社会

ティラーソン国務長官解任の理由!トランプとの確執が原因で辞任?


どうも、颯介です!

今回も日常生活のなかの出来事のなかでで気になったことについて独自の視点でどんどん切り込んで行きたいと思います。

さて、今回気になったのは、アメリカの国務長官のティラーソン氏がトランプ大統領に国務長官を解任されたことについてです。

というのも、そのことを伝えていたニュース記事ではいまいち、なぜティラーソン氏が国務長官を解任されたのか、その理由についてあまり解説されていなかったからなんですね。

アメリカの政治について、特に今は対北朝鮮政策のこともあり気になるところです。

そこで、今回はティラーソン国務長官が解任された理由について調べて、私なりに考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

ティラーソン氏が国務長官を解任された理由

ティラーソン氏とトランプ大統領の間には、確執があったようです。
今回のティラーソン氏の国務長官解任の根底には、この2人の確執があります。

そして、それに加えて、対北朝鮮政策において重要な局面を迎えていくに当たって、政治的な考えの異なるティラーソン氏を切り捨てたということでしょう。

ティラーソン氏とトランプ大統領との確執

元々、ティラーソン氏とトランプ大統領には確執があると伝えられてきたようです。

その確執の原因は、主要な外交政策の考え方の相違にあります。

たとえば、

・対北朝鮮政策
・イラン核合意
・気候変動対策
・アラブ湾岸署国内対立

などがトランプ大統領とティラーソン氏と考えが大きく異なっているようです。

ティラーソン氏とトランプ大統領の確執の現れとして、それぞれのTwitter投稿内容などからも読み取ることができます。

たとえば、以前、トランプ大統領はティラーソン氏の対北朝鮮外交政策における努力を『時間の無駄』と評する投稿をTwitterで行いました。

また、ティラーソン氏も非公式な場でトランプ大統領のことを『間抜け』と批判していたとも言います。

北朝鮮金正恩との会談を見据えての解任

これまで、ミサイル実験を繰り返し、挑発を繰り返してきた北朝鮮の金正恩氏が、対話姿勢を見せたことには驚かされました。

今後5月までにトランプ大統領と金正恩氏が会談をする予定とのことです。

この米朝首脳会談や各国との貿易交渉を控えて、考え方の異なるティラーソン氏を切り捨て、考え方の一致するCIA長官のポンペオ氏を後任に起用したようです。

スポンサーリンク

まとめ

このたび、アメリカの国務長官ティラーソン氏が解任されました。

元々、政治的な考えがトランプ大統領と違っており、2人の間には確執があったので、辞任・解任は時間の問題とみられていたようです。

5月までに北朝鮮との首脳会談が実現する見込みとのことですが、このタイミングでティラーソン氏を解任したのは、やはりこの首脳会談をも見据えてのことだったようです。

北朝鮮は何をしでかすか分からない怖さを持っています。

北朝鮮への接し方を誤ると、核戦争や第三次世界大戦にも発展しかねない事態もあり得ると思いますので、アメリカの政治からも目が離せません。

まあ、個人的には核は振りかざすだけで実際には使わない交渉のための伝家の宝刀に過ぎないとは思ってはいますけども、万が一の可能性も考えた方がいいと思っています。

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。