未分類

東国原氏の不妊治療方法とは?


どうも、颯介です!

今回も、日常の出来事や気になったニュースなどについて、私独自の視点で考察して切り込んでいきますね。

それでは、いきましょう!

さて、今回気になったのは、前宮崎県知事でタレントの東国原英夫さんが、昨年、60歳で子宝に恵まれ男の子を授かっていたというニュースでした。

奥さんは2014年に再々婚で結婚された方で、出産時の年齢は40歳だったようです。

不妊治療に取り組まれていたとのことですが、いまは本当に不妊治療の技術が進んできているので高齢出産も多いと感じています。

私の周辺の30代中盤以降の友人たちも、「子供ができないかもしれない」と言いながらも、なんだかんだで不妊治療に取り組んだ末に、子供を授かっていることが多いです。

かくいう私自身も、2人の子供がいますが、自然妊娠ではなかなか妊娠しずらく、長女は不妊治療の後に3年近くかかって授かりました。次男については、わりとすんなりいったんですけどね。

なかなか妊娠できなかったので、妻は当時、結構思い悩んで、精神的につらかったようです。

不妊治療と出産を両方やっているクリニックに不妊治療に通っていた際には、待合室で妊婦さんと一緒になったりするのが、精神的に辛かったとよく言っていました。(その後、不妊治療専門のクリニックに変更して無事授かりました!)

スポンサーリンク

東国原氏の不妊治療方法について考察

不妊に悩むカップルにとっては、高齢出産をされた東国原ご夫妻の不妊治療方法がどんなものだったのか気になるところだと思います。

私自身、3人目を考えている位ですので、非常に興味があります^^

ですので、ネットを駆使して、東国原ご夫妻がどんな不妊治療方法を受けていたのか調べてみました。。。

しかしながら、東国原さんご自身のTwitterやニュース記事くらいしか、参考にできそうなソースはヒットせず、それらの記述からは具体的な治療方法について見つけることはできませんでした。

そこで、今回は、個人的にこのような治療方法を選択されたのではないかと予想してみようと思います。

現在の奥様と結婚された時には、すでに奥様は37歳くらいで出産に関して高齢の部類に入るほうだったと思いますし、はじめから東国原さんとのお子様を望まれていたようですので、もしかしたら、かなり早期に不妊治療に取り組まれていた可能性もあると思います。

もし、そうであれば、2~3年の長期間にわたって、治療に取り組まれていたのではないかと推測します。

それだけの期間があれば、おそらく1種類だけの不妊治療方法ではなく、段階的にいろいろな方法を試された可能性があるのではないでしょうか。

そこで、一般的に考えられるのが、

・一般的に最初に用いられるタイミング法

・人の手を介して人工的に受精させる人工授精

・体外で受精させる体外受精

・体外受精よりもさらに人工的に人の手を介した顕微授精

ですが、2~3年の期間があれば、これらを段階的にすべて試されている可能性もあると思います。

そして、上記に上げた一般的な方法よりもさらに進んだ最先端の治療ももしかしたら受けていらっしゃったかもしれませんね。

そうした先端の治療を受ける場合、多額に費用がかかると思いますが、東国原さんほどの方でしたら、様々な広い人脈もお持ちでしょうし、資金的にも余裕がおありではないかと思いますので、そうした可能性もあると思います。

宮崎県知事を1期でおやめになりましたが、地場産業である宮崎牛の未来のためを思って、あえて政治的判断でそのようにされたことを最近になって知りました。

60歳で新たに誕生されたお子さんの父親となられた東国原さんは、計算してみると、お子様が成人される頃には、80歳くらいになるわけですね。

誕生されたお子さんのためにもこれからも東国原さんは、政治でもそれ以外の分野でもこれからもますます活躍されることと思います。

スポンサーリンク






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。