幕版がよいのか吹き替え版がよいのかについて考察するために、それぞれの口コミや評判を調べてみました。

※おそらく日本語吹き替え版での上映の方が多いのだと思いますが、蕗買え版への評価や口コミのほうが多そうでした。

基本的には、字幕版も吹き替え版もそれぞれに魅力があるように感じました。

・韻を踏んだミュージカルならではの原語のままの歌唱を楽しみたいなら、字幕版がおすすめ

・画面下の字幕に注意をそらさずに、ストーリーや映像の美しさに集中したい人には、吹き替え版がおすすめ

という感じではないでしょうか。

もちろん、人により感じ方は色々あると思いますが、主人公ミゲルの吹き替えをした石橋陽彩さんの歌も素晴らしいそうですし、日本語吹き替え版を見て損はなさそうです。

金銭的、時間的に余裕がある人は、まず日本語吹き替え版でストーリーや映像全体を楽しんで視聴して、二回目に字幕版で原語の英語の歌唱を楽しむのがよいかもしれません。

まずは、私は日本語吹き替え版を見にいってみようと思います^^

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。