未分類

Ember Ceramic Mug(エンバーセラミックマグ)購入は日本ではどこで?

どうも、颯介です。
今日も気になった出来事については、独自の意見で切り込んでいきますね~

今日、ネットをみていて気になったのが、「Ember Ceramic Mug」という商品。
これは、なんと日本円にして、9000円もするマグカップです。

さすがに9000円もするだけあって、ただのマグカップではありません。
専用アプリを使って、マグカップ内の液体を一定の温度に保ってくれるという代物です。

私は仕事がら、ほとんど一日中、事務所でパソコン仕事をしています。
どこのオフィスでもそうでしょうけど、パソコン仕事に、コーヒーは欠かせません。

私も、ブラックコーヒーを1日に5杯くらいは飲むので、コーヒーのおいしさにはこだわりたい派です。
コーヒーにも確かに、美味しく飲める適温ってあると思っています。
その適温っていうのが、何度かってのは具体的には把握してませんけども(笑)

※一説によると58度らしいですね。

でも、コーヒーっておいしい適切な温度って本当に短い間しかキープできませんよね。
猫舌の人は、入れたてのコーヒーは熱すぎてすぐに飲めないでしょうし、今みたいに冬の寒い日だったら熱々が飲みたいのに、すぐに冷めて冷たくなってしまうし・・・
世間的には、コーヒーが一定の温度で保てたらな~って思っている人は結構いると思うんですね。

スポンサーリンク

Ember Ceramic Mugはどこで購入できるか

そんな人にとっては、まさにうってつけの夢のような商品が、この「Ember Ceramic Mug」でしょう。
アプリを使って温度管理ってすごいことしますよね。
もちろん、これくらいのこと技術的には十分できるだろうとは思いますけど、こういうのを本当に作っちゃうのがすごいなって感じます。

私も、少し興味がわいたので、日本では、この「Ember Ceramic Mug」がどこで購入できるか調べてみました。

このセラミックマグ、ちょっと前までAmazonで欠品していたのですが、いまなら(2018年2月現在)、Amazonで購入できそうですね!

ほかの輸入扱いのショップもあるようですが、Amazonプライムにも対応しているので、注文してその日のうちか、翌日とかに届きそうですね!

私が確認したタイミングでは、20500円していますが、
流石にこれだけ値が張ると、いくらコーヒー好きでも、一般論としてもちょっと手が出しにくいんじゃないかな~

さてさて、私はこの温度調節できるマグを実際に購入するかというと・・・
多分買わないと思います(笑)

確かにコーヒーをよく飲む私にとっては、興味深い商品ですが、さすがに高過ぎなのと、ふだんから仕事がら電化製品に囲まれて暮らしているので、マグカップまで電気製品を使わなくてもいいよな(笑)ってのが正直な気持ちです。

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。