未分類

まんが王国ホコリアムからの挑戦状第四弾の答え


どうも、颯介です!

今回も日常生活の出来事のなかで気になったことについて独自の視点で、どんどん切り込んで行きたいと思います。

それでは、さっそくまいりましょう!

さて、今回取り上げるのは、電子コミック配信サービス「まんが王国」のキャンペーン企画『ホコリアムからの挑戦状【第四弾】』についてです。

この問題に正解すると、100ポイントと引き換えできるクーポン券がゲットできるキャンペーンですが、絞め切りが2018年3月5日(月曜日)15時ですので、あと12時間ほどに迫っています。

で、この問題というのが、超難問ですので、頭を悩まされている人が多いんじゃないかと思って、問題の答えについて考えてみました。

スポンサーリンク

まんが王国ホコリアムからの挑戦状第四弾の問題

まず、問題を確認しておきます。
問題の内容は、

下記の暗号の下線部はあるまんがの作品名を示しています。
なんという作品でしょう?(ひらがな6文字

これは、ほんとうに相当難問ですよね(笑)

一応、手続きを踏めばヒントをもらえますが、ノーヒントで正解するのはなかなかの至難の業だと思います。

スポンサーリンク

問題の答えは『うしおととら』 解答と解説

それでは、ここからは、この問題の答えについて解説します。

正解はの作品名は『うしおととら』です。

 

ひらがな6文字という条件にも当てはまっていますね。

それでは、なぜこの答えになるのかについて解説します。

問題で並んでいる黒丸「●」は、合計12個あります。

この12個には、以下の12支が対応しています。

『子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥』

この中で答えとなるのは、2番目と3番目ですから、

『丑・寅』つまり『うしとら』が答えなのです。

うしとらというのは、私の青春時代でもある人気漫画『うしおととら』の略称です。

したがって、ひらがな6文字という条件の元では、正式名称の『うしおととら』が正解の答えです。

参考にして下さい^^

スポンサーリンク

まとめ

「うしおととら」懐かしいですね~

私が、青春時代に読んだ最も好きな漫画の1つです。

この作品を読んで、何度涙したことか分かりません^^;

ちょっと前にアニメにもなりましたね~

作者の藤田和日郎さんは、人の心を揺さぶるツボを本当に心得ている方だと思います^^

なんだか思い出したら久しぶりに読みたくなってきましたね!

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。