グルメ

部活バーガーは学生じゃなくても社会人でも買える?いつまで? ※部カツバーガー


どうも、颯介です!

今回も日常生活のなかで気になったことについて、独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそく参りましょう!

さて、今回取り上げるのは、モスバーガーの期間限定の特別なハンバーガー『部カツバーガー』についてです。

この『部カツバーガー』は学生限定と言うことなんですが、ほかの商品に比べると250円とお買い得感があります。

ただ、商品紹介やキャンペーンでは、『我こそは学生』と思う方が対象という記述もあり、私は30代自営業者の社会人なんですが、もしかして購入できるのかなぁと疑問に思ったんですね。

そこで、今回はこの部カツバーガーが社会人など学生じゃなくても購入できるかと言うことについて調査しました。

スポンサーリンク

部カツバーガーとは?

まず、部カツバーガーとはどんな商品でしょうか?

部カツバーガーとはどんな商品?名称の由来も

『部カツバーガー』は、ふつうにパソコンやスマホで変換すると『部活バーガー』と表示されることが多いようです。

そのため、ネット上では、『部活バーガー』というワードもよく見られましたが、ただしくは、『部カツバーガー』です。

これはどうやら、『カツ』と『部活』をかけたダジャレから来ている商品名のようです。

期間限定のこれまでに無かった固有名詞ですから、誤変換・誤字も仕方ないですね(笑)

で、この部カツバーガーはどんな商品かというと、バンズ(パン)からはみ出すくらい大きなとんかつとたっぷりなキャベツを挟んだ期間限定商品です。

スポンサーリンク

部カツバーガーはいつまで?

部カツバーガーは、期間限定商品です。

2018年3月下旬までとなっています。

ただ、30万食の個数限定でもありますので、30万食完売して売り切れてしまったら、早めに終了するかもしれません。

スポンサーリンク

部カツバーガーの対象者は誰?学生だけで社会人(会社員・主婦)はダメ?

さて、いよいよ本題です。

学生限定商品とされる部カツバーガーは、社会人など学生じゃない人でも購入することはできるのでしょうか?

ここで、モスバーガーのホームページに掲載されている部カツバーガーの商品紹介ページを紹介します。

出典:http://mos.jp/menu/detail/010477/1/

『学生限定バーガー』と謳っていますが、その一方で『我こそは学生、と思われる方は注文できます』との記載もあります。

この記述があるので、『自称学生』の社会人や主婦でもいけるのかいまいちはっきりせずやきもきとします(笑)

そこで、ネット上で調査してみました。

私が働いてる店舗では、学生以外買う事できます。店舗で違うのかわかりませんが、ネット注文で誰でも購入する事が出来ます。

出典:Yahoo!知恵袋

https://twitter.com/lucalucaluca620/status/973182996227305472?s=20

ネット上の口コミを見ると、多くの学生じゃない会社員や主婦の方が部カツバーガーを購入されているようでした。

中には、モスバーガーのスタッフの方の声もあり、基本的には学生じゃなくても購入できそうです。

スポンサーリンク

念のため、店舗に確認を!

ただし、不安材料もあります。

それは、

こちらのキャンペーンポスターに

『学生であることを、確認させていただくことがあります。』

と記載されていることです。

このときに、学生証の提示までは求められず、

『気持ちは学生です!』

とでも答えれば問題ないのかもしれませんが、多少の心配は残ります。

ただ、基本的には、用意した数量を売り切れるように、『学生』の条件は緩やかに運用すると思います。

しかしながら、売れ行きや各店舗の判断で、もしかしたら厳密に『学生じゃないといけない』とされてしまうこともあるかもしれません。

念のため、購入される予定の店舗に電話などで確認されたほうが確実かもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

モスバーガーが現在販売している、250円というリーズナブルな価格で、購入できる3月下旬までの数量限定・期間限定の『部カツバーガー』が学生じゃない一般の主婦や会社員などの社会人でも購入できるかについて調査してみました。

ネット上の口コミからは、多くの社会人が購入している様子が見て取れました。

基本的には、

『自称学生』
『むかし学生だった』
『気持ちは学生』

ということでOKで、厳密にいま学生であることは求められていないようでした。

しかしながら、この当たりの運用は、売れ行きや在庫数量や店舗の判断で異なる可能性もあります。

したがって、たぶん大丈夫だとは思いますが念のため、購入予定店舗に事前確認されたほうが確実かもしれません。

今回の部カツバーガーのキャンペーンでは、モスバーガー側が購入できる対象者の学生の要件として、あいまいな記述をしたため、混乱が生じているようでした。

こういうのははっきり記載してほしいものです。

ただ、『もしかしたら』と深読みして考えると、あえてバズらせる(SNSなどで情報を拡散させる)ため、意図的にあんな曖昧な言い方をしたのかもしれませんね(笑)

今回はご覧頂いて、ありがとうございました。

それでは、また!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。